英日対訳ミュージシャンの本

ミュージシャンの書いた本を英日対訳で見てゆきます。

英日対訳:The Northern Fiddler北の大地のフィドラー達('79/'85)第10回 2部(2/7)ドハティ家の家系図

THE NORTHERN FIDDLER 

 

OAK PUBLICATIONS 

London / New York / Sydney / Cologne 

 

https://dev.session.nz/wp-content/uploads/tunebooks/The_Northern_Fiddler.pdf 

本拙訳の原書はこちらからどうぞ 

 

 

 

ON THE ROAD 

 

Taped talk with John Doherty 

 

-2- 

後半 

 

p36 

 

MUSICAL GENEALOGY OF THE DOHERTY FAMILY 

ドハティ家家系図 

 

MUSICAL ASSOCIATES 

音楽関係者 

 

Fiddler Doyle b. 1815? F. 

Anthony Helferty b. 1820? F. 

Paddy MacSweeney b. 1823?  

Turlough MacSweeney H.P. (Highland Bagpipes) and U.P. (Uillean Pipes) 

John Quigley b. 1830? F. 

Paddy Ban Quigley U.P. 

John Mosey McGinley b. 1840? F. 

フィドラー・ドイル(1815頃生):フィドル奏者 

アンソニー・ヘルファティ(1820年頃生):フィドル奏者 

パディ・マクスウィーニー(1823年頃生) 

トゥーロッッホ・マクスウィーニー:ハイランドバグパイプ、イリアンバグパイプ奏者 

ジョン・クイグリー(1830年頃生):フィドル奏者 

バディ・バン・クリグリー:イリアンバグパイプ奏者 

ジョン・モーゼイ・マギンリー(1840年頃生):フィドル奏者 

 

 

p.37 

 

HUGH DOHERTY  

b. 1790? d. ? 

Great-grandfather of John Doherty, a native of Dungloe, he played the fiddle, uillean pipes and Highland bagpipes. He was probably among the first generation of uillean pipers in Ireland. (The uillean pipes were supposed to have developed into a recognisable form in the mid and late eighteenth century. 

ヒュー・ドハティ 

1790年頃生 没年不詳 

ジョン・ドハティさんの曽祖父。ダングロー生まれ。フィドル、イリアンバグパイプ、ハイランドバグパイプを演奏。アイルランドで最初にイリアンバグパイプやハイランドバグパイプを演奏した世代と考えられます(イリアンバグパイプは、発展を重ねた結果、18世紀半ばから終盤にかけて、世に知られるようになりました)。 

 

NANNIE RUA MacSWEENEY  

b. 1800? d. ? 

The 'red-headed' wife of Hugh and a lineal descendant of the MacSweeney chieftains of Doe Castle. A native of the Dungloe area, she was a renowned singer and the source of many tunes found in the Doherty family repertoire, the most famous being 'MacSweeney's Lament.' As well has having two sons, Hugh and Michael, who were musicians, she was also the aunt of Turlough MacSweeney, renowned traveling uillean and Highland piper. The fiddling of Turlough MacSweeney's younger brother Paddy was a strong influence on John Doherty's playing. 

ナニー・ルア・マクスウィーニー 

1800年頃生 没年不詳 

ヒュー・ドハティの「赤毛の」妻。ドゥ城を居城としたマクスウィーニー一族の直系子孫。ダングロー生まれ。歌手として名を馳せ、ドハティ家に伝わる曲の多くは彼女がもたらしたものです。代表曲は「マクスウィーニーの嘆き」。2人の息子達、ヒューとマイケルは共にミュージシャン。各地方地域を回っていた、イリアンバグパイプとハイランドバグパイプの奏者として名を馳せた、トゥーロッッホ・マクスウィーニーの叔母。トゥーロッッホ・マクスウィーニーの弟パディの、フィドル奏法は、ジョン・ドハティさんの演奏に大きな影響を与えました。 

 

@@ 

<上記夫妻の子供達> 

 

SIMON DOHERTY (♪) 

b. 1824 d. 1899 

Son of Hugh and a native of the Dungloe/Lettermacaward region, he played fiddle, uillean pipes and Highland pipes. He married Mary Gallagher of Cloghaneely. They had seven children, Simon, Hugh, Charlie, Michael, Bridget, Fanny and Hannah. 

サイモン・ドハティ(♪) 

1824~1899 

ヒューの息子、ダングロー/レターマカリード出身。フィドル、イリアンバグパイプ、ハイランドバグパイプを演奏メアリー・ギャラガー(クラハニーリー出身)と結婚し、サイモン、ヒュー、チャーリー、マイケル、ブリジット、ファニー、ハンナら7人の子供をもうけました。 

 

MICHAEL DOHERTY 

b. 1820? d. ? 

Simon's elder brother, based in Ramelton, he was a bachelor who played the fiddle and Highland pipes. 

マイケル・ドハティ 

1820年頃生 没年不詳 

サイモンの兄、ラメルトンに定住、生涯独身、フィドルとハイランドバグパイプを演奏。 

 

********** 

 

SIMON DOHERTY (♪) 

b. 1824 d. 1899 

MARY (GALLAGHER)  

b. 1825 d. 1899 

サイモン・ドハティ(♪) 

1824~1899年 

メアリー・ギャラガ 

1825~1899 

 

@@ 

<上記夫妻の子供達> 

 

MICHAEL DOHERTY (♪♪) 

b. 1850 d. 1934 

Son of Simon and a native of Lettermacaward, who played the fiddle and the Highland pipes. He married Mary MacConnell of Ardara and they had nine children. 

マイケル・ドハティ(♪♪) 

1850~1934 

サイモンの息子、レターマカリード出身、フィドルとハイランドバグパイプを演奏。メアリー・マコーネル(アーダーラ出身)と結婚、9人の子供をもうけました。 

 

FANNY DOHERTY 

b. 1863 d. 1918 

Sister of Michael Doherty who married Mickey McConnell. 

ファニー・ドハティ 

1863~1918 

マイケル・ドハティの妹、ミッキー・マコーネルと結婚。 

 

HANNAH DOHERTY (♪♪♪) 

b. 1852 d. 1905 

Michael Doherty's sister, who married Donald Gallagher of Glenfin. They had two sons, Hugh and Michael, both of whom earned their livings as traveling Highland pipers. 

ハンナ・ドハティ(♪♪♪) 

1852🈳~1905 

マイケル・ドハティの妹、ドナルド・ギャラガー(グレンフィン出身)と結婚。2人の息子達、ヒューとマイケルは共に、地方地域を回っていたハイランドバグパイプ奏者として、生計を立てられるほどでした。 

 

********** 

 

DONALD GALLAGHER 

b. 1839 d. 1887  

HANNAH (DOHERTY (♪♪♪)  

b. 1852 d. 1905 

ドナルド・ギャラガ 

1839~1887 

ハンナ・ドハティ(♪♪♪) 

1852~1905 

 

@@ 

上記夫妻の子供達 

 

HUGHIE GALLAGHER 

b. 1879 d. 1958 

A player of the Highland pipes based in Ballybofey and Ardara, he married Bridget McConnell, the sister of Mary McConnell. 

ヒューイー・ギャラガ 

1879~1958 

ハイランドバグパイプ奏者としてバリーボフェイとアーダーラを拠点に活動。ブリジット・マコーネル(メアリー・マコーネルの妹)と結婚。 

 

MICKEY GALLAGHER 

b. 1879 d. 1958 

A younger brother of Hughie, who was a traveling piper. He played a regular circuit througout South-west Donegal and was a strong influence on the music of that region. He is the source for many of the piping tunes played by the fiddlers of that region. 

ミッキー・ギャラガ 

1879~1958 

ヒューイーの弟、地方地域を回っていたバグパイプ奏者。ドニゴール県南西部全体を定期的に巡回して演奏活動を行い、当地の音楽に大きな影響を与えました。当地フィドル奏者達が演奏する、バグパイプのための曲を、数多くもたらしています。 

 

********** 

 

PATRICK McCONNELL 

b. 1828 d. 1903 

MARY (CAMPBELL) 

b. 1828 d. 1909 

パトリック・マコーネル 

1828~1903 

メアリー・キャンプベル 

1828~1909 

 

@@ 

<上記夫妻の子供達> 

 

MARY McCONNELL (♪♪♪♪) 

b. 1859 d. ? 

Daughter of Patrick McConnell and Mary Campbell of Frossers who was known as a singer and lilter of dances. Mary McConnell was also the niece of John Quigly, a noted fiddler from Dunkineely. (The McConnells, though based in Ardara at the time of Mary McConnell's marriage to Michael Doherty, were supposed to have originated either in the South-east part of Donegal, or in Fermanagh or Sligo.) 

メアリー・マコーネル 

1859年頃生 没年不詳 

パトリック・マコーネルとメアリー・キャンプベルの娘で、著名な、歌手、そして軽快なリズムによるダンスの踊り手。ダンキンイーリーの名フィドル奏者ジョン・クイグリーの姪。メアリー・マコーネルがマイケル・ドハティと結婚した当時、マコーネル家はアーダーラに拠点をおいていましたが、元々はドニゴール県南東部か、ファーマナもしくはスリゴの出と考えられています)。 

 

MICKEY McCONNELL 

b. 1863 d. 1918 

ALEC McCONNELL 

b. 1871 d. 1933 

Both Mickey and Alec McConnell played the fiddle, and one of them may have played the uillean pipes as well. Uncles of John Doherty, they exerted a strong influence on his fiddling. In general they were important contributors to the fiddling tradition of South-west Donegal. They travelled a regular circuit in that region, playing for dances and selling tinware, ranging from household goods to tin fiddles. They also made bagpipes out of bootree (elder tree). Simon Doherty credits them with the invention of the tin fiddle. They possessed a large and varied repertoire of fiddle tunes originating from outside the county but which eventually became integrated with the indigenous repertoire. They exerted a particularly strong influence on the Teelin fiddlers. 

ミッキー・マコーネル 

1863~1918 

アレク・マコーネル 

1871~1933 

共にフィドル奏者であり、いずれか1人がイリアンバグパイプ奏者と推定されます。2人共、ジョン・ドハティさんの叔父で、彼のフィドル奏法に大きな影響を与えました。ドニゴール県南西部に伝わる、フィドル奏法の伝統に、重要な貢献を2人共果たしています。当地を定期的に巡回して、ダンスの伴奏をしたり、ブリキ製品(生活用品からティンフィドル(ブリキ製の代用フィドル)まで)を製作販売したりしました。また、古材からバグパイプを制作したりもしました。ティンフィドルはサイモン・ドハティのお墨付き。ドニゴール県外由来の、膨大かつ多岐にわたるフィドルの曲をレパートリーとし、いずれも県内のレパートリーとして取り込んでゆきました。2人共、特にティーリンのフィドル奏者達に、大きな影響を与えました。 

 

********** 

 

MICHAEL DOHERTY (♪♪) 

b. 1850 d. 1934 

MARY (McCONNELL (♪♪♪♪) 

b. 1859 d. ? 

マイケル・ドハティ(♪♪) 

1850~1934 

メアリー・マコーネル 

1859年生 没年不詳 

 

@@ 

<上記夫妻の子供達> 

 

JOHN DOHERTY 

(interviewed on p33) 

ジョン・ドハティさん 

(本章インタビューイー 

 

FANNY DOHERTY 

b. 1877 d. 1952 

The daughter of Michael and Mary Doherty, she was known as a singer and married Edward O'Rourke, a whistle player who came from a family of traveling musicians. 

ファニー・ドハティ 

1877~1952 

夫妻の娘。歌手。地方地域を回っていたミュージシャン一家のティンホイッスル奏者エドワード・オルークと結婚。 

 

CHARLIE DOHERTY 

b. 1880 d. 1931 

John's eldest brother. He played the fiddle and spent some time in the United States, from whence he brought back the musical version of 'Rakish Paddy' that John plays. 

チャーリー・ドハティ 

1880~1931 

ジョンの長男。フィドル奏者でアメリカへ渡った後、ジョンの演奏する「ラキッシュ・パディ」のミュージカル版を、アメリカからもたらしました。 

 

SIMON DOHERTY 

b. 1883 d. 1961 

He played the fiddle, and died in a tragic fire near Glenfin. John Doherty and Simon were known for their highly polished duet playing. John associates the air 'The Dying Hussar' with Simon's playing. 

サイモン・ドハティ 

1883~1961 

フィドル奏者。グレンフィン近郊の甚大な火災で死亡。ジョン・ドハティさんとサイモン・ドハティさんは、2人でのデュエットでの演奏が、大変洗練されたものとして有名。「瀕死の軽騎兵」では、ジョンさんがサイモンさんの伴奏を務めます。 

 

MICKEY DOHERTY 

b. 1891 d. 1967 

As renowned a fiddler and story teller as John, he and John were also noted for their synchronised fiddling duets. In his later years Mickey was an important informant for the many collectors who came to the county, among them Seamus Ennis, Peter Kennedy and Alan Lomax. 

ミッキー・ドハティ 

1891~1967 

ジョンさん同様にフィドル奏者、更にはストーリーテラー語り部)としても有名。ジョンさんとの息のあったフィドルのデュエットも有名。ミッキーは晩年ドニゴール県を訪れた民謡収集者達(シーマス・エニス、ピーター・ケネディ、アラン・ロマックス等)にとって、重要な情報提供者としての役割を果たしました。 

 

HUGH DOHERTY 

b. 1894 d. 1942 

Fiddler and saddle and harness maker. Though he never travelled as a musician or craftman, his house near Ballybofey was a gathering place for musicians and craftmen who did. He was the father of Simon, b. 1916, and Michael Doherty, both of whom played the fiddle. Until recet times, Simon was a practising smith, but he closed down his forge due to ill health. He still makes the occasional tin fiddle for his own pleasure. Michael emigrated to Australia. 

ヒュー・ドハティ 

1894~1942 

フィドル奏者、鞍職人。自らは地方地域を回らず、バリーボフェイ近郊の自宅は、地方地域を回るミュージシャンや職人達の溜まり場でした。サイモン(1916年生)の父であり、サイモンはマイケル・ドハティとともにフィドル奏者。最近(1970年代)まで、サイモンは現役の鍛冶職人でしたが、健康上の理由により工房は閉鎖。現在は趣味でティンフィドルを制作。マイケルは後にオーストラリアへ移住。 

 

********** 

 

p38 

 

The role of traveling musicians played in relation to local musical tradition was both conservative and innovative. They were responsible for introducing new fiddling techniques and tunes into the various localities of rural Donegal, and it is quite possible that it was the traveling musicians who popularised the violin when it was first adapted to traditional music. They must certainly introduced the tin fiddle as an economical alternative to the standard violin, thereby increasing the circulation of available instruments in a region where aspiring fiddlers were often hard put to locate an instrument to learn on. The traveling families, who were often looked upon as a separate community by the sedentary farmers, played an important part in preserving regional musical traditions despite successive years of geographical isolation, emigration and cultural suppression. John Doherty perceives his music as a familial legacy that is tied to the cultural continuity of rural Donegal. This attitude impregnates his involvement in the music with an historical awareness. His approach to the music is tempered by the fact that he is a nomadic outsider in a sedentary society; that he is not wholly part of the society whose oral culture he has maintained and preserved. Thus John Doherty possesses an over-view of Donegal folk culture that is unique in its depth. He is the 'stranger' who preserves that which the culture has lost. He sees his own life as part of this mythos and has transformed his knowledge, experience and skills into a highly personalised art form of music and story-telling in order to express this mythos. Whenever he picks up his fiddle or begins a story he is conscious that he is involved in a ritual that the Dohertys have enacted for almost two centuries. This ritual is the sieve through which he sees himself, it is the central act that has directed the course of his life. When he performs the effect is magical. Doherty possesses entire cycles of stories and tunes that he is able to weave together into a tapestry of Donegal life as it existed a century ago. The tunes can range from the quick reel to the stately lament and the stories from the dry humor of the rural anecdote to eerie encounters with the supernatural. It is a performance free of any taint of professionalism and artificiality, as it has been developed over the years in the intimate environment of the farmhouse kitchen. John Doherty is possessed by the archetypal role of the eternal visitor - the stranger who possesses a fund of story and music which transforms his hosts' kitchen for a short time into a magical space, and when he departs leaves enjoyment and awareness behind him.  

地方地域に伝わる音楽の伝統に対し、そこを巡るミュージシャン達が果たす役割とは、故きを温める側面と、革新を良しとする側面と、両方を持ち合わせています。彼らの責務において、新しいフィドル奏法や楽曲が、ドニゴール県の地方地域が持つ様々な色の中へと、もたらされました。そして、地方地域に伝わる音楽の伝統に、バイオリンが加わった際、これが人々の人気を博すようもっていったのは、彼の地を回ったミュージシャン達である可能性が、大いに高いのです。彼らは間違いなく、普通のバイオリンの代わりにティンフィドルをもたらしたのであり、そうすることで、熱意があるにも関わらず、楽器が手に入らないことが多いという、熱意あふれるフィドル奏者達のいる地域において、無理なく手に入る楽器が行き届くことが、増えてゆきました。地方地域を回るミュージシャン達の一族は、そこに住まう農民達にとっては、別の人間集団として尊敬されることがしばしばありました。農民達の住むところは、地理的に隔離され、住む人々が去ってゆき、文化面での抑圧を受ることが、何年も続いていました。にも関わらず彼の地に伝わる音楽の伝統の数々が、生きながらえたのは、このミュージシャン達一族が、重要な役割を果たしたからなのです。ジョン・ドハティさんは自身の音楽を、ドニゴール県の地方地域に脈々と息づく文化と、しっかりと結びついてる、ドハティ家のレガシーであると考えています。この心持ちがあればこそ、自身の音楽活動への取り組みは、歴史的な側面を意識した上で、益々膨らんでゆくのです。彼の音楽へのアプローチは、自分は放浪者であるよそ者であり、活動する地は人々が定住を常とするところである、この現実により、冷静さを保っているのです。だからこそ、ジョン・ドハティさんがドニゴール県の人々が持つ文化に対して、独自の俯瞰の仕方を、その深いところで行っているというわけです。彼は「よそ者」として、地方地域の文化が失ってしまっているものを、保っているのです。「失ってしまっている」ものとは、地方地域特有の価値観であり、彼が生きてゆくということは、その一部分となるというのが、彼の考え方です。その価値観を音にして表現するには、彼は自身の知識、経験、スキルを、音楽にしろ、ストーリーテラー語り部)にしろ、これを高いレベルで、その地のものへと变化させてきているのです。フィドルを手にする時にしろ、物語を始める時にしろ、彼がいつも意識しているのは、ドハティ家が200年間にも亘って行ってきた、儀式に関わっているのだ、ということです。この「儀式」を、調理器具の裏ごし器のようにして、彼は自分自身の姿を見つめます。彼が生きてゆく方向を決めることが、中心に在るものです。彼が音楽を奏でたり、ストーリーテリングをする時、その効果は、現実の物理的なものではなく、内面の超常的なものなのです。100年前に息づいていたドニゴール県での人々の暮らしという、一枚のタペストリーへと、彼が編み上げてゆける、その素材となるものは、彼の持つ、一連の物語や楽曲全体なのです。楽曲の方は、テンポの早いリールから落ち着いた雰囲気の哀歌まで、物語の方は、地方地域に伝わる逸話の持つ、閉栓と皮肉を込めて言うユーモアから、超自然現象との不気味な遭遇まで、様々です。演奏も語りも、「これは仕事だ」とか「これは芸術だ」という意識はカケラもありません。農家の、飲食やその支度をする場所の、人々がふれあいを感じる雰囲気の中で、長年育まれてきているものだからです。ジョン・ドハティさんは、生涯「訪問者」としてのきちんとした役割に、身も心も捧げています。「訪問者」とは、よそ者であり、物語や音楽のネタ元として、訪問先の飲食やその支度をする場所を、しばし「魔法の空間」へと変えて、彼が去った後、そこには「楽しめた」という気持ちと、「魔法から覚めた」という意識が、人々の間には残るのです。 

  

(photograph on p39: John Doherty at his kitchen stove) 

(39ページ写真:自宅のコンロ脇で一服するジョン・ドハティさん) 

 

https://www.youtube.com/watch?v=DL_9r0kSGYA 

John Doherty plays Drowsy Maggie (reel). Brilliant!