「コープランド・オン・ミュージック」を読む

Doubleday & Company社の「コープランド・オン・ミュージック」を、原文と日本語訳の両方を見てゆきます。

「Copland on Music を読む」最終回の3「板挟みに苦しむオーケストラの各団体」 

3. THE DILEMMA OF OUR SYMPHONY ORCHESTRA pp.267-272 Address delivered at the Providence, R.I., convention of the American Symphony Orchestra League in June 1956. 第3章 板挟みに苦しむオーケストラの各団体 1956年6月 米国オーケストラ連盟 年次…

「Copland on Music を読む」最終回の2「演奏家は新しい音楽にどう向き合うべきか」 

2. INTERPRETERS AND NEW MUSIC pp.261-265 Reprinted from the music page of the London Sunday Times, October 12, 1958. 第2章 演奏家は新しい音楽にどう向き合うべきか 1958年10月12日付 ロンドン「サンデー・タイムズ」誌 音楽欄より再掲 A VISITING C…

「Copland on Music を読む」最終回の1「自分は音楽センスのない耳なんだろうか?」 

p.254 SECTION FOUR 第4節 Occasional Pieces 特別寄稿文集 1. “ARE MY EARS ON WRONG?” A POLEMIC pp.253-260 In 1955, Henry Pleasants, music critic, published a book entitled The Agony of Modern Music, in which he attacked the writers of seriou…

コープランド「What to Listen for in Music」を読む 第0回の1 謝辞:レナード・スラットキン

Aaron Copland アーロン・コープランド著 What to Listen for in Music 音楽を聴く時は、ここに注「耳」 SIGNET CLASSICS 2011年2月版 「第0回」は、2011年2月版の本編に先立ち寄せられた 指揮者 レナード・スラットキンの謝辞 編集者 アラン・リッチの前…

「Copland on Music を読む」第12回の8「バルトークの生涯と音楽」ハルゼー・スティーヴンス著

pp.246-249 The Life and Music of Bartok (1953) バルトークの生涯と音楽(1953年) COMPOSER, CRITIC, AND HEAD of the Composition Department at the University of Southern California, Halsey Stevens has written the first full-length study of Be…

<再掲>「Copland on Musicを読む」コープランドの徒然日記(後半)

onmusic.hatenablog.jp

<再掲>「Copland on Musicを読む」コープランドの徒然日記(前半)

onmusic.hatenablog.jp

「Copland on Music を読む」第12回の7 「シェーンベルクとその楽派」ルネ・レイボヴィッツ著

2. BOOK ABOUT: 第2章 〇〇の本 pp.242-245 Schonberg and His School (1949) シェーンベルクとその楽派(1949年) RENE LEIBOWITZ, Polish-born composer living in Paris, himself a student of Schonberg and Webern, is the latest, and in some ways th…

「Copland on Music を読む」第12回の6 ヴァージル・トムソン著「音楽事情」

2. BOOK ABOUT: 第2章 〇〇の本 pp.237-241 Virgil Thomson's Musical State (1939) ヴァージル・トムソン「Musical State(音楽事情)」(1948年) VIRGIL THOMSON has written the most original book on music that America has produced. The State of M…

「Copland on Music を読む」第12回の5 ウィリアム・シューマン

pp.233-236 William Schuman (1951) ウィリアム・シューマン(1951年) A COMPOSITION LIKE the String Quartet No. 4 makes one understand why Schuman is generally ranked among the top men in American music. Even a single hearing made it evident …

「Copland on Music を読む」第12回の4 レオン・キルヒナー

pp.230-232 Leon Kirchner (1950) レオン・キルヒナー(1950年) COMPOSED IN 1947, this Duo for Violin and Piano is the first published composition of Leon Kirchner, a comparative newcomer to the American musical scene. I doubt whether a more …

「Copland on Music を読む」第12回の3 シュテファン・ヴォルペ

Stefan Wolpe (1948) シュテファン・ヴォルペ(1948年) IN THE WELTER of musical activity in America the publication of two more songs would seem to make little difference one way or another. But these songs (Two Songs for Alto and Piano from…

「Copland on Musicを読む」第12回の2 ベンジャミン・ブリテン

Benjamin Britten (1947) ベンジャミン・ブリテン(1947年) THE INTERESTING THING about Benjamin Britten's new opera, The Rape of Lucretia, is the impression one gets that it is better than his opera Peter Grimes. This is significant in view …

「Copland on Musicを読む」第12回 観閲台から見た風景 1.ダリウス・ミヨー

p.221 SECTION THREE 第3節 The Reviewing Stand 観閲台からみた風景 1. MUSIC BY: 第1章 〇〇の音楽 pp.221-225 Darius Milhaud (1947) ダリウス・ミヨー(1947年) I HAVE OFTEN WONDERED what the “big” public thinks about the music of Darius Milhaud…

「Copland on Musicを読む」第11回の2 南アメリカの作曲家達 1941年 ブラジル・チリ他

BRAZIL ブラジル The name of Heitor Villa-Lobos dominates all talk of musical composition in Brazil. Villa-Lobos is, of course, the dominating figure, not only in Brazil, but on the whole South American Continent. Still, this fact should no…

「Copland on Musicを読む」第11回の1 南アメリカの作曲家達 1941年

3. THE COMPOSERES OF SOUTH AMERICA: 1941 第3章 南アメリカの作曲家達 ONE AFTERNOON IN 1923 I was introduced to a short and dynamic individual at the Paris apartment of my composition teacher, Nadia Boulanger. Someone told me that this gentl…

「Copland on Musicを読む」第10回の5 ベルリン1932年

2. EUROPEAN FESTIVALS AND PREMIERES: A GLANCE BACKWARD 第2章 ヨーロッパ各地での音楽祭と初演公演 Berlin:1932 ベルリン:1932年 THE ONLY RIVAL New York has as the principal center of interest in world musical affairs is Berlin. The fall seaso…

「Copland on Musicを読む」第10回の4 ロンドン1931年

London: 1931 ロンドン:1931年 THE INTERNATIONAL SOCIETY FOR CONTEMPORARY MUSIC gave its ninth annual festival at Oxford and London at the end of July. This group, which began so bravely at Salzburg in 1923, has recently been left in the em…

「Copland on Musicを読む」第10回の3 パリ1928年

Paris: 1928 パリ:1928年 (ON STRAVINSKY'S “OEDIPUS REX”) (ストラヴィンスキー作曲 オペラオラトリオ「エディプス王」について) Oedipus Rex is Igor Stravinsky's most recent composition. Jean Cocteau made a new version of the Sophocles drama, …

「Copland on Musicを読む」第10回の2 バーデンバーデン1927年

ドイツ室内楽祭の1927年。毎回テーマがあるこの音楽祭は、この年「短編オペラ」の傑作が多く生まれました。「はじめから小編成の演奏集団のために創るオペラ」がお題です。「巨大オペラを小さくしたもの」ではダメというもの。ものづくりに際して大切な発想…

「Copland on Musicを読む」第10回の1 チューリッヒ1926年

20世紀初頭、ヨーロッパ各地では、国境を超えて新たな音楽を作ろうとしていました。今回から5回にわたり、ヒンデミット、ウォルトン、ウェーベルンらの、若き日の活躍を見てゆきます。 1回目は1926年の、国際現代音楽協会主催の音楽祭の模様です。 2. EUROPE…

<再掲>日本語全訳「マルサリス・オン・ミュージック」

ウィントン・マルサリスの30年近く前の著作の日本語全訳です。「音楽を若者に教える人のために」との献呈の辞にあるように、小さな子供~ハイティーンのために書かれた、音楽と音楽を通して学ぶ「人としての生き方」についての名著です。 元は私の子供たちの…

「Copland on Music を読む」第9回の3 1959年:完成と未来へ

欧州の真似でない、アメリカ独自のクラシック音楽ができるまでの30年史のまとめ未来への期待です。 1959: Postscript for the Generation of the Fifties 1959年:1950年代世代のその後 IN MY PREFATORY NOTE to the three preceding articles on American c…

「Copland on Musicを読む」第9回の2 1949年の新楽派(2)

今回は、バーンスタインとジョン・ケージについてです。 Leonard Bernstein's composing gift has been overshadowed by his brilliance as conductor and pianist. In a sense it would be strange if he could not compose, for his ability in that direc…

「Copland on Musicを読む」第9回の1 1949年アメリカの新楽派

新人とはどう扱うべきか、コープランドの金言です。7人の有望株@1949にはバーンスタインやケージの名前もあります。 1949: The New “School” of American Composers 1949年:アメリカ人作曲家の新たな「学派」 WHEN I WAS IN MY TWENTIES I had a consuming…

「Copland on Musicを読む」第8回の3 10年後の「1926年の若手達」

今回は、あのバーバーが登場します。 A larger number of names will be familiar than would have been true ten years ago. Marc Blitzstein's is probably best known. Blitzstein shows a definite “flair” for composition, although his early works w…

「Copland on Musicを読む」第8回の2 10年後の「1926年の若手達」

Four of the original seventeen composers - Hammond, Claflin, Maganini, and Steinert - have receded into comparative obscurity (1960: ”Obscurity” cannot in justice describe the busy musical lives of Steinert, Claflin, and Maganini). This …

「Coplan on Musicを読む」 第8回の1 10年後の「1926年の若手達」

1936:America's Young Men - Ten Years Later 1936年:アメリカの若き有望株 - 10年後 “ AMERICA'S YOUNG MEN OF PROMISE” was the title of an article that may be remembered as having appeared just ten years ago. Seventeen composers were boldly …

「Copland on Musicを読む」第7回の2 アメリカの若手作曲家達

アメリカのクラシック音楽の歩みを知る貴重な資料でもあります。 Henry Cowell has hardly suffered from lack of publicity. He has presented programs of his music from coast to coast and throughout the Continent, even in districts as remote as P…

ウィントン・マルサリス「マルサリス・オン・ミュージック」日本語全訳

For all those who continue the struggle to educate youngsters in music. 音楽で若い人達を育むことに、日々奮闘し続ける全ての人のために MARSALIS ON MUSIC W.W.Norton & Company 第1章 思わず足踏みをするのはなぜだろう:リズムについて(19ページ) …