英日対訳ミュージシャンの本

ミュージシャンの書いた本を英日対訳で見てゆきます。

英日対訳:The Northern Fiddler北の大地のフィドラー達('79/'85)第16回 3部(1/8) 「キッチン」家屋と周辺風景

THE NORTHERN FIDDLER 

 

OAK PUBLICATIONS 

London / New York / Sydney / Cologne 

 

日本語訳:竹中弘幸(2024年)

監修:Tamiko(2024年)

 

https://dev.session.nz/wp-content/uploads/tunebooks/The_Northern_Fiddler.pdf 

本拙訳の原書はこちらからどうぞ 

 

p113 

 

3部 

 

KITCHEN MUSIC 

キッチン・ミュージック 

 

-1- 

 

The dirt road takes its windy way between the steep sides of the glen, down towards the sea where the deserted village lies. Walking the five miles to the village along this road forces you to appreciate the isolation of the people who lived at the road’s end, an isolation that compelled them to leave the glen forty years ago for the relatively more accessible villages further down the coast. This road is the back way to the village; its front entrance is its harbor by the sea. It is indicative of the ruggedness and wildness of the inland terrain of South-west Donegal, that for centuries the main point of contact with the outside world for this village and other like it, was via the North Atlantic which surrounds this coastline on three sides. Most of the villages lie on a plateau bordered by dramatic sea cliffs and intersected inland by mountains, narrow glens and bogy wastelands. As a consequence, most settlements is located on the coastlines with its more fertile land and milder climate. The interior of this country is sparsely populated and good roads are a recent innovation. The landscape of the coast is surrealistically beautiful and inevitably intimidating. Viewed from the sea, the coastal villages look like scattered pebbles resting on massive geological forms. Men have lived here for centuries at a subsistence level, in cautious compromise with the physical environment. The cromlechs and portal dolmens which stand against the vacant skyline of the bog were certainly the ancient creations of a people who related to their physical surroundings with an inbred awe. 

急勾配の渓谷の谷間を、曲がりくねって、舗装の行き届いていない道が続きます。ずっと進むと、海に出ました。そこには、かつて人々が暮らしていた村の跡。行き止まりであるここまで歩くこと、5マイル。否が応でも感じてしまうのが、かつてここに暮らしていた人々の孤立感。この孤立感では、かつての人々も、渓谷から逃げ出したくなるよな、と思います。今(1970年代)から40年前のことです。逃げた先は、海岸をずっと向こうまで行った先にある、比較的交通の便の良い、他の村々でした。先程歩いた道は、村へと戻る道なのです。村の入口には、一旦身を寄せる場所があり、直ぐ側は海です。ドニゴール県南西部特有の、デコボコ、ゴツゴツとした、自然のままの内陸地形です。何百年もの間、この村も他の村々にとっても、外の世界とのつながりを持つのは、3方向を海岸線で囲む北大西洋を通ってのことなのです。多くの村々は台地の上に広がる高原にあります。台地を縁取るのは、印象的な海食崖。そしてここは、山々だの、谷底の狭い渓谷だの、沼や澤が多い未開拓の平原だの、そういったものが区切りとなっている内陸地です。そうなると自ずと、集落の多くは、比較的土地が肥沃で、気候も穏やかな海岸に出来上がるのです。この国は、海岸から離れた場所は、人口はまばらで、状態の良い道路は近年工事がなされたものです。海岸の風景は、美しいと言っても現実味のないシュールなものであり、当然、恐ろしい気持ちが芽生えてきます。海の上に出て、そこから浜辺に点在する村々を見ると、どデカい崖だの台地だの上に、小石が散らばっているようです。この地の人々は何百年もの間、最低限のレベルの暮らしを営んできています。それもこれも、崖や渓谷といった環境に、注意深く妥協した結果なのです。環状列石だの、門の形をした「ドルメン」と呼ばれる石の物体だのが、沼や沢しか無い平原が描く地平線を背景にして立っています。間違いなく、これらを作った大昔の人々は、こういった地理的環境の数々に対して、生まれたときにはもう既に、恐れの気持ちを抱いていたのです。 

 

p115 

 

The major characteristics of the peasant culture that developed here were moulded to the realities of the environment and cannot be comprehended in isolation from it. It was a society that was politically and economically decentralized. The geography of the region and the available technology permitted only small scale economic activity, and thwarted the development of any efficient network of roads or other system of communication that could have fostered economic and political centralization. What bound the people of South-west Donegal to each other, beyond the sheer necessity of survival in a sometimes brutal environment, were spiritual and cultural values. The identity of the people was based on a strong sense of kindship, religion, the Irish language, and a shared oral history and musical tradition. The art forms of this scattered society which possessed few material resources tended to be individualistic, egalitarian and community oriented. For a culture with a strong collective life, there was great room for individual expression. Story telling, riddling, singing, dancing, poetry, and instrumental dance music were all forms that demanded personal initiative and inventiveness, and at the same time called for the participation of the community. It was this dialectic of personalized art forms and collective involvement, combined with an age-old geographical isolation, that created a rich oral culture and a people who possessed a unique capacity to entertain themselves. They took a great joy out of life and translated this joy into a fertile folk culture. But even these factors could become impotent in the face of sustained economic deprivation, and as a consequence the landscape is littered with empty villages such as the one I was walking towards along the winding road. 

ここで育まれた農漁村の文化に見られる、主な特徴をいくつか挙げてみると、地理的環境がもたらす現実に即したものであり、そこから切り離してしまっては、理解できなくなるものです。ここは政策面にも経済活動の面でも、中央からは分散させられていました。この地方の地理的環境と、そこで利用できるテクノロジーのせいで、経済活動は最小限にしか行なえませんでした。そして、経済活動の面でも、政策面でも、中央との繋がりをもっと持てるようにするはずの、道路網や通信網の発展を、阻害してきたのです。ドニゴール県南西部の人々の、お互いの心と暮らしをつないだものは、時に残酷なる牙をむく地理的環境から生き延びるという、理屈抜きの必要性以上に、精神的かつ文化的な価値観の数々でした。この地の人々のアイデンティティが基礎とするのは、「皆が親類縁者同然」という強い意識、しっかりとした信仰心、アイルランド語に対する熱い思い、それから、口伝えに受け継がれる人々の暮らしの歩みや、昔から伝わる音楽を、皆で共有していたことです。彼らの芸術活動の有り様は、人々が散らばって暮らし物質的資源にも乏しいことから傾向としては各個人で取り組むものであり優劣貴賤比較することもなく自分達くらす地域社会を軸とするものです。集団生活の意識が強い暮らしの中にある文化にしては、個々人の表現の裁量が、非常に大きく認められていました。ストーリーテリング、なぞかけ、歌、踊り、詩作、それに楽器演奏による踊りの音楽は、どれも担い手自身が、しっかりと主導権を持ち、そして創造性を発揮することが求められました。それと同時に、地域社会全体でこれに参画することが求められました。この相反するような、個々人に任された芸術活動の有り様と、地域社会全体での参画という、2つの要素が、大昔から続く地理的環境がもたらす孤立感の元に結びついて、豊穣なる口承文化と、独特な自己享受を楽しむ人々を、創り出していったのです。 人々は、暮らしの中から大いなる喜びを見出し、その喜びを、豊穣な民俗文化へと変換してゆきました。しかしながら、こうした要素も、経済的困窮が続いたことにより、機能不全に陥ります。その結果、今(1970年代)私が、この曲がりくねった道を歩いた先にたどり着いたところのような、廃村の数々と共に、瓦解し散在しているのです 

 

The houses of the village are situated to the right of the road, a little above it on the slope of the hill. At a distance a stranger would be hard put to recognize them as dwelling places. They are built out of the same stones that dot the landscape and are so well sited that they seem to grow out of the land. The organic nature of the structures is further emphasized by the lack of roofs, which is the emblematic sign of emigration throughout the west of Ireland. For when the inhabitants of a village leave, the thatch roof is taken down or allowed to rot. One is instantly struck by the closeness of the four houses to each other, situated on one side of the deep burn of the glen, and one wonders why they were not sited further away from each other for the sake of privacy. Yet this proximity of house sites was the foundation of the social and cultural life of the community. This line of houses, surrounded by a patchwork pattern of walled-in fields, has been termed a clachan, and was once typical of the farming settlements of the coastal regions of Donegal. The clachan consisted of a kinship cluster of farmhouses, where the adjacent land was worked co-operatively in what is known as a rundale system, where each household owned small strips of land scattered amongst his neighbors’ holdings. Each household would have access to a balanced share of good and bad land, a distribution that would either be decided by casting lots or through yearly rotation of tillage rights. As children married and other households came into being, the land would undergo a further subdivision. In this system of landholdings, the farmland was divided into in-fields, which were cultivated annually, and out-fields, which crops were rotated, and which were periodically left fallow. Beyond this lay the commonage, usually situated on mountain slopes where cattle and sheep were grazed. Through this system of scattered landholdings was agriculturally inefficient, and made even subsistence farming a difficult task, it was the economic basis for the common social life that once existed here. Within this systen, where no man held all his land in one place, it was convenient to site houses in a central cluster. In the nineteeth century, when reforming landlords attempted to break up the rundale system in order to promote more efficient land usage, they encountered the strongest resistance to change from the farmers over the scattering of the clachans, which was to accompany the centralisation of landholdings. The farming community feared the radical alteration of their social life that the proposed separation of dwelling sites would engender. 

この村にある家屋は、いずれも道路の右側、つまり、丘の坂を少しだけ上がったところに残されています。もしこれらを、事情のわからない人が、少し離れて眺めてみたら、ここにかつて住民がいたと、認識するのは難しいかもしれません。家屋はいずれも、同じ石を使って建てられており、視界の範囲内に点在する様子は、とても良く配置されていて、まるで台地から生えてきたかのようです。簡素で自然に即した造りをしていて、それを更に強調するように、屋根がありません。アイルランド西部の、移民による廃村にありがちな様子です。なぜなら、住民達が村を離れる際に、藁葺き屋根を取り外してしまったか、もしくは瓦解するままに放置したらなのです。誰もがすぐに驚く光景を紹介しましょう。4棟の家屋がかなり近い距離で寄り添って建てられていて、峡谷を流れる川に面しているのです。互いの世帯のプライバシーを考えて、もっと家を離して建てなかったのかしら?と誰もが思うことでしょう。でもこの家屋同士の近さこそが、この地域の社会生活と文化の基盤となっているのです。この家屋の並びを囲んでいるのが、パッチワークの模様をして、柵で囲まれている農耕地です。この家屋の並びを「クラハン」(小さな村)と呼びます。かつてドニゴール県沿岸地方の、典型的な農村集落でした。クラハンを構成するのは、親族関係にある農家で、隣り合った土地は、共同管理されます。これは、アイルランドの「ランデール」と呼ばれる土地保有体制です。各農場主が、自分の近隣の小作地内に点在する、細長く小ぢんまりとした土地を所有していました。それぞれの農場主が、作付の良い土地も悪い土地も、公平に利用するようになっていて、その割当てを決めるのは、耕作放棄の発生や、耕作権の年ごとの持ち回りによるものでした。子供達が結婚したり、別の農場主が入植してくると、土地は更に細分化されました。この土地所有体制のもとでは、農耕地は家屋周辺の耕作地に分けられ、1年単位で作付が行われます。そして家屋から離れた場所の耕作地では、作物を周期的に変えて栽培され、時に休閑地とされます。その先には更に共有地があり、通常は山肌に設けられて、畜牛と畜羊が放牧されます。このように所有地があちこちに点在する体制は、農業生産という視点からすれば非効率です。更には、自給自耕農業を困難にするものです。そうではありますが、これがかつて、この共同生活社会に存在した、経済基盤だったのです。この体制では、1人の人間が一箇所に土地をまとめて持つことはありません。近くて行きやすい集落に家屋を建てることが、便利とされました。19世紀に改革派の地主達が、この「ランデール」という土地所有体制を解体し、より効率の良い土地利用を実現しようと試みました。ところがこれが土地所有の集中化に伴うクラハンの散在を危惧する農民達の、頑強な抵抗に遭います。農民達は住居が分離されることで、社会生活が大きく変わることに、恐れを抱きました。 

p116 

The inhabitants of this village must have experienced the communal identity of the clachan deeply, for when they left, they all left together. No-one stayed behind to go it alone. I was told that the musical life here was extremely active. The village boasted several singers, and the people of Teelin, a fishing village down the coast, who were noted for their fiddling, were in the habit of taking their boats around Glenhead to the village for nights of dancing, fiddling, and poteen drinking. Here they were far from the surveillance of the gaugers and the strictures of puritanical priests. Today, standing in the roofless central rooms surrounded by thick stone walls, bleached to a bone-like color by the salt air and wind, the houses seem more like monastic cells than the sites of all-night winter dancing. Yet it was this long rectangular kitchen room that was the center of musical and social activity. 

この村の住民達は、クラシェンの持つ共同体としてのアイデンティティを、この一件を通して強く経験したはずです。なぜなら、彼らはこの村を去る時、全員が揃って一緒だったからです。誰一人、自分ひとりでやっていくなどという状況に、身を置き続けることなど、できませんでした。聞いた話では、かつてこの地には、大変活発な日々の音楽活動が繰り広げられていたそうです。村には何人もの歌い手が居て、海岸をずっと先まで行ったティーリンという漁村から来た人々は、フィドルの演奏で有名でしたが、よく船を何艘も仕立ててグレンヘッドを回ってこの村までやってきては、何日もそこで過ごし、夜には踊りやフィドル演奏、そして密造のウィスキーを楽しんだと言います。ここでは、計量官の役人達や、口うるさい宣教師達の目は届きませんでした。今、屋根がなくなって廃屋となった家の、厚い壁に覆われた中央の部屋があったところに立ち、潮風と風雨にさらされて骸骨のような色になってしまった家を見ると、かつて毎冬には夜通しダンスが興じられたこの場所が、教会の修道院にある独房のように見えてきます。それでも、この長方形のキッチンルームこそが、かつての音楽と社交活動の中心だったのです。 

 

(photo on p116: The deserted village of Port, Co Donegal) 

116ページ写真ドニゴール県ポートの廃村 

 

p118 

 

The houses in this village are built on the ancient longhouse or byre house model common to most of Ulster and Western Scotland. They are built with stone - a mixture of large boulders and stone rubble. The hearth and chimney are located at the gable end of the house and a bed alcove profects outward from the back kitchen wall. They were once thatched, and there are pointed stone profections along the walls to which the ropes that kept the thatch down were tied. They were all built on a slight slope and the floors are flagstone, now littered with broken pieces of old crockery and colored bottles. They are divided into two or three rooms, the largest being the kitchen. The kitchen of the Irish farmhouse was not only the central room of the house in a physical sense, but was also the spiritual center of the rural culture. It was here that the family and neighbors would gather in to cheilidh and rake. This could range from conversation to story-telling, singing, fiddling and dancing. It was a multi-functional space, well-designed to accomodate a variety of work- and play-related activities: the same room that was used for butter-churning, net-mending and spinning, would also have served for all-night dances. As a physical space, the kitchen epitomises the intimate connection between work and play that distinguishes the mentality and value system of this society from our own, where labor and recreation are conceived as mutually exclusive activities. There is no hallway at the entrance of Donegal farmhouses; as you walk into the houses, you step into the midst of family life in the kitchen where, at one end of the room a fire in an open hearth or a cast-iron stove is continuously burning. 

この村の家屋は、昔ながらの、アイルランド北部のアルスター地方やスコットランド西部の広い地域で一般的だった、長い共同住宅や牛小屋を作るやり方で建てられています。建材は石で、大きな岩と小さな石を織り交ぜて使います。炉端と煙突は家の切妻の端に設置されて、ベッドを置くために、壁の一部を外に向けて突き出すのですが、これはキッチンの後ろ壁から突き出るようにします。こうした家屋は、昔は藁葺だった時代もありました。四方の壁に沿うように家の外には石の突起が設けられ、藁葺き屋根からロープを掛けて、上から下に引っ張る形で結わえ付けるのです。どの家屋もゆるやかな坂に建てられて、床には石が敷いてありました。私達が訪れたときには、古い陶器類や、色塗りが施された瓶、そういったものの破片が散乱していました。どの家屋も部屋割は2つないし3つで、広めの部屋がキッチンでした。アイルランドでは、農家のキッチンと言えば、物理的に家の中心であるだけでなく、地方地域の文化の中心であるという、精神的な意味もありました。家族、そして近隣の人々が、歌や踊り、それに遊びに興じる時に、ここに集まったのです。皆は、お喋りやストーリーテリング、歌、フィドル弾き、踊りを楽しみました。キッチンは様々な機能を持つ空間で、実に様々な仕事や余興の活動に対応できるように、巧みにデザインされていました。ある時はバターの撹拌や漁網の手入れや糸紡ぎを行ったかと思えば、別のときには、夜通し踊りを楽しむのです。キッチンは、空間としての機能について言えば、物理的には仕事と余興が密接な関係にあることの縮図であり、仕事とレクリエーションが互いに相反するものとみなされているような、現代都市生活を送る私達取材陣の生活する社会での、精神的視点や価値観とは、一線を画すものです。ドニゴール県では、農家には玄関に入ったら、その先に続く廊下というものはありません。家に入れば、いきなりその家族の生活のど真ん中に飛び込むのです。まずはキッチン。部屋の1つの端には、炉端か鋳鉄で作ったような頑強な調理火台に、火が絶やさず焚かれています。 

 

p119  

 

On a dry day the door will not be shut behind you, but kept open - here there is no strict separation between the natural and man-made environment. Another indication of the communal social life is the placement of all the kitchen furniture alongside the walls of the room. No piece of furniture occupies a permanent central location, not even the table. This practice, which probably originated centuries ago when the fire was located in the center of the longhouse, facilitated the creation of a central open space that allowed for large social gatherings, and activities such as dancing. 

風雨がない日は、家に入ったあとドアは閉めません。そのまま開け放しておくのです。外の自然と、内の人間が作った環境との間に、区切りを設けないのです。ここが共同社会であることを示すものとして、もう一つ、キッチンに通常在るとされる家具が、全て壁際に寄せて配置されている事が挙げられます。部屋の真ん中にドカンと置かれているような家具は、一切ありません。それはテーブルについても同じです。このような家具の配置は、数百年前に始まったと考えられています。当時日を炊く時は、長い共同住宅の中心で行われていました。そうすることで、大勢で近隣の人々がやってきたり、踊りのような催しが出来るような、広くて皆が集うのに十分なオープンスペースを、家屋の中心に設けることが出来るようにしたと思われます。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=0gt2rgY33vo 

2021/11/15 

Over the last months and years we heard many stories told in Irish kitchens. It's the place were families were fed and raised, where after a long days work neighbors would gather to tell about the latest news over steaming pots of tea. Where in long winter nights the fiddles come out and where here in Donegal people gathered for house dances.