英日対訳ミュージシャンの本

ミュージシャンの書いた本を英日対訳で見てゆきます。

英日対訳:The Northern Fiddler北の大地のフィドラー達('79/'85)第11回 2部(3/7)サイモン・ドハティ(前半)

THE NORTHERN FIDDLER 

 

OAK PUBLICATIONS 

London / New York / Sydney / Cologne 

 

日本語訳:竹中弘幸(2024)

監修:Tamiko(2024)

 

https://dev.session.nz/wp-content/uploads/tunebooks/The_Northern_Fiddler.pdf 

本拙訳の原書はこちらからどうぞ 

 

 

ON THE ROAD 

 

p40 

 

-2- 

 

Simon Doherty plays a wild mountainy style of fiddle, typical of the Finntown and Croagh regions. He is fond of using syncopated bowing, lonesome doublestops and long drawn-out notes in his playing which is distinctly different from the fiddle style of his uncle John, who favours straighter bow rhythms and plays in a more austere, stately style. But like his uncle, Simon possesses a fund of rare Donegal tunes and can take a crystal clear tone out of a fiddle, a skill that seems to have been the hallmark of all the Doherty fiddlers. Simon Doherty was born about 1915 near the town of Bally-bofey. His father Hugh, John's older brother, was a saddler and began teaching Simon the fiddle at about the same time that Simon was absorbing the art of tinsmithing from his uncles. As an accomplished fiddler and tinsmith Simon Doherty exhibits a modest pride and a keen interest in what he is able to do with his hands. His uncle John, in his old age now prefers to think of himself solely as a fiddler, but for Simon, fiddling and smithing are extensions of each other and make up the central components of what was once the Doherty life style. It is this deep involvement in creating with his hands that Simon expresses in his conversation that is one of the keys to the mentality of this remarkable family. As a result of being free of some of the more confining aspects of an agrarian life style the Dohertys and the McConnells channelled their ingenuity, inventiveness and energy into a wide variety of activities from music-making to instrument-making as well as the production of standard, every-day house-hold items required by the farming community. They not only supplied the material needs of the farming community, but in bringing music, and inexpensively made instruments, they fulfilled the social and cultural needs of the society as well. 

サイモン・ドハティさんのインタビューです。荒削りで、かつ鄙びたフィドルの弾きっぷりは、ドニゴール県のフィンタウンやクローによく見受けられます。彼のお気に入りは、拍をずらしたボーイング(運弓)、単独で鳴らす重音、長く引き延ばす音演奏に盛り込むことです。これは前項の、叔父に当たるジョン・ドハティさんのフィドルの弾き方とは、明らかに異なるものです。ジョン・ドハティは、「ハネ感」の少ないリズムの弓の使い方をし、演奏のスタイルも、装飾音は控え目で、堂々とを信条としています。でもサイモン・ドハティは、叔父のジョンさん同様に、ドニゴール県の希少で貴重な曲の数々をレパートリーとして持ち、透明感のある音色をフィドルから生み出し、その腕前は、ドハティ家のフィドル名人達の証そのものです。サイモン・ドハティさんはバリーボフェイで1915年に生まれました。父のヒュー・ドハティさんは、ジョンさんの兄で、馬具職人でした。サイモンさんにフィドルを教え始めたのは、サイモンさんが叔父達のブリキ細工作りに夢中になっていたのと同じ時期でした。フィドルもブリキ細工も名人のサイモン・ドハティさんは、自身の両の手がこなす仕事に、控えめながらも誇りを持ち、好奇の鋭敏さを研ぎ澄まします。叔父のジョンさんは、現在(1970年代)齢を重ね、自身は一介のフィドル弾きで在りたいとのこと。これに対しサイモンさんは、フィドルとブリキ細工は、互いが互いの延長線上にあると考えています。その上で、かつてドハティ家の生活の有り様だった根っこの要素を作り上げていこうというのです。「自身の両の手がこなす仕事」で、新たにモノを生み出す、これに深くのめり込むことこそ、この誇り高き一族の精神性が持つ様々な鍵の1つであると、サイモンさんはインタビューの中で語っています。農業従事者の生活の有り様が持つ、どちらかと言えば自由を制約するような要素に、ドハティ家もマコーネル家も縛られませんでした。その結果、この2つの一族は、自分達の工夫や精巧、発明の才や心身の力を、幅広く多様な活動に注ぎ込んでゆきました。それは、農業関係者の集団が求める、必要十分なクオリティと内容にして、日々使う家事の道具作りと同様に、自分達の音楽作りや楽器作りにもです。それでも、音楽や手頃な値段で作られる楽器を届けるに当たっては、地域の人々が求める社会的な側面や文化的な必要性を、彼らはしっかりと満たすようにしていたのです。 

 

At the end of an intensive seven hour recording session, Simon Doherty put down his fiddle and began to reminisce about the life style of the Dohertys and the McConnells as it existed over sixty years ago, and as far back as one hundred and fifty years. 

7時間にも及ぶ密度の濃い収録の終わりに、サイモン・ドハティさんはフィドルを下ろすと、60年以上前、更には150年前に存在していた、ドハティ家やマコーネル家の生活の有り様について、その思い出を語ってくださいました。 

 

(Simon Doherty) 

 

I was just taught a couple of tunes by my father when I was young. From less to more, then, we used to go out to ceilidh and rake, and a bit of sport and fun, we'd play a turn about, and we'd play sets, lancers, highlands and germans. At that time I was only a boy and the fun would start around about Hallows Eve, from then on through Christmas till it was Spring day again. Playing for hobby, that was for way of doing. If it was dark we used to put a candle into a small light we made out of tin, we called lanterns, that was the light we had to take us over the top of the caim and one place or another. 

子供の頃は、父から2つ3つと曲を教わっていました。気軽なものから重要なものまで、当時はよく出かけて行っては、家を訪問して歌やダンスを楽しむ集まりや、放牧地、それと運動競技やお遊びの場で、代わる代わる演奏したものです。私達はセット、ランサーやハイランド、それにジャーマンなんかもやりました。当時私はまだ子供で、お楽しみが始まるのは万霊節の前夜、そこからクリスマス、そしてイースターがまたやってくるまで続くのです。趣味として楽しく弾く、それが演奏活動のやり方でした。暗いところで演奏する時は、ろうそくを小さな照明用の道具に据えます。私達がブリキで作ったもので、私達はランタンと呼んでいました。それは私達を、カイムの頂上やどこかへ連れて行くために、必要な光でした。

 

My father was an industrious man - he was a saddler and used to make harness. When he'd be making those harness, there'd be people there from all over the county. They'd stay there for hours, drinking a cup of tea, talking of how things were going. 

父は働き者でした。馬具を作る職人をしていたのです。県内のあらゆるところから、仕事の依頼が来て、馬具を作っていると、その受け取りに人々が集まってきていました。何時間も待っていて、お茶を飲んだり、世間の情勢について話し合ったりしていました。 

 

p43 

 

There'd be people coming and going, and in our house and the door would be lying open to one o'clock at night. My uncles were traveling around at the time, the Dohertys and the McConnells. They used to have all classes of musical instruments on them and tools for making tin. They would spend away for a full fornight before they came back to where their destination was. They might spend a week there at home and the next thing you would find some morning two donkeys and two floats and them loaded and headed away for the mountain again. And when they landed up in different townlands they would enjoy themselves. They'd all gather in when my uncles arrived and have their own conversation - who tells the best story - who could sing the best song - who could play the best reel - or where was the best river for fishing - or what kind of article they would want made. It would be all tinware that they'd be selling at that time. They'd pull out two kits of tools, if it was a nice summer time, and sit out at the gable of the house they were visiting. They could make from needle to anchor, two gallon cans, pints, bias cut dishes and strainers. Sometimes they had fishing rods too - spinners, they could taper these rods, they could make the farls themselves and they could strip them into each other. They made their own fishing flys and all. They could make a perm, a wee bit of wrought iron and a cog like a check and they could spin it and it was as good as any rod and could buy nowadays. 

我が家にはしょっちゅう人が出入りしていて、家のドアは夜中の1時までは鍵をかけずに開け放してありました。当時は、ドハティ家やマコーネル家の叔父達が、あちこちを演奏して回っていました。その際には、楽器については高価なものから手頃なものまで、それにブリキ細工用の道具一式も、持ち歩いていたのです。依頼主のところへ演奏しに行ってくるのに、丸々2週間家を空けることもありました。そこで1週間ほどゆっくりしたんだと思います。そうかと思うと、次には、ロバを2頭と荷車を2台用意して、荷物を積み込むと、またもや山の方へと向かってゆきます。叔父達は、行く先々の町の広場にたどり着くと、自分達もそこで楽しむようにしていました。一番面白い話をするのは誰か、一番いい曲を歌って奏でるのは誰か、一番いいリール(舞曲)を弾けるのは誰か、他にも、釣りに最適な川はどこか、どんな道具を作りたいと思っているか、そんな自分達のことを、皆で集まって話をしていたのです。当時叔父達は、ありとあらゆるブリキ製品を製造販売していました。道具箱を2箱取り出して、夏ならば、滞在先の家の切妻のところに腰を据えます。2ガロン(約5升)缶、ジョッキ、角張った皿や器、漉し器、何でも作ります。釣り竿を作ることもあります。リールや、竿は先細にして、餌用のパンケーキも、手で裂けるように焼いて作ります。手製の毛鉤やらなにやら、何でも作るのです。細長い鉄の棒を少し用意して、丸めたものと、マス目模様のように見える歯車の歯を用意して、これをリールにして、釣り糸を巻き取ったりするのです。とても良く出来ていて、今(1970年代)でも売り物になると思いますよ。 

 

They would go like that from one townland to another till they had their stuff sold out and when they would land back home they would have a night of jollification for themselves. They were fond of a drop of poteen, and they could make their own stills and worm twisted our of copper, twisted round and round. They could even make a worm out of tin. It was a very curious type of worm, it wasn't made like a round worm at all, it was made like an M with a thing up on the end of it called a filler and the arm of the still fitted into it. And they put that there into a barrel of water, and at the bottom of the barrel of water they left a ventilation for the pipe to get out through. The steam would come from the arm of the still through the worm and once it touch the water it turned into the best of first class poteen ...  

そんな感じで、行く先々の町の広場に行っては、物が売り切れるまで滞在し、そのあと家に戻れば、一晩お楽しみ、というわけです。叔父達は内緒で作ったウィスキーを少々嗜むのが好きでした。蒸留釜を打ち出して、蒸留用の蛇管を銅から作るのです。蛇管はブリキで作ることも出来ました。とても目を引くようなタイプの蛇管で、本来らせんの管なのですが、全然そうは見えず、M字形でした。この端を充填器と、蒸留釜の上にある冷却器につなぐ「アーム」につなぐのです。ここへ樽1杯分の水を入れて、水の樽の底に、通換気のためのパイプを取り付けます。熱せられた気体が蒸留釜の「アーム」から蛇管を通って、水に触れると、一級品の「内緒」のウィスキーとなるのです。 

 

There was a wild lot of people living that way, on the roads. You would meet people in the morning walking along, what we'd call small pedlars, with a lot of things under their arms stopping from house to house. My people were tinsmiths, they manufactured their own stuff, they could make what suited. Those small peddlars sold stuff over that they bought in the shops ... There were the McDonalds - they used to play music in the streets. Lillie McEvoy and Francie Welsh all good fiddlers. They would stand under the gas lamps and Francie Welsh he could make that fiddle fairly talk, he was what we call a piece player - he'd play airs and foreign tunes. The MacDonalds and Lillie McEvoy, they played traditional. This Lillie McEvoy, her husband used to collect for her. They all used to walk from town to town staying at lodging houses and play that town. It would cost you at that time four pence for your bed till the morning. They would play the town again in the morning and then they was away as hard as they could go ...  

そんな風に暮らしている人達が、行く先々で、それはもう沢山いました。朝は、通りを歩いている人達がいて、行商人と私達は呼んでいましたが、両手に沢山物を抱えて、家から家へと訪ねて歩いていました。私の一族はブリキ職人で、自分達でお客さん達のニーズに合うよう、製品を作っていました。そういう製品を作っている店で、通りを歩いている行商人達は品物を買い付けて、これを売り歩くのです。マクドナルドという一族が居て、彼らは通りで演奏活動をしていました。リリー・マクエヴォイやフランシー・ウェルシュは、みな良いフィドラーです。2人はガス燈の下で、男の方、フランシー・ウェルシュ、そのフィドルをかなり話すことが出来いわゆるピース奏者でした:彼はエアや外国の曲を演奏していました。マクドナルドの一族、それとリリー・マクエヴォイは、昔から伝わる曲を演奏しました。このリリー・マクエヴォイですが、ご主人が彼女のために曲を集めてくるのです。2人とも町から町を訪ねて歩いていました。行く先の下宿させてくれる家に滞在して、その町で演奏するのです。一泊4ペンスかかったかな。翌朝もその町で演奏して、その後、できるだけ遠くまで移動するのです。 

 

(Simon Doherty, Ballybofey, Co Donegal) 

サイモン・ドハティさん ドニゴール県バリーボフェイにて) 

 

 

https://www.youtube.com/watch?v=ehmG1wBFriI 

Within A Mile Of Dublin / Old Simon’s Hornpipe (Reel And Hornpipe) · John Doherty