英日対訳ミュージシャンの本

ミュージシャンの書いた本を英日対訳で見てゆきます。

英日対訳:The Northern Fiddler北の大地のフィドラー達('79/'85)第19回 3部(4/8)カシディ夫妻へのインタビュー

THE NORTHERN FIDDLER 

 

MUSIC AND MUSICIANS OF DONEGAL AND TYRONE 

ALLEN FELDMAN & EAMONN O'DOHERTY 

 

OAK PUBLICATIONS 

London / New York / Sydney / Cologne 

 

https://dev.session.nz/wp-content/uploads/tunebooks/The_Northern_Fiddler.pdf 

本拙訳の原書はこちらからどうぞ 

 

3部 

 

KITCHEN MUSIC 

 

Con Cassidy 

 

-2- 

 

Conversation with Con and Mary Kate Cassidy 

カシディさんご夫妻へのインタビュー(コンさん、マリー・ケイトさん) 

 

A.F. 

Were those Irish marches you were playing just now Con? 

アレン・フェルドマン 

コンさん、聞かせてくださったのはアイルランドのマーチですか? 

 

CC. 

No, I wouldn't think so. If my memory serves me right, it was an English army brass band that was recruiting on a fair day in Carrick about 1917. If they managed to get a shilling into your pocket, off you went into the army. Frank Cassidy would learn these marches from the brass bands. He was very quick to pick up music. There was a priest in Carrick who was very friendly with Frank's sisters who were running a drapery shop in Carrick. He was very musical and he had a gramophone. Frank was playing for a while and the priest said to him: 'Well now Frank, I'd like to test your ear and I'm going to play a difficult piece of classical music till I see about how many times I would have to play it for you to pick it up.' So he played it once, and when he was finished, Frank says: 'Father, play it again please.' So he played it a second time, and Frank played it on the fiddle note for note. Now twice was very good for classical piece. 

コン・カシディ 

そうではないと思います。私の記憶が確かならば、この曲を演奏していたのは、イギリス陸軍の軍楽隊ですね。志願兵の募集に来ていたんですよ、カリックで巡回のお祭りをやっていた日ですね、1917年頃だったかな。ポケットに1シリング(現在の約2000円)突っ込んできて、それで入隊ですよ。フランク・カシディは、そういう軍楽隊が来ると、今やったマーチを聞いて覚えようとしていました。彼は曲を覚える耳が、すごく良かったですよ。カリックには神父が一人いましてね、フランクには何人か姉妹がいて、反物の小売をしていたのですが、その子達にとても親しく接していました。その神父は音楽に熱心で、レコード・プレーヤーを持っていました。フランクがひとしきり弾くと、その牧師はこう言ったんです「ところでフランク、君の耳の良さを試してみたいのだが、これからクラシックの曲を1曲聞かせよう。難しい曲だ。何回聞かせたら、君が覚えて弾けるようになるか、やってみようじゃないか。」そういうと、まず1回。掛け終わると、フランクが「神父様、もう1回掛けて。」そこでもう1回、するとフランクは、フィドルで1音1音弾いてましたよ。クラシックの曲を2回聞いただけで弾くとは、大したもんですよ。 

 

A.F. 

Did most of the traditional tunes that Frank played come from the Teelin area, or were they from outside the townland? 

アレン・フェルドマン 

フランクさんが弾いていた昔からの曲というのは、大概はティーリンのあたりのものですか、それとも外部のものですか? 

 

C.C. 

He got a good few of his tunes from the Doherty's and there was a crowd before them, the McConnells, who he learned a lot from. Frank and his brother Johnny were the first of the Cassidys to play the fiddle. My father was musical but he never played an instrument. In those days these traveling people were around quite often playing for dances and often stopped for months in Teelin. Frank and Johnny had every opportunity to pick up their tunes. They had dances every night and when they weren't playing at night, they were playing in the house they were stopping in during the daytime. 

コン・カシディ 

フランクは、自分の持ちネタの多くを、ドハティ家の人達から習っていました。それとドハティ家より前にはマコーネル家、ここからもフランクは沢山習っていました。フランクとジョニーの兄弟は、カシディ家で最初にフィドルを弾くようになった家族です。私の父は音楽に熱心でしたが、楽器はやりませんでした。当時は、このあたりを回っている楽器をやる人達がいて、それがしょっちゅうやってきては、ダンスの伴奏をしたり、何ヶ月もティーリンに逗留するなんて言うのも、ざらにありました。フランクとジョニーは毎回そのたびに、彼らの弾く曲を覚えていったんです。ダンスが夜に行われる日には、毎回弾いていましたし、ダンスがなくて夜に弾かないと、今度は日中昼間に、逗留している家の中で弾いていました。 

 

p130 

 

(continued C.C.) 

There was continually music. I never really heard any good fiddlers in Teelin before that crowd who learned from the Dohertys and the McConnells. They were nearly the one age. Frank Cassidy, Mick McShane, Jimmy Lyons. They were the first Teelin men to play good fiddle that I heard of. Before that, the people of this area preferred the pipes. There came a bloke around. Hughie Gallagher, and where he would be the whole district would be running to that house. I was too small a boy to take an interest in the music, but I couldnt believe my ears when I heard the sound of the pipes way off the in the distance. I wouldnt be allowed near that house, I was too small. I remember sitting on a hill about a quarter mile distance from where that man was playing. I remember sitting to bedtime if I didnt get lonely. But there was no pipe players in Teelin that I knew of. There wasnt much instrumental players in Teelin before Franks time. Singing was the great go in those days. Before Frank there might be a mouth organ, of a trump (jews harp) or maybe two together lilting a tune. There were great lilters: much better than I could hear on Radio Eireann now. There was a man down the road there, he was the best lilter I ever heard. Id as love to listen to him as any instrument because he could put variations in at any old time; he was wonderful. 

音楽が四六時中かかっていました。フランクとジョニーの2人が、ドハティ家とマコーネル家の人達からフィドルを習って、弾くようになるわけですが、この2人より前に、こんなに弾けるフィドル奏者がティーリンに居たかと言えば、私は全然聞いたことがありません。みんなだいたい同じ世代の人達でした。フランク・カシディ、ミック・マクシェーン、それとジミー・ライオンズですね。ティーリンのフィドル奏者で、私が聞いて「ちゃんと上手に弾けているな」と思った最初の人達が、彼らになります。するとそこへ、猛者が1人やってきたわけです。それがヒューイー・ギャラガーです。彼がやってくると、逗留する家に地域の皆が集まってきたものです。私はまだ子供でしたから、そこで流れてくる音楽には、興味は持てませんでしたけれど、うんと遠くからバグパイプの音が聞こえてきたときには、自分が普段聞いている何か他の音と勘違いしているのかな?と思いましたね。ヒューイー・ギャラガーが来ている家には近づいてはいけない、そう言われていました。まだ子供でしたからね。今でも憶えていますが、ヒューイー・ギャラガーが吹いていた家から400mほど離れたところに丘があって、そこに座って、特に寂しいなとか思わなければ、寝る時間が来るまで、そこに座っていました。ただ、ティーリンには、私が顔や名前を知っているバグパイプ奏者は、誰一人いませんでした。フランクが楽器を弾くようになる以前には、ティーリンには楽器を弾く人というのは、そんなに沢山いませんでした。当時は歌が主流ですから。フランクが楽器を弾くようになる前は、ハーモニカやパンフルートのたぐいの楽器、あるいはトランプ(口琴)、あるいはそういうのが一緒になって、ノリのいい曲を弾いていたんじゃないかな。リルティングのとても上手な弾き手が、当時何人もいてね、今RTEがラジオでかけている演奏なんかより、ずっと上手でしたよ。この道をずっと行ったところに、私が一番上手だと思うリルティングをやる人がいましてね。どんな楽器の演奏よりも、私はその人のリルティングを聴き入るのが好きでした。どんな昔からの曲でも、自分なりにバリエーションを付けてやってしまうんですから、本当に素晴らしかったですよ。 

 

A.F. 

Did the dancing change when the fiddle became popular? 

アレン・フェルドマン 

フィドルが流行りだすと、ダンスの踊り方も変わったんでしょうか? 

 

C.C. 

No, it never changed till the old jazz came in and the old-fashioned dances went out except for the old waltz Now Frank has a sort of style of his own on the fiddle even when he took it off the gramophone. He would put in his own variations he hadnt the Doherty style, he played more in the McConnell style, he was a long bower. While Mick McShane and Conny Haughey were short bowers. 

コン・カシディ 

いや、全然変わりませんでした。変わったのは、今かかっているジャズの、古い一昔前のジャズが入ってきてからですね。その時、昔からのダンスは、なくなってしまって、古い頃からのワルツだけ残りました。今フランクは、レコード・プレーヤーを使ってフィドルを習うのをやめてからでさえも、自分自身のスタイルでフィドルを弾いています。彼は自分自身の変化の付け方を、よくやっていました。それはドハティ家のではなくて、どちらかと言うと、マコーネル家のやりかたです。フランクは弓を目一杯使って弾く、これに対して、ミック・マクシェーンやコニー・ホーヒーなんかは、弓を短く使って弾くタイプですな。 

 

A.F. 

I was always under the impression that fiddling was going on in Teelin for hundreds of years. 

アレン・フェルドマン 

ティーリンでは何百年も前から、フィドルを弾くことが行われていたと、そういう印象が私にはずっとありましたよ。 

 

C.C, 

No. There were a few old men: they werent up to standard. You know now before my time there were a lot more fiddlers in Glencolumbkille than there is now. I would say fiddling there goes back a good bit. On the way into the glen there was a man called John Mosey McGinley, his father was Mosey then he was called John Mosey. He was the best traditional fiddle player in Ireland according to all the stories we heard about him. They held a fleadh in those days; he was at a big gathering somewhere in Ireland. He wore very simple clothes a homespun jacket and he didnt carry any case, he had his fiddle in a canvas bag. All the big noises were there. It was only the big noises who could afford to run these things in the old days. They looked on John as nothing. What could he play? What could he know about the fiddle? Eventually some man spoke in his favor and he got on to whatever sort of stage was there and started to play. But before he did start to play at all, they were gathering up stones and bits of sod to throw at him. He wasnt playing long when the stones were dropped down by their sides. He won that contests. 

コン・カシディ 

それは違いますね。弾く人はチラホラとはいましたが、一定の水準までは届いていませんでした。私らより前の頃は、グレンコロンブキルには、今よりもっと沢山フィドル奏者がいましたよ。あの辺りではフィドルを弾くというのは、随分昔からやっていたようです。峡谷の方へ行く途中に、ジョン・モーゼイ・マッギンリーという、父親がモーゼイという人でしたので、ジョン・モーゼイと呼ばれていた人ですが、私達が聞いたその人に関する話を全部照合しますと、彼はアイルランドで一番の、伝統的なフィドルの弾き方をする奏者だったとのことです。当時はフラーと言って、コンクールみたいなのが開かれていたんです。彼がアイルランドのある場所で、大勢集まる機会に登場したんですな。その時の彼の服装は、シンプルなもので、手織りの地味な上着を着て、楽器はケースに入れず、帆布で作った袋に入れて持ち歩いていました。その集まりには、地域の大物連中が全員来ていて、昔はそういう会を催せるのは、こうした大物連中だけでした。彼らはジョンのことは見くびっていました。何を弾けるというのか、フィドルの何を分かっているというのか、というわけです。そのうち、その中で、ジョンに味方する人が出てきて、とにかく舞台に上げて弾かせてやろう、ということになったんです。でも実際に弾く前になって、皆が石だの土塊だのを集めてきて、ジョンに向かって投げつけるんですよ。でも弾き始めたらすぐに、手に持っていた石だの土塊だのを、脇に落として聞き入ったそうです。ジョンはそのコンクールで優勝したとのことです。 

 

A.F. 

Where did you learn Kitty in the Lane? 

アレン・フェルドマン 

「Kitty in the Lane」を教わったのは誰からですか? 

 

C.C. 

I learned it from an old lady up above. When she was sitting at the fire in good humor you would hear her lilting this tune. We werent trying to pick it up. I dont know where she got it from, but she came across the water from the parish of Kilcar. 

コン・カシディ 

この先に住んでいた年配の女性の方からです。この方は、炉端に機嫌よく座っている時は、よくこの曲のリルティングを聞かせてくれたものです。教えてくれなんて、わざわざ言う必要はありません。この方がどこでこの曲を習ってきたかは、知りません。ただ、この方はキルカー地区から来た方だということは、分かっています。 

 

p131 

 

A.F. 

How did you learn to play the fiddle? 

アレン・フェルドマン 

どのような経緯で、フィドルを弾けるようになったのですか? 

 

C.C. 

I don't think I ever got onto it, but I started it when I was eight or nine. My father was interested in me taking on the fiddle. He took me down to Frank Cassidy one night. Frank was much older than I was. He was going out with a girl friend and he was probably annoyed he had to stay in this night to learn me something on the fiddle. The tune he started to learn me was the 'Money Musk,' just the bones of it. I got halfway through it, I was slow to learn. I didn't go down anymore then, I was just working away on my own in a neighbor's house where there was a tin fiddle. Sometime you're better off to learn something from your own brain than to go to somebody else. You might get a wee bit upset, but not being quick enough. 

コン・カシディ 

自分としては本格的に取り組んだとは、思っていません。ただ、フィドルを弾き始めたのは、8歳か9歳の頃です。父が私に、フィドルを習わせてみたら面白いんじゃないか、と考えたのです。ある夜、父は私を、フランク・カシディのところへ連れて行ったんです。フランクは私よりもずっと年上でした。その夜は、ガールフレンドとデートに出かける予定があったようでしたから、家に残って私にフィドルを教える羽目になるなんて、多分ご機嫌斜めだったでしょう。まず最初に「Money Musk」という曲を、もう始めから徹底的に行くぞ、という感じでしたよ。半分くらいしか、彼が教えてくれることを、吸収できませんでした。私は人より物覚えが遅いんですよ。その夜は、それ以上は先に進めませんでした。とりあえず、一人で練習することにしました。近所にティン・フィドルを持っている家があったので、そこでね。時には誰かに教えてもらうよりも、自分ひとりで練習したほうが遥かにマシだ、ということもあります。上手く行かずに少々イラツクこともあるでしょうが、あっという間に身につけばいい、ということばかりでもないでしょうから。 

 

A.F. 

When did you start playing for dances? 

アレン・フェルドマン 

ダンスの伴奏をするようになったのは、いつからですか? 

 

C.C. 

We used to play three or four together. I was maybe sixteen or seventeen; before that we weren't allowed to dance. They were all in country houses. Every kitchen was big and they were always overcrowded. There'd be half as many outside the door dancing. I often seen them dancing on the pier. Oh, that was great go in the summertime. I remember Francie Byrne, he spent three or four winters in Teelin. He was in Teelin every night. I would say he was very musical. He would come by boat from across the water and every time he came he had a new tune with him, a new highland or jig every time. They would always start the time of October on the haystacks. There might be four or five haystacks to make on the one day; well, they couldn't have four or five dances. There would be one or two girls in those houses who would invite the other girls into the area. The Highland quicksteps, quadrilles, barndances and lancers were all the go. You would pull a girl out whether she danced or not. She soon come on to the step. The old stepdance was called the breakdown. The dancer would change the steps any time he wanted. They had every sort of trick. Sometimes the door would be taken off the hinges and placed on the floor: that way the dancer could make plenty of noise. There would be two facing the other, then they would change; the man who was up would go down. 

コン・カシディ 

そういう場へは、3,4人で一緒に出かけて弾いていました。16歳とか17歳の時だったかな。それより前の年齢だと、ダンスなんて許されてませんから。ダンスが開かれるのは、大概は大きなお屋敷です。キッチンはどこでも広くて、いつも人でごった返していました。家の中にいる人数と、同じくらいの数の人が、ドアのすぐ外にもいて、そこでもダンスを楽しむのです。港の桟橋で踊っている人達も、よく見かけました。あれは夏の時分には、良いですよ。私の記憶に残っているのは、フランシー・バーンです。彼はティーリンには、冬にやってきて、2,3年過ごすのです。ティーリンでは毎晩弾いていました。音楽に熱心な人だったと思いますよ。船でいつもやってきて、毎回新しく曲を持ってくるんです。ハイランドとかジグとか、毎回です。10月はいつも、干し草の山を作る事から始めます。一日で4つとか5つとか、干し草の山を作らないといけなかったんじゃないかな。となると、ダンスも4曲とか5曲というわけには行かなかったかもしれませんね。そういう家には、他の家の女の子達を、その地域へ呼び出してくる、そういう女の子が1人2にといました。ハイランド・クィックステップ、カドリール、バーン・ダンス、ランサーズ、このあたりが好まれました。その場にいる女の子に、踊ってくれるかどうか、声をかけるわけです。女の子の方は、すっと進み出て、ステップを始めます。伝統t系なステップダンスがあって、ブレイク・ダウンといいます。踊り手は、自分の好みのタイミングで、ステップを変えてゆくものです。様々なステップがありましたが、どれもありとあらゆる仕掛けがありました。時にはドア板が蝶番から外されて、床に置かれます。そうすることで、踊り手はそれを踏みつけて、うんと大きな音を立てるのです。2人が向かい合って、そのうち立ち位置を変えて、男のほうが、この場合下がるのです。 

 

M.K.C. 

So the girls would take a fancey to them. 

マリー・ケイト・カシディ 

そうやって、女の子達が、ダンスをするのが好きになるわけです。 

 

A.F. 

What type of tunes would you play for the breakdown? 

アレン・フェルドマン 

ブレイク・ダウンの際には、どんな曲を弾くのですか? 

 

C.C. 

Reels always; oh they had their special reels. I once saw two people dance the 'Maggie Pickie' - the tongs would be laid out on the floor and opened out a bit. The dancer could go right over it and the secret was not to touch the tongs at all. It was wonderful how it could be done. 

コン・カシディ 

常にリールです。そう、それも、それ用のリールというのがあるんですよ。私が一度見たのは2人の人が踊っていた、曲は「Maggie Pickie」、これはですね、火ばさみを数本、少し開き気味に床に置くんですね。踊り手はそのすぐ向こう側で踊るのですが、コツは、床においてある数本の火ばさみを踏まないことです。上手く行った時の様子は、見ごたえがありましたよ。 

 

A.F. 

Would you learn most of your tunes at the dances? 

アレン・フェルドマン 

ダンスの伴奏を通して、持ちネタの曲を多く増やしていった、ということでしょうか? 

 

C.C. 

Aye. 

コン・カシディ 

そういうことです。 

 

A.F. 

Would you ever visit a fiddler in his house? 

アレン・フェルドマン 

フィドル奏者の家に出かけていく、ということもされていたんですか? 

 

C.C. 

No, never, I wasn't that interested then. 

コン・カシディ 

いや、全然。私はその頃は、そういうことには興味がありませんでした。 

 

A.F. 

How long would the dances go on for? 

アレン・フェルドマン 

ダンスというのは、終わるまでどのくらい時間がかかるものなんですか? 

 

p132   

 

C.C. 

They'd go from eight or nine to six o'clock in the morning at times. Sometimes earlier. It would be getting dark before the stacks would be finished and tea would be over; maybe there were a few drinks and maybe there'd be a fiddler in the crowd that was helping with the stack. He might start to play and it would begin there and then at the stacks. It was a great old time. People seemed to enjoy life better than they do now. They had no money. They didn't want no money. Nowadays you can't rise out unless you have money. A different life altogether ... The first thing that stopped the dancing; they put all these partitions in the kitchen and they were too small for dancing. One got the idea from the other, and at long time all the country houses had partitions. 

コン・カシディ 

夜の8時とか9時とかから始まって、朝の6時までですね。もう少し早く切り上げることもあります。干し草の山を作り終える前に、あたりが暗くなりだしますから、お茶を終えます。2,3杯お酒が出ることもあったかな。干し草の山を作るのには、フィドル奏者も作業をする人達に混じって、手伝っていました。フィドル奏者は、干し草の山を作り終えると、すぐその場で弾き始めます。本当に、古き良き時代のお話ですよ。日々の生活を楽しむ様子は、今の人よりも、よっぽどでした。お金があるわけじゃない、といって、それを望んでいるわけではありません。今の時代は、お金がないと、気分が高まらないんでしょうな。今と昔とでは、人々の暮らしは、何もかも全部が違ってしまっています。まず、ダンスをしなくなりました。どこの家でも、キッチンに間仕切りを立てるようになってしまって、これでは踊るには狭いですから。どこかの家がやりだせば、それは次々と広まって、結局どこの家も、間仕切りを立てるようになってしまったわけです。 

 

M.K.C. 

The life was different in the country now as to whom we were growing up. We did nothing at night, but the night you would have a date with a boy outside and away walking for the night. And maybe some girls were lucky enough to have a man who had a few shillings in his pocket and would buy them a packet a sweets. That pleased them well enough. Well, he was now only six pennies out of pocket with his girl for the night. In the days gone by, there never was a man who took a girl for a cup of tea that I know of, unless he came from soome other land. You wouldn't get a up of tea from your man and you were like a bear with hunger, coming home looking for a cup of tea. That was in my day. I don't know what happened before that. Ten times worse I suppose! 

マリー・ケイト・カシディ 

私達が大人になるまでの過ごし方は、今と昔とでは、どこでも変わってしまいました。私達の頃は、普段は夜になると特にすることは有りませんでしたが、男の子と会う時は、表を一緒に歩いたものです。女の子達の方は、運が良ければ、ポケットに多少お金が入っている男の子と出歩くことが出来て、お菓子を一包買ってもらえたりもしました。それが、とっても満足できるくらい、嬉しかったんです。男の子の方も、その晩女の子と過ごすのにかかるお金は、6ペンス(現在の600円程)くらいで済んだのです。昔は、私が知る限りでは、今のように、お茶に誘うなんて男の子はいませんでした。その男の子が、よそ者なら話は別ですよ。女の子の方は、男の子からお茶に誘ってはもらえませんから、家に帰るとお茶が飲みたいと、まるでお腹をすかせた熊みたいになっているわけです。これは私が若い頃の話、私より前の世代がどうだったかは、知りません。私達よりも、もっとひどかったんじゃないでしょうかね。 

 

C.C. 

They were rough fiddlers before Frank and his crowd. I remember an old man being put up at our house, where I was brought up, towards Bunglas. My fiddle was hung up on the wall. 'Oh,' I says, 'Will you play a tune?' 'Indeed,' he says, 'I will.' So he took down the fiddle and rosined up the bow. I thought he'd make two shares out of the bow. He took the hair away out about nine inches on the rod. He broke the rosin with his fingers and then he drew it on the bow. I couldn't see him behind a cloud of rosin. He started and he played 'Drowsy Maggie,' and when he finished, he says: 'My good lad, two more of them would finish her.' You see the fiddle would go to pieces after two more tunes like that. They were good rough players. 

コン・カシディ 

フランクとか、彼と同じ世代のフィドル奏者が出てくる前には、フィドル奏者の中にも乱暴な連中がいました。今でも憶えているのが、あるお年寄りなんですけどね、ドニゴール県のバングラスへ向かう途中、私達が住んでいた家に、一晩宿をとっていた時のことです。私は自分のフィドルを、壁にかけていました。「そうだ、一曲弾いていただけませんか?」と私が言うと、そのお年寄りは「もちろんです」といって、壁からフィドルを取ると、弓に松ヤニをつけるわけです。なんかだ、松ヤニを半分にぶった切ろうとしているのかな、と思ってしまいました。ロッドの毛を10数センチほど取ってしまい、松ヤニを指で割って、それを弓にこすりつけるのです。粉ぼこりがたって、そのお年寄りの顔が見えなくなるほどでした。そして「Drowsy Maggie」を弾き始めたのです。弾き終えるとこういいました。「坊っちゃん、もうあと2曲弾いたら、この楽器壊れていたなあ。」そんな楽器の扱い方をしていたら、もう後2曲弾いたら、そりゃ粉々になりますよ。昔は本当に、乱暴なフィドル奏者がいたもんです。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=JQubyMp3o0k 

 

Con Cassidy, Teileann fiddle player, playing two reels, Last Night's Fun, and Rakish Paddy. Recorded in Ballyshannon in October 1982.  

【本編最終】英日対訳:T.ビーチャム自叙伝A Mingled Chime第40章(2/2)「牧歌的」とは/結審~追記

A MINGLED CHIME 

 

40. RECOVERY  

 

後半 

 

462 

During the summer of 1923 I spent a few pleasant weeks in the execution of a long cherished design for which I had never before found the time or opportunity. For several years a play-giving society, the Phoenix, had been giving special performances of old pieces, mainly of the Elizabethan and Restoration epochs. I cannot say that they were very well done, for the conditions of production were haphazard and the time available for necessary preparation too hmited. But most of the best actors and actresses of London took part in them at some time or other, and I considered that with adequate rehearsal and a handsome production, it should be possible to bring off a revival of Fletcher’s The Faithful Shepherdess. Since the day I first read it in the library of Montserrat, this lovely work had been an especial favorite of mine; I had never seen it on the stage, I could find no record of it having been given for years, and I thought it high time it were rescued from neglect and the public reminded of its existence.  

1923年夏に、2,3週間楽しく過ごした。長年時間と機会がなくて、温めていたものを実行に移したのである。「フェニックス」(火の鳥)という劇団があり、この劇団は、それまで数年に亘り、時代の古い作品、特にエリザベス朝演劇や17世紀の王政復古時代の演劇を上演していた。非常に良い出来か、と言われると、何とも言えない。というのも、制作にあたっての環境がいい加減で、準備に必要と思われる時間の掛け方が、あまりにも限られているようだったからだ。ところがこの劇団には、ある時期ロンドンを拠点とする役者達の、男女ともに優秀なところの大半が参加していた時期があった。私が見るに、十分な事前稽古としっかりとした制作工程をとれば、ジョン・フレッチャーの「忠実な女羊飼い」のリバイバルくらいは、しっかり成し遂げられるだろうと思えた。この作品は、私がモンセラットの図書館で初めて読んで以来、とても素敵だなと思って、私の特にお気に入りだった。過去数年の上演記録を見ても、全く見当たらず、ここまで愛好家達の目に留まらなかった状況から、救ってやるには良い潮時ではないかと考えたのである。 

 

463 

I secured Norman Wilkinson to design the scenery and costumes, four of the most charming actresses in town, and a highly accomplished regisseur, Edith Craig. As the play contained several songs and chorases, and seemed to cry out for additional music here and there, I tried the experiment of having an orchestral accompaniment throughout; but so arnnged as to interfere in no way with the clear enunciation of the text. I selected fragments from Handel, Mozart, and my old friends the French masters of the eighteenth century, and added a few connecting links of my own. But I could find nothing to fit Fletcher’s lyrics, and happening to meet a gifted young Italian who had a pretty knack of writing in some of the old styles, I procured from him a set of songs which we ascribed to fictitious composers and which were hailed by the cognoscenti as authentic period pieces. The judgment of the audiences was that here was a delightful entertainment, and Havelock Ellis, as good an Elizabethan scholar as any, sacrificed a summer day by the sea to come up to town and write an appreciation of it in his Impressions and Comments.*  

私は画家のノーマン・ウィルキンソンに、舞台背景画と衣装のデザインを、ロンドンを拠点とする指折りの女優達の中から4人に出演を、そして腕利きの舞台監督であるエディス・クレイグと、参画契約を取り付けた。この演目には、独唱と合唱がいくつか含まれていていて、私から見ると、あちこちに更に曲を追加する必要があるように思えた。全体を通して管弦楽伴奏を付けてみようと思ったのだが、作品の作り込み方がすごくて、セリフを明確に伝えようとすると、それが適わないのだ。私はヘンデルモーツアルト、それと私には馴染みの、18世紀に活躍したフランスの実力派作曲家達の曲からいつくかフレーズを探し、それらのつなぎには、私自身が曲を書こうとした。だがフレッチャーのセリフにピッタリ合うものが、どうしても見つからない。そんな時偶然にも、ある優秀な若手イタリア人作曲家と、お目にかかることができた。彼は古い時代の形式で曲を書く才能が素晴らしくいくつか曲を提供してもらうことができた。これを架空の、複数の作曲家達のものだということにした。何人かの音楽評論家達からも、然るべき時代の作風を備えているとして、受け入れてもらった。客ウケの方は、楽しい気分で観てもらえたようであった。その中のひとり、心理学者でエリザベス朝演劇の研究も手掛けているハヴロック・エリスは、わざわざ夏の暑い時期に、一日掛けて海辺の街まで観に来てくれた。お気に召していただけたようで、彼の「Impression And Comments」に、次のような寄稿をされていた。 

 

******** 

 

464 

* Now for the first time I clearly realize what the Arcadian Pastoral of which this is so admirable a type represents in the history of the human spirit.  

今回私は、「理想的な田園郷」と称するものについて、人類が心の表現に取り組んできた歴史の中で、誠に好ましい形で目の当たりにすることが出来たと、初めて明確に実感できた。 

 

467 

That the Pastoral is the manifestation of an artificial mood of unreal playfulness in life seems usually to have been taken for granted. And it was so. But so to regard it and to leave the matter there is to overlook the motive source of its inspiration and the cause of its power. How it arose, the really essential question is left unanswered.  

「理想的な田園郷」という発想は、人が生きてゆく中で、非現実的な楽しみを見つけようとする人間の性格が、不自然で意図的なものなのだ、ということを、ハッキリと示している。このことは、長年普通に受け入れられてきた考え方だと言えよう。実際にその通りでもあった。だが、そんな風に見なされ、検証もされずに放置されてきたことで、その発想が、そもそもどんなインスピレーションに基づくものなのか、その発想のもつ力がどこから来るのか、その本当のところが、見落とされている。この発想がどうやって生まれてきたか、この実に本質的な命題に、答えはまだ出されていないままだ。 

 

468 

When we consider that question we see that however artificially unreal the pastoral poem, novel, or play may seem to us it arose primarily as a reaction against an artificially unreal and dissolving culture. The pastoral never originated in an integral, simple, vigorous, straightforward stage of culture still within actual sight of true pastoral life. The pastoral belongs not to an age of strong faith and rugged action but rather to an age when faith has become uncertain and action hesitant or tortuous,  an age when criticism comes to be applied to what seems a dissolute time, a time to find and hypocrisy a time which has lost its old ideals. 

この命題は、よく考えてみると、見えてくるものがある。それは、「牧歌的」とされる詩や小説、あるいは演劇が、私達にとってどれほど酷く人工的で非現実的に見えたとしても、それは主として、人工的で非現実的で、なおかつ堕落の途を辿っている文化というものに対して、私達が抗おうとする気持ちから、そう見えるのだ。実際、農村での暮らしに見られるような、統制が取れていて、無駄のない、強壮で、虚飾のない、そんな文化の有り様からは、「牧歌的」と称するものなど、絶対に生まれてこない。「牧歌的」とは、強い信念と強壮なる行動が持つ性格ではない。むしろ、「誠意」なるもに対する信頼が不確実で、人の行動が「煮え切らない」「ひねくれ」ていて、「自堕落」とされるような時代だの、古き良きものを失ってしまっている時代を探して愛でるふりをする時代だの、そんなものが「牧歌的」という性格を持つのだ。 

 

469  

Fletcher, following the Italians who had earlier realized the same thing in their more advanced culture, understood or else instinctively felt that the time had come in the course of the Renaissance mood, then even in England approaching its end, to  find enchanting by contrast with his own age the picture of the old, strong, simple, pagan age such as tradition represented it, yet touched with a tincture of what was sweetest and purest in the Christian world. Such a form of art, a pastoral tragicomedy, Fletcher called it, has its superficial aspects and artificial unreality but beneath that is the life blood of a genuine impulse of art exactly adapted as such a spirit of Fletcher's, so sensitively human and so finely cultured, could not fail to make it, to the situation of the immediately post Elizabethan age of the early 17th century.  

フレッチャーは、これと全く同じことを、イタリア人の持つ我が国よりも進んだ文化の中から、既に見出していた同国人達に倣い、伝統的とは言え、依然としキリスト教社会では最高に甘美で、一点の曇りもないとされる特徴を持つような、昔からの、強壮で、無駄のない、未開の時代様子は、フレッチャー自身が生きる時代と比べてとても魅力的である、そう感じる時代が、ルネサンス時代の気風に乗って、さらにはイギリスではその終わりに向かっているということを、フレッチャーは、頭で理解したのかもしれないし、あるいは本能的に感じ取ったのかもしれない。そういう芸術の表現方法を、フレッチャーは「牧歌的悲喜劇」と称したのだ。表面的でつまらないとか、ヤラセが過ぎて現実味がないとか言われるが、その先にあるものは、フレッチャーの心意気としての、非常に繊細な人間味や、非常に洗練された文化として、17世紀初頭の、エリザベス朝演劇時代の直後が呈した状況に、見事に当てはめてみせた、そんな芸術的才能の最も大切な活力源なのだ。 

 

470 

For the general public, at all events that of the theatre, it appeared a little prematurely because they were not themselves yet dear where they stood. It was not till after a century later that the age having become more conscious of its own state was  enabled to enjoy The Faithful Shepherdess and Pepys' notes that it is 'much thronged after and often shown.'  

一般大衆にとっては、劇場での楽しみとしては、いささか時期尚早であったようだ。なぜなら立ち位置がハッキリ見えてこないからだ。この作品が初めて上演されてから100年後、この「忠実な女羊飼い」は、当時から更にハッキリとした立ち位置が見えてこず、かつてサミュエル・ピープスが1663年6月13日の手紙の中で書いたように、初演時のような「大勢の人々が押し寄せ、何度も上演され」るには至らなかった。 

 

471 

Today after centuries of neglect, by those few people privileged to be present, it is again approved and is perhaps the most genuinely and enthusiastically applauded of the Phoenix's excellent revivals of old plays.  

今日(1923年)、数百年間埋もれていた後に、この上演に立ち会う幸運に恵まれた人々(もっと多くの人々が見ても良かった)によって、劇団「フェニックス」の類まれなる伝統の作品の再上演に対し、ひたすら熱狂的に好評と賛辞が寄せられたのだ。 

 

*********** 

 

472 

The admirable zeal of the Department of Inland Revenue, which a few years earlier had sought to obtain income tax returns from the authors of The Beggar’s Opera, written over two hundred years before, was now directed to the case of Fletcher who died in 1625. One day I received a request for his address which they had been unable to trace, and on the principle of being helpful whenever possible, I replied that to the best of my knowledge it was the South aisle of Southwark Cathedral, that he had been there for quite a time and in all probability was not contemplating an early removal.  

国税収入庁の仕事熱心ぶりは、誠に驚くばかりで、「忠実な女羊飼い」より数年前には、200年前の作品「ベガーズ・オペラ」(ジョン・ゲイ作)上演の興行収益に対して、しっかりと税金を吸い上げていったのだが、今回は1625年という300年前に亡くなったフレッチャーにも、その矛先が向けられた形だ。ある日のこと、私は内国税収入庁より、フレッチャーの住所がわからないとして問い合わせを受けた。いつでも良いから、可能な時に助けてほしいという。私はこう返事をした:自分の知る限り、フレッチャーの住所は、ロンドン市内にあるサザワーク大聖堂の南回廊で、もうそこに住まってからかなり長く、そこから引き払った可能性もない。 

 

473 

During the autumn and winter I was employed constantly over the business of achieving independence for the various interests still involved in the Chancery scheme and subject to the yoke of the executors. I had make the acquaintance of a man of arresting personality, Philip Hill, who talked more sense about the position of our affairs than any one else I had yet met, and invoked his aid to prepare in collaboration with Nicholas a project which would successfully accomplish my purpose. This he agreed to give if I would also make use of the services of Sir Arthur Wheeler of Leicester, an outside broker of repute. As he could have called up the Witch of Endor for all I cared, provided she could have been of assistance, I accepted the condition without demur.  

その年の秋冬は、依然として大法官庁と遺言執行人達に抑え込まれ、首に縄をかけれられている、様々な事柄を、解放に導くべく、ひたすら仕事に没頭した。この時私は、大変印象的な人格者と、縁を持つようになっていた。フィリップ・ヒルズという。彼は私達の案件について、これまで関わった誰よりも、私達の立場に寄り添った認識を持ってくれていることを公言していた。ルイス・ニコラスとともに、私達への助力を発動し、ある計画を立ち上げることになった。見通しとしては、私の目論見を達成しそうである。私が、イングランド中部のレスター市の、サー・アーサー・ウィーラーという、評判の良いブローカーの手腕を利用したいのだがと、フィリップ・ヒルズに言ったところ、彼は合意してくれた。預言者サウルの霊魂を召喚したエンドルの魔女を助手として、私の全ての懸念のために呼び出すというので、私はこれを異議なしとした。 

 

474 

The basis of the project was to unite the Covent Garden Estate and the St. Helens business in one entity, the former representing solid capital value and the latter the lure of substantial income. Something like two million pounds were to be raised by a public issue of debentures and preference shares, with a much smaller denomination of ordinary shares, not at present to be marketed. The consent of all parties concerned was required, but as each one was about to receive the maximum to which he or she was entitled, there was no opposition. The customary amount of “squeezing” and “greasing” which had been expected was forthcoming and accommodated at the eleventh hour. In most big deals there are always certain people who, without the smallest legitimate claim to a farthing, have a nuisance value through being able to pull a string or two the wrong way at a critical moment The financial arrangements being completed, we proceeded to the Chancery Court for its approval and blessing, and there we were first met by some of our counsel (there were about a dozen altogether, representing mostly children bom and unborn), who informed me that in their opinion the scheme as it stood had little chance of receiving the sanction of the Court Would it not be better to amend it in such a way that judicial approval would be assured beyond doubt? This was really too much, and I told them that we had spent nine solid months in preparing this particular scheme, that we had not the slightest intention of altering one word of it, and that we were going before the judge there and now. And in we went. The document having been duly read, the judge asked if all the parties were in agreement, and the answer being in the affirmative, directed that the order which we were seeking should be made. The hearing was over; it had lasted less than a quarter of an hour, and the learned ornaments of the Bar could hardly believe the evidence of their ears.  

「ある計画」によると、コヴェント・ガーデンの不動産に関する事業と、父の事務所の事業とを、一つにまとめるとのことだ。コヴェント・ガーデンの方はしっかりとした資本価値があり、父の事務所の事業の方は、収益を大いにもたらすものである。優先株と通常株とを発行し、通常株の方は額面をうんと少なくし、当座非公開とすることで、200万ポンドの収益を見込んだ。これには関係者全員の合意を要するのだが、全員が要求額を満額手に入れることができる見込みであるとして、反対意見は全く無かった。通常規模の所謂「圧迫」と「円滑化」が事前に予想されていて、それらは土壇場で姿を表し、こちらに提示された。大規模な事業では大抵の場合、大したことでもないことについて、少しもまともな物言いができない輩が一定数居て、大事な局面で裏で糸を引いたりまともでないやり方をこうじることが出来ることを良いことに、邪魔な存在になる。金銭面での合意がなされたので、私達は大法官庁の承認快諾を得る手続きに進んだ。ここで私達は、私達の相談役のうちの数名(全部で12名、大方生まれつきでも潜在的にでも幼稚な連中)から、ことここに及んではじめて、この計画はこのままでは、大法官庁の認可がおりる可能性は殆どないのでは、という意見を突きつけられた。確実に認可がおりるよう、修正してはどうか、というのだ。とんでもない話で、この9ヶ月間まるまる掛けて、この計画の準備を特に進めてきたのだ。1文字たりとも変更する気はないとして、直ちに大法官庁へと持ち込んだ。書面がかったるそうに読み上げられ、関係者全員の同意があることの確認があり、これを「有り」と応えると、承認快諾とされた。これにて審理は終了である。15分間とかからないことであった。教養と経験の抱負な誇り高き法律に詳しい連中の、耳を疑う様子ときたら、なかった。 

 

475 

Thus ended the troubled and anxious period which began with the death of my father in October of 1916 and ended that May morning of 1924 in the High Court of England. My task was completed, and I could now resume my old career, or take up  another. Anyway, I was free once more to do as I liked.  

かくして、1916年10月に父が亡くなったことによって始まった、試練と苦難の日々は、1924年5月の朝、英国大法官庁にて幕を下ろした。私の役目は完了し、ようやく以前の仕事にせよ、新たな仕事にせよ、出来るようになった。再び、自分のやりたいようにやれる日々となったのである。 

 

 

 

A MINGLED CHIME 

彩華に響くチャイム 

 

POSTSCRIPT  

追記 

 

476 

I have not carried my story beyond this point. It would have been difficult to give an account of my activities between 1924 and the present day that had the unbroken line of continuity visible throughout the earlier period. Within twelve months after the conclusion of the proceedings related above, I retired from direct  participation in all business matters without re-entering definitely for some years the musical field. It is true that in every season I conducted a number of concerts and occasionally an opera performance, but these events were not of my own organizing and formed no part of any outstanding project. I had abandoned my old role of impresario, propagandist, and artist in one, many fresh factors having appeared to bring about the change.  

これより先の話は、用意していない。これより以前の時期全体を通して、目に見える形で、途切れなく一貫性を持つような、1924年から今日までの私の様々な活動(1943年)について、記録を付けることが困難だった。前章までに述べた案件が片付いたあと、12ヶ月間の内に、私は音楽関係の仕事への直接的な関与から手を引き、その後数年間復帰しなかった。確かに、毎シーズン演奏会で指揮をしたり、単発的に歌劇の指揮をしたりもしたが、それらは私が企画運営したものではなく、注目を集めるような大きな企画の一角を成すものでもなかった。多くの新鮮な要素が、変化をもたらしつつあったことも有り、私は昔からやっていた、興行主、音楽を世に広める伝道師、そして一本立ちした音楽家、このいずれの役割も、自ら手放したのである。 

 

477 

A new opera company had risen upon the mins of the old, younger musicians were coming to the front, and, more important than aU, the invention of radio held the threat of revolutionizing the social body of the land. When I had finally completed my commercial labors, the England which I surveyed had undergone some marked changes and for the time being stood in no need of any enterprise of mine. This phase continued until the collapse or ill-success of one venture after another brought me back toward the close of the twenties into the arena of practical musical affairs. Meanwhile I had availed myself of an immunity from managerial cares to ejriend my purely artistic work to other countries. I appeared regularly in nearly all the great continental centers and in 1928 paid my first professional visit to the United States. In 1931 I brought back the Russian opera to London; in 1932 I founded the London Philharmonic Orchestra and in the same year renewed my association with the Covent Garden Opera House, From that time until the outbreak of war I held there the post of Artistic Director and during our various seasons introduced to London a fair number of new works, of which the more notable were the Angelina, of Strauss, the Koanga of Delius, the Schwanda of Weinberger, and the Don Juan de Manara of Goossens. In the concert room the London Philharmonic Orchestra had earned a reputation second to none in the world and took part in the bulk of the important concerts of the metropolis. While the fatality of war has proved powerless to interfere with the career of the orchestra, it closed the doors of Covent Garden, for without the cooperation of French, Italian, German, and American artists, no further seasons of international character could be undertaken. In 1940 I fulfilled a long standing promise to visit Australia and, on the conclusion of a lengthy stay, made my way to Canada and later on to the United States, where I have since been resident.  

古い歌劇集団が瓦解してゆき、その瓦礫の山からは、新たな歌劇団が立ち上がり、若手の音楽家達が第一線に躍り出てきた。もっと大事なことは、ラジオの登場である。イギリス社会全体をひっくり返すような、そんな脅威を、このラジオというものは持っていた。音楽以外のビジネスに関する仕事を、一切完了してから、イギリス全体の様子を俯瞰してみると、色々な変化が生じており、しばらくは私が思い切った取り組みをしなくても済みそうだった。この状況はしばらく続いたが、様々な音楽関連の事業が、一つまた一つと、崩壊してしまったり、上手く行かなかったりとするにつれて、1920年代終盤に向けて再び私が現場の音楽関連の仕事に関わるようになってきた。一方で、私は自分がマネージメントの責任を負うような取り組みからは遠ざかり、純粋に音楽への取り組みを拡大してゆくべく、海外での仕事に臨んだ。ヨーロッパの、ほぼ全ての主要都市において、定期的に出演を果たし、1928年には、初めてアメリカ合衆国での舞台に立った。1931年にはロシア歌劇団のロンドン公演を久しぶりに行った。1932年にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を設立し、同年、コヴェント・ガーデン歌劇場との契約を更新した。そこから第2次世界大戦勃発までの間、私はコヴェント・ガーデンの音楽監督を務め、その間、多種多様な内容の公演期間を開催する中で、多くの新作オペラをロンドン市民に紹介した。代表的なところでは、「アンジェリーナ」(シュトラウス)「コアンガ」(ディーリアス)「バグパイプ吹きのシュヴァンダ」(ヤロミール・ヴァインベルゲル)「マニャーラのドン・ファン」(ユージン・グーセンス)などがある。演奏会では、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団の評判は世界最高レベルとなり、ロンドンでの重要なコンサートの多くに出演した。戦争が避けられない状況となり、オーケストラが機能しなくなってしまったため、コヴェント・ガーデンは閉鎖となった。フランス、イタリア、ドイツ、そしてアメリカの歌手や奏者達が対応できなくなってしまい、様々なお国柄を特色とする公演期間が、これ以上できなくなってしまったからだ。1940年には、長年の約束だったオーストラリア訪問を果たし、そこで長期間滞在した後、カナダへ向かい、その後アメリカ合衆国へ渡り、現在はそこで暮らしている。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=B2VE-eGEfjk 

Frederick Theodore Albert Delius (1862-1934) 

La Calinda from Koanga 

Sir Thomas Beecham (1879-1961), Conductor 

London Philharmonic Orchestra 

Rec. 11 February 1938, in London 

ラ・カリンダ - 歌劇「コアンガ」より 

 

英日対訳:T.ビーチャム自叙伝A Mingled Chime第40章(1/2)復活に向けて/戦争の爪痕/ディーリアスの死

A MINGLED CHIME 

彩華に響くチャイム 

 

40. RECOVERY  

40.復活に向けて 

 

453 

Up to this moment I had known very little of Louis Nicholas. Although I had met him on various occasions during the past four or five years, it was always in company with others, executors and lawyers who were, so to speak, on the other side of  the table. But from the moment I made it clear that I was out for business and ready to devote all my time to it, he too was seized with the urge to set about the task. Fortunately the senior executor, who was also chairman of the board, was a man of sound practical sense who gave us willing and regular support, and a little later on we had the cooperation of my brother, who until now had been giving all his time to the administration of the St. Helens business.  

この時点で、私はルイス・ニコラスに関して、ほとんど情報がなかった。彼とは、ここ4,5年の間に、色々な機会に会っていたはずなのだが、いつも他の人達が一緒だったのだ。それも、遺言執行人達だの、弁護士達だの、いわば「相手側」の人達と一緒だったのである。だが、自ら仕事に乗り出して、時間を全てつぎ込もうと、ハッキリ決めた瞬間、彼の方も、やるべきことに取り組まねばと、尻を叩かれる形になった。幸いなことに、遺言執行人達の筆頭は、会の取りまとめ役でもあり、実務に対するしっかりとした意識を持っていた。私達に対して、快く、正式に手を貸してくれるようになり、少し後には、弟の協力を得ることになった。弟はそれまでずっと、父の事務所の仕事に、フルタイムで取り組んでくれていた。 

 

454 

The plan in front of us was simple and divided into two parts, like the Estate itself, which consisted of the market and a further half dozen acres on which were theaters, hotels, office buildings and even churches. At the inception of the scheme in 1918 the amount owed to the former owners was £1,500,000; to the bank £500,000; and to the Residuary estate £575,000; and although the bank loan had been considerably reduced it was still standing at a high figure. The two courses indicated were to sell as much of the non-market portion as possible and to increase the revenue of the remainder. The moment was not inauspicious, for ground values were rising and the leading marketeers having all done extremely well in the War had money to invest. The detailed proceedings of commerce never fail to be tedious in narrative, and it is no part of my intention to bore the reader willingly. It is enough to say that for over two years I sat daily in the newly built offices of the company and completed satisfactorily the labor we had undertaken by selling over a million pounds of property and materially increasing the revenue of the balance. These transactions, aided by the accumulated profits of the business, wiped away a large slice of our load of debt and paved the way for the retirement of the executors and the termination of the Chancery proceedings. The ultimate plan we had in mind was a public flotation of the sort that had been intended nearly ten years earlier; but before this could be undertaken it was necessary to remove from our path the Receiving Order, which all this while had been lying harmlessly dormant. The executors therefore applied to the Court for permission to pay on my behalf a portion of the business income that had been amassing during the past five years to the Official Receiver, who rejoiced greatly and departed from our midst. This stirring event took place in the spring of 1923, and although the Order had been next door to a dead letter, it was none the less a relief to get rid of it, as its existence served to remind that there was an ever-present cloud in my sky.  

私達に対して示された計画は、無駄のないもので、2つの部分に分けられるものだ。この不動産物件そのものである。ここは、半分は市場、そして残りの半分をしめる数エーカーの土地には、劇場、ホテル、オフィスビル、それに教会まであった。1918年の計画開始時には、従前の所有者達に対しての未支払いは150万ポンド、銀行へは50万ポンド、そして残余財産は57万5千ポンドだった。そして、銀行のローンは大幅に目減りしていたとはいえ、依然として金額は高いものだった。示された2つの道とは、市場で売買できない部分の大半を、出来る限り売却してしまうこと、そして、残りの収益を増やすことだった。機は不吉なり、という状況ではなかった。なぜなら、地価は上昇しており、大戦中にしこたま儲けた市場商人達の主だったところは、投資に回す金を持っていた。商取引に関することの進展など、物語本の中では読んでも退屈に決まっているので、あえて読者の皆様を飽きさせるいとなど、私には毛頭ない。以下の記述で十分であろう:2年もの間、私は毎日、新たに建てられた会社の事務所のあちこちで、席については引き受けた仕事をしっかりと完遂していった。そのために、100万ポンド以上の資産を売却し、預金残高の収益を大幅に増やした。これらの処理は、ビジネスの収益が積み重なっていったことにも支えられて、山のようだった負債の大半を一掃し、遺言執行人達の退任と、大法官庁の手続きを終える道筋をたてた。私達が頭に描いた計画は、資金調達のための新株発行のようなもので、実は10年ほど前に既に計画されていた。だがこれを実行に移すには、私達が脱出しなければならないものがある。破産財産管理命令である。これはこの間ずっと、無害な状態で休眠状態にあった。ここで遺言執行人達が、裁判所に対して許可申請を出す。この5年間で大量に集まったビジネス上の収益の多くを、破産管財人に対して支払うべし、というものだ。管財人にしてみれば、大喜びであろうし、私達との関わりの渦中からおさらばすることになる。この感動的とも言える出来事は、1923年の春に行われた。今回の破産財産管理命令は、事実上「配達不能となった手紙」同然の状態ではあったものの、これがなくなることは、一安心である。なぜなら、この存在は私にとっては、美しい青空に残る、薄汚い雲のようなものだからだ。 

 

455 

But this period taken as a whole was without doubt the most trapquil and orderly that I had known since my first entrance into public life. The settled routine of oEce work furnished the most complete contrast to that of the opera house, where such things as regular hours were a frank impossibflity. It had not been an uncommon experience for me to spend the entire day in the theater, conduct a performance at night, and remain there until well into the early hours of the next morning, Esposing of problems that had arisen out of the belatedness of a production or the sudden inEsposition of a singer. During one particular season I did not leave the building for a moment during three days and nights, sleeping on a sofa in my room.  

色々あったが、前述の期間というのは全体を通して、私が社会人としての生活を始めるようになって以来、それまでで最も穏やかで、秩序のあるものだったことは疑いの余地はない。事務所の仕事はルーチンが安定していて、歌劇場での仕事とは正反対である。歌劇場での仕事など、定時で仕事をこなすなんて、土台無理な話だ。丸一日劇場に居て、夜になったら指揮台に上がって、日付が変わる深夜まで居残り、上演準備が遅れたり、歌手が突然嫌気を見せたりと言った問題が持ち上がれば、これを処理してゆく、そんな状態が、私にとっては非日常的な経験ではなかったのである。あるとき、1回の公演期間中、3日3晩劇場に缶詰になったことがあった。その時は、私の執務室にあったソファーで睡眠をとったものだった。 

 

456 

Looking back on my business years, I cannot but believe that they were a fortunate interlude in every way beneficial for me mentally and physically. For over a decade and a half I had been working at high pressure with little opportunity for recreation, and the aflEairs of the musical world had become a slightly unhealthy obsession. The migration into an wholly different environment reestablished an equilibrium slightly unsettled by the prolonged concentration on a single task, and the contact with a class of mind which looked with another vision upon the interests which had been of paramount importance to me, helped to readjust it upon a steadier basis.  

音楽から離れて、普通のビジネスをしていた時期を、今(1943年)振り返ってみると、精神面でも実務面でも、私にとってあらゆる意味で、幸運な「間奏曲」であったことは、信じがたいことである。10年半もの間、私は猛烈に働き、余暇の機会など殆どなかった。そして音楽界の諸事情は、若干不健全な憂うべき状態となっていた。私の方は、それまでとは全く違った環境へと身を投じ、一つの仕事に集中することが長期化することで、若干安定を欠いていた平衝状態を立て直した。そして、私にとっての最重要事項であった「利益利潤」をベースにした、今までとは違うビジョンをもって物事を見つめるという考え方に触れたことで、より一層安定した基盤を、再度整える役に立った。 

 

457 

I was fortunate too in the character of the job I had undertaken, which had none of the tedious round of ordinary office duties. For it was no typical commercial concern I was assisting to direct and develop, but a highly complex organization with an individual system of its own. The Covent Garden market, although constituted as we know it today in 1825 , is of much greater antiquity, being formerly the convent garden of an ecclesiastical establishment of the middle ages. Through centuries it grew from the modest state of a private possession to the proud position of the world’s most famous entrepot for fruit, flowers, and vegetables. The produce of every quarter of the globe finds a way into its shops and stalls, and London throughout the year has a fuller and more regular supply of them than any other great center. Working under a Royal Charter, it is a community picturesquely set apart from most others, vaunting a police contingent of its own and a group of public houses freed from the customary restrictions of licensing regulations. Most of the heavy work that goes on, the arrival and unloading of goods in trucks and lorries, begins about eleven at night and continues through the earlier part of the morning. By six o’clock in the evening an area that for about eight hours has been the most congested in the metropolis takes on the appearance of a deserted village, through which one may stroll without meeting any but a few officials or passers by. But while the machine is running at top speed the scene to the casual visitor is one of bewildering confusion and creates the impression that no method yet invented can ever restore it again to a condition of seemliness and calm.  

同時に私は幸運にも、引き受けた仕事が、よくある「退屈でありきたりな義務的事務仕事」などでは、全く無かったのだ。というのも、私が力を貸して指導し発展させたことは、典型的な「お商売」とは無縁のものであり、個々の独自のシステムを持ち合わせた、高度に緻密さを持ち合わせた構造であった。コヴェント・ガーデン市場とは、今日私達が知るように、1825年に設営されたものだが、古めかしさを大いに湛える場所だ。市場ができる前は、中世には、教会関係の建物の中にある、修道院の庭(コヴェント・ガーデン)だったのである。何百年もの時代を経て、この何の変哲もない、一部の関係者の所有物は、世界で最も愛され知られる商店街という、名誉ある地位を得た。市場には、果物や生花、それに野菜が溢れている。世界中の産物が、この市場の固定店舗や露天商店へと集まってくる。ロンドンには1年中、こうした世界中の産物が、途切れなく定期的にもたらされる。各国の中心的大都市を色々見ても、こんなところは他にない。英国王室の勅許のもとで機能するこの地は、絵のように美しく、他の多くの地域とは一線を画す。どこに出しても恥ずかしくないような、自前の警備警察組織を持ち、公に人が集まるいくつかの施設は、許可規則に関する慣例的な規制は一切ない。重労働を伴う仕事の大半は、トラックや荷馬車の発着対応と荷物の積み降ろしである。これは夜の11時から始まって、翌日の午前中の早い時間まで続く。夕方6時まではずっと、それまで8時間ほどはこのメトロポリスで最もごった返していた場所も、さながら廃村の様相を呈する。この時間帯は、ちらほらと役人連中だの、たまたま通りすがった通行人だのといいたところ以外は、誰にも出くわすことはないだろう。だがこのエリアの機能が、フル回転している間は、よそからたまたまやってきた人間がこれを見たら、驚くような混雑ぶりであり、きっとこんな印象を持つだろう「既存のやり方では、もとの円滑で平穏な状態には、戻せないのではないか?」 

 

458 

From time to time proposals have been advanced to shift the market to some outlying and less centralized locality, where it might interfere less with the transit of private motor cars or perambulators. These have generally emanated from that type of political brain which finds its greatest happiness in uprooting some ancient and useful institution. In the present instance it was entirely overlooked that it is in the nature of a market to be a hub, and the more thronged it is, the more unmistakably is it fulfilling the purpose for which it exists. But moving around historic landmarks, together with thousands of persons whose occupations are linked inseparably with them, offers no difficulty to that mechanized species of intelligence, which, in this writer’s opinion, is one of the major curses of an age, whose respect for the value and dignity of human life is less than has been known for a thousand years.  

この市場を移転してはどうかという提案が、これまでも幾度が出されている。政治経済文化などの活動が、比較的集中しすぎないような郊外へ移すというものだ。そうすることで、ロンドン市民の乗用車であるとか、幼子を載せたベビーカーの通行の弊害を、減らしていこうというわけである。こうした発想は、概して政治家の脳みそからわいてくる。昔からの、人々の役に立っている施設を、引っこ抜いて根絶やしにすることに、至福を感じる脳みそだ。コヴェント・ガーデン市場に関して言えば、完全に見落としていることがある。それは、これが通商・往来の要衝が持つ性格なのだということ、さらに言えば、混雑の度合いが凄まじくなるほど、その存在目的を間違いなく果たしていることの現れなのだということだ。だが私自身、こうした歴史を持つランドマークを色々と廻り、そこに必要不可欠な関連事業に取り組む大変多くの人々を訪ねる中で、これは本書のペンを執る私個人の意見だが、単調な知性を持ち合わせて、何の苦労もない公僕共は、今の時代において、大いに呪うべき存在の1つである。奴らは、人間が暮らしてゆくことの、価値と尊厳に対して、人類史上この1000年の間で、もっとも低い敬意しか抱いていない。 

 

459 

My freedom from the responsibilities of musical management had given me more opportunity for travel, and in 1922 I went over to Germany. My first point of call was Cologne, and I stopped at the hotel which I had known before the war. The manager related how severely they had suffered from the air raids of the Allies, not so much through actual damage as from the noise of the machines, whose constant comings and goings had robbed the inhabitants of sleep for about six weeks before the armistice. The train which took me along the Rhine to Wiesbaden had no blinds on the windows, and as it was a very hot day the journey was distinctly unpleasant. Homburg, which I remembered as a fashionable and flourishing spa, was almost empty, and an air of gloomy desolation hung over the place. One day I drove into the pine woods to a large chalet for lunch, which formerly at this time of day was crowded with people of every nationality. Two waiters attended to my wants, one of whom before the war had been at the Midland Hotel in Manchester, while the other had looked after the floor in the Grand Hotel, London, where Jimmy White had had his first suite of offices. They both asked me if I could take them back with me, but I reminded them ihat the French and British armies of occupation were still in their country and, from what I knew, were likely to remain there for some time. Until their departure and for some time after it, I felt certain that no ex-enemy alien would be admitted to England to take up any kind of job.  

音楽関係のマネージメントから開放されたことで、遠出をする機会が増えた。1922年、私はドイツを訪れた。私の何よりの行きつけの街はケルンである。宿は戦前から馴染みのホテルを取った。支配人からは、連合国軍側の空爆に、大いにやられたこと、それも、物が壊されたこともさることながら、終戦前6週間は、航空機だの防空兵器だが、四六時中行き来する騒音で、住民が眠れなかったことに触れていた。ライン川沿いを走る列車に乗って、ヴィースバーデンへ向かった。車窓にはブラインドがなく、丁度その日はとても暑い日で、不快極まりない列車の旅となってしまった。ホンブルクと言えば、私の記憶では、流行の先端をゆく繁栄した都市だったが、この時は人気がほとんどなく、不気味な荒廃の気配が街を覆っていた。ある日、私は車で松林の中にある、アルプス地方の伝統的な木造家屋「シャレー」を車で訪れた。昼食を取るためである。以前なら、毎日この時間帯は、世界中からやってきた人々で混んでいた。ウェイターが2人、給仕に当たってくれた。そのうちの一人は、戦前にマンチェスターのミッドランド・ホテルで働いていたという。もう一人は、ロンドンのグランド・ホテルで、フロアの担当をしていたという。グランド・ホテルといえば、ジミー・ホワイトが彼の最初のオフィス業務用のソフト関連を備えた場所である。二人とも私に対し、イギリスへ連れて帰ってくれないかと、願い出てきた。だが私から彼らには、英仏による占領体制は依然として続いており、もうしばらくそれは続くと認識していると伝えた。彼らが出国できるようになるまでの間、そしてしばらくその後も、大戦中の交戦国出身者は、職を得ようとしての英国入国は、きっとかなわないと、私は思っていたからだ。 

 

460 

Frankfurt proved to be a little brighter, but the shadow of defeat darkened the atmosphere there also, and the cycle of the mark’s dizzy flight into a financial stratosphere had already begun. It was in this district that a year later I witnessed a spectacle calculated to turn white in an hour the hair of any Victorian economist and pull down for all time from its high seat the majesty of paper money. In one portion of it, under French (or English) control, the value of a cow was in the region of fifteen of our pounds, while a few miles off, where a mark was the unit of currency, a sister of the same animal could have been bought for a penny.  

フランクフルトは、これよりは明るさがあったが、それでも敗戦の落とした暗い影の空気感が立ち込めていたのは、同じだった。そして、ドイツ・マルクの繰り返される国外への流出により、金融体制の切迫感が、既に始まっていた。フランクフルトと言えば、この旅行の1年後に、お高く留まっていた経済関係者の誰もが、たちまち髪を真っ白にして、紙幣の威厳が地に落ちるという予言が実現した光景を、目の当たりにすることになる場所だ。その一例をご覧に入れよう。フランス(あるいはイギリス)の占領管理下で、彼の地の乳牛の価値が、1頭あたり15イギリスポンドなのに、数マイル離れたドイツ・マルクが通貨単位の場所では、同じ牛が1ペンスで買えてしまうのだ。 

 

461 

From here I went through Strasbourg to Paris, which I had not seen since the spring of 1919 when it was filled with the envoys of fifty nations and their satellites, and almost in a state of carnival. This time I could not help noticing how much more slowly it was recovering than London; and how the French seemed to have been hit more severely by the war than the English. The general tone of the city was subdued, some of the old restaurants had fallen by the way, and the cuisine in many of the others was not as in olden days. I went out to Fontainebleau to see Delius and was worried by his appearance, which had deteriorated since his last visit to London two and a half years ago. I questioned his wife, who admitted that he was having trouble with his eyes and a general lassitude in his limbs. As I scrutinized him, I recalled the vigorous athletic figure that had climbed mountains with me only fourteen years before. He was not yet sixty and had no business to be looking like that. I begged them to call in a specialist, as they were employing a homeopathic doctor, and they promised to do so. I did not see him again for some years, when I learned that my advice had not been followed, that the malady which then had been in an incipient stage, had taken a firm grip of him and that it was almost too late to save the situation. I made one more effort by bringing over from London an authority on such cases, who prescribed what it was ascertained afterwards was the only course of treatment likely to be effective. But once again the blind belief in homeopathy prevailed and nothing came of it. The disease took precisely the course my expert had predicted, and Delius, although surviving another eight years, spent the last six of them in total blindness and paralysis.  

ここから私は、フランスに入り、ストラスブール経由でパリに入る。パリを訪れるのは、1919年の春以来だ。その時は、55カ国の特命全権大使達と、その衛星国の公使達が集まってきていて、さながらカーニバルの様相を呈していた。今回訪れたときには、ロンドンよりも復興のペースが、うんと遅いような気がしてならなかった。フランスの戦時中の被害は、イギリスよりも遥かに甚大であるように思えた。街は全体的なトーンとして、気分が沈みがちであり、昔からあったレストランの一部は落ち目であり、世界に誇るフランス料理は、その多くがかつての姿ではなかった。私はフォンテーヌブローまで足を伸ばした。ディーリアスに会うためである。私が彼の様子に不安が心に芽生えた。2年半前、ロンドンに最後に来てくれて以来、すっかりボロボロである。奥様に訊ねてみたところ、両目を患い、四肢の力は落ちていることを認めた。彼をまじまじと見つめるにつれて、たった14年前に、私とともに山々を踏破した時の、力に満ちたガッシリとした姿が思い起こされる。まだ60歳にもなっていないのに、こんな姿になるいわれはないのだ。2人はホメオパシー療法の医者なんぞに頼っているものだから、私は、是非とも専門医の診察を受けるよう、強くお願いした。その時は、2人共、わかったと言って約束してくれた。数年会わなかった後、2人が私の言うとおりにしなかったことを知った。フォンテーヌブローで再会した時点では、病状はまだ初期段階だったのに、ホメオパシー療法が功を奏さず、病気は彼をガッチリと咥えこんでしまい、もう手遅れになってしまっていた。私は一縷の望みとばかり、ロンドンから専門医を連れて行った。この医師の処方並びに指示は、これしか効果がないであろうことが、後に確認できたのだが、ここでもまたもや、ホメオパシー療法を盲従する2人は、そちらのほうが良いとして、聞く耳を持たなかった。病状は、私が連れてきた専門医の言ったとおりになり、本来ならあと8年は生きられたはずのディーリアスは、最期の6年間、全盲と全身麻痺の状態になってしまったのだ。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=T1F8L6LSL2Y 

Wagner : The Flying Dutchman - Overture 

London Philharmonic Orchestra 

Thomas Beecham 

英日対訳:The Northern Fiddler北の大地のフィドラー達('79/'85)第18回 3部(3/8) コン・カシディ~インタビュー

THE NORTHERN FIDDLER 

 

OAK PUBLICATIONS 

London / New York / Sydney / Cologne 

 

https://dev.session.nz/wp-content/uploads/tunebooks/The_Northern_Fiddler.pdf 

本拙訳の原書はこちらからどうぞ 

 

 

p 127 

 

Con Cassby 

コン・カシディ

 

-2- 

 

The musical tradition of Donegal experienced several transformations over the years. The oral history of the area clearly indicates definite periods of transition and development. We can only rely on this folk memory and an analysis of the repertoire and styles that have come down to us in order to characterise the different stages in the music. Certain patterns are known for certain. Beginning in the late eighteenth century there existed a highly skilled sub-culture of travelling musicians in Donegal who exerted a strong influence on the instrumental dance music of the region. Their favorite instruments were the fiddle, the Highland bagpipes and, less often, the uilleann pipes. These traveling players were possibly the last link between the peasantry and the older court culture of the Gaelic order. The inaccessible and mountainous country of Donegal and probably become a place of refuge for these musicians in a time when the court culture was being suppressed by the English. It was the intervention of the harpers, poets and clan pipers into the musical life of the peasantry that radically affected the direction of music throughout Ireland. In Donegal where instruments were scarce the farmers absorbed the music of the traveling musicians through the medium of a complex style of mouth music. All the fiddlers we talked to agree on this one point: that before the fiddle became widely used for dances there existed an elaborate style of lilting, or mouth music, that accompanied the dances. This lilting tradition existed alongside the instrumental tradition and may have been older but eventually supplanted by it. 

ドニゴール県の音楽は、長い年月の間に、様々な変貌を遂げながら、受け継がれてゆきました。この地域の言い伝えを紐解けば、移り変わり、発展していった時期がいつだったのか、明確に特定できます。私達の頼みの綱は、2つだけ。1つは、人々の間に言い伝えられているこの記憶。もう1つは、私達にもたらされた、この音楽の、様々な段階での特徴を描くべく、レパートリーや演奏の仕方を分析したものです。実はいくつか明確に、知られているものがあるのです。18世紀に始まった、高度な技術を要するサブカルチャーが、かつて存在していました。担っていたのはドニゴール県をめぐるミュージシャン達です。彼らはこの地方の、器楽伴奏によるダンス音楽に、強い影響を及ぼしました。彼らが好んで使用した楽器は、フィドル、ハイランドバグパイプ、それとこの2つほどではありませんが、時折イリアンバグパイプも使用されたのです。おそらく彼らドニゴール県をめぐるミュージシャン達こそ、この地方で働き暮らす人々と、イギリス統治以前のアイルランド王朝文化とを、取り持つ役割を果たした最後の者達であったと、考えられています。ドニゴール県といえば、交通の便が悪い山岳地帯です。ここは、旧アイルランド王朝文化が、イギリスによって圧力を受けていた時代に、こうしたミュージシャン達が、密かに身を寄せた場所であると、思われます。ここに加わり仲立ちしたのが、竪琴弾き、詩を吟ずる人、それとバグパイプ吹き達です。彼らはこの地方で働き暮らす人々が、日々楽しむ音楽のある暮らしへと入ってゆき、アイルランド全体の音楽の方向性に、大きな影響を与えました。本物の楽器など、ほとんどお目にかかることのなかった、ここドニゴール県では、この地方で働き暮らす人々が、夢中になったのが、まわってやってくるミュージシャン達の音楽の持つ、スコットランドの伝承唱法「マウス・ミュージック」と呼ばれる、楽器を口真似する奏法です。私達が取材で話しをさせていただいたフィドル奏者の皆さん全員が、口を揃えて指摘したのが、フィドルがダンスに広く用いられるようになる以前には、踊りの伴奏には、手の込んだリルティング(軽快な歌い方)、あるいはマウス・ミュージックが用いられていました。このリルティングですが、楽器を実際に使う奏法と共存しつつ、受け継がれてきました。リルティングのほうが歴史は古いのですが、結局は楽器を実際に使う奏法に、取って代わられたのです。 

 

According to the local musicians, it was a lilting style completely unlike anything heard today in other parts of Ireland where lilting is still practiced. The mouth music possessed a distinct repertoire of tunes, many of which disappeared with the lilting style when the fiddle became popular. Since there was a period of time when the instrumental and vocal dance music traditons co-existed, there must have been a cross-influence of style. Some of the old lilting sound can still be heard in the graceful fiddling of Con Cassidy, the last active fiddler to be found in the fishing village of Teelin today. He is a first cousin of John and Frank Cassidy, two legendary fiddlers who helped make Teelin a centre among the coastal villages for country house dancing during the two decades between the First and Second World Wars. In talking to Con, a man in his mid-sixties, I was surprised to learn that the practice of local fiddling in Teelin dated back only to the opening years of the century. Before that it was either the local lilters or traveling musicians like the McConnells and the Dohertys who provided the music for the country house dances. It was John and Frank Cassidy along with other men of their generation born just before the turn of the century who picked up fiddling from the Doherty and McConnell families. They drew on the music of the traveling musicians and the tunes of the older generations of lilters in order to forge a local Teelin style of dance music. Con insisted that any fiddlers who happened to play before the time of the Cassidys in Teelin were 'scrapers' who had only mastered the very basic rudiments of the instruments and played only a few tunes. He could only remember one such player. I asked him how he could be sure that there weren't good fiddlers in Teelin 100 or 150 years ago. He answered me simply: 'Our parents would have mentioned any good fiddler to us.' He was right. In Teelin, a community that has persisted in speaking Irish when it has gone out of fashion in nearby villages, the folk memory is a long one, and singers and dancers who lived generations ago are still talked about. 

この地域のミュージシャン達によりますとリルティングの奏法は、今日でもアイルランドの他の地域で行われ、人々が耳にするものがありますが、当時のものはそれと比べてると、全く似ていないものです。マウス・ミュージックに特有のレパートリーというものがあります。その多くは、フィドルが人々の間で愛好されるようになったことと同時に、リルティングとともに、消え失せてしまいました。器楽によるダンス用の音楽と、口三味線で行う踊りの音楽とが、共に存在していた頃から、お互いに影響しあっていたことは、間違いないと推測されています。今は聞かれなくなったリルティングが、どのような演奏を聞かせてくれたのか、それは今尚、コン・カシディさんの優雅なフィドルの演奏に、名残を聞くことが出来ます。コン・カシディさんといえば、現在ティーリンの漁村で活躍を見せてくれている、フィドル奏者の生き残りです。彼はジョン・カシディさんとフランク・カシディさんにとって、最初のいとこに当たります。ジョンとフランクと言えば、フィドル奏者の中でもレジェントとされ、両大戦の狭間にあった20年ほどの間、「ティーリンといえば、沿岸部の各漁村にとって、カントリー・ハウス・ダンスを楽しむ中心的存在」と評されるようになった、その後押しをした2人です。コン・カシディさんといえば、60歳も半ばに差し掛かるかたです。お話をさせて頂いた際に驚いたのは、ティーリンで「地元のフィドル」という風に根付くようになったのは、20世紀初頭のことだとか。その前は、地元でリルティングを演奏する者達であるとか、あるいは、マコーネル家やドハティ家のように、地域をめぐるミュージシャン達が、その土地のカントリー・ハウス・ダンスのための音楽をもたらしていたと、考えられます。このジョン・カシディとフランク・カシディのお二人が、彼らと同じ世代の人達と共に、20世紀という折返しの直前で、ジョン・カシディとフランク・カシディが、他の同世代のミュージシャン達とともに、マコーネル家やドハティ家から、フィドルを学んだのです。彼らが利用した音楽は、この地域をめぐるミュージシャン達や、自分達より前の世代のリルティングをしたミュージシャン達の曲の数々です。そうすることで、ティーリンの地元ならではのスタイルを持つ、踊りの音楽を作り上げました。コン・カシディさんによれは、カシディ家がティーリンで活躍する前に、たまたま演奏活動をしていたフィドル奏者達というのは、誰もが楽器の基本的な奏法を覚えただけで、演奏していた曲の数も少なかったことから、彼らに付いたニックネームは、「スクレイパー。」ただ楽器をガリガリこすっているようなだけの人、そういう意味です。まともなフィドル奏者の名前は、1人しか記憶がないとのこと。100年前とか150年前とかには、ろくなフィドル奏者がいなかったなどと、どうしてそんなにも自信を持って言えるのでしょうか。彼にそのとことを訊ねると、簡潔な答えが返ってきました「もし、まともなフィドル奏者がいたなら、両親が教えてくれていたはずです。」コン・カシディさんの仰るとおりです。ティーリンでは、アイルランド語を話すことへのこだわりが、近隣の村々で廃れた頃でさえ、残っていた地域社会では、人々の記憶というものは長いスパンを対象とするものです。何世代も前の歌い手さん達や踊り手さん達のことは、今の時代においてさえ、人々の話題に登るものなのです。 

 

p128 

 

What can be gathered from the development of dance music in Teelin is a recent model of a process that must have affected other Donegal communities over a two hundred year period. In this process of musical change, isolated communities possessed a tradition of vocal music as a result of their exposure to instrumental music through the repeated visits of traveling musicians eventually learned to play these instruments themselves, and abandoned the vocal music. Con Cassidy pointed out that singing as well as lilting suffered from the popular taste for fiddling and ceased to be as common a practice at the house parties as it once was. 

ティーリンの踊りの音楽がどのように発展してきたか、それについて集めることの出来た情報は、200年間にも亘り、ドニゴール県の他の地域社会にも影響を及ぼした過程の、最新のモデルなのです。音楽の有り様が変わってゆく、その過程の中を見てみましょう。横のつながりのなかった各地域社会は、昔から伝わる、人間の声による音楽演奏の仕方を持っていました。そこへ、各地域をめぐるミュージシャン達が、くり返し訪れることで、器楽演奏の影響を受け、自分達で演奏できるようになりました。これにより、人間の声による音楽演奏は、行われなくなったのです。コン・カシディさんによれは、歌詞をつけての歌にせよ、軽快なリズムを全面に出したリルティングにせよ、人々がフィドル演奏を好むようになった影響を受け、かつてのように、家庭での宴で演奏されることが、無くなりました。 

 

Since the adaptation of the fiddle by the rural communities was staggered over two hundred years, and due to the fact that the various districts were often separated by natural boundaries and bad roads, several styles of fiddling sharing common characteristics developed in Donegal (see appendix on fiddle styles). 

地方地域でフィドルを採り入れた演奏を行うようになるものの、それは200年にも亘り、不安定な状態でした。そして各地域は、天然の要害や悪路によって、横のつながりがしばしば無くなりました。その結果ドニゴール県では、同じような特徴を共有するような、各個独特なフィドルの演奏方法を発展させていったのです。 

 

(photo on p128: Farmhouse. Glencolumbkille, Co Donegal) 

 

p129 

 

When we first met Con Cassidy he claimed he could give us only a half hour's worth of music as he was out of practice. That first session lasted well into the early hours of the morning. Since that time we had had many sessions in which Con unearthed some of the lovely tunes which were played at the dances fifty years ago. He plays in a light quick-fingered style which Frank Cassidy had adopted from the playing of Alec McConnell. Like the other Teelin fiddlers of that generation, Con steers away from playing in what is known as the 'Pipers' style' with its attempt to duplicate the droning sounds of the Highland pipes. The effect of his playing is that of a long continuous flow of melody, as opposed to the more rhythmic staccato short-bow style that is popular in Glencolumbkille and in Kilcar. In the following interview, Con and his wife Mary Kate talked about the music, the dancing, and a certain quality of life that was once found in Teelin. 

私達がコン・カシディさんと初めてお会いした時、30分しかまともに演奏してあげられない、そうおっしゃっていました。その理由ですが、腕がなまってしまっているから、とのことです。初めての取材のやり取りでは、日付が変わった深夜早々まで続きました。それを皮切りに、何度も沢山やり取りをさせていただいたのです。その中でコン・カシディさんは、半世紀前に踊りの伴奏として演奏されていた、愛らしい曲をいくつも取り出してきて披露してくださいました。彼の奏法は、警戒で指回しが速いのが身上で、これは、フランク・カシディがアレク・マコーネルの奏法から採り入れたものです。同世代の他のティーリンに住むフィドル奏者達と同じように、コン・カシディさんが敬遠している奏法は、いわゆる「バグパイプ吹きの奏法」です。ハイランドバグパイプの持つ、モノトーンの音をそっくり真似るやりかたです。彼の奏法の真骨頂は、メロディの線が、長く途切れないことにあります。これは、グレンコロンブキルやキルカーで好まれているような、どちらかというとリズムを強調して音を短く処理し、弓を短く使う奏法とは、対をなすものです。以下ご覧頂きますインタビューでは、コン・カシディさんと、奥様のマリー・ケイトさんが、かつてティーリンで見かけられた音楽や踊り、そして生活の質の一例について、お話を聞かせてくれます。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=w6AwuXjaHec 

まずはコン・カシディさんのお顔とお声を御覧ください♪ 

 

英日対訳:T.ビーチャム自叙伝A Mingled Chime第39章(2/2)音楽活動の休止と再起の糸口

A MINGLED CHIME 

 

39 . DISASTER  

 

後半 

 

450 

The misguided creatures who had forced the order, and whose claims amounted to no more than a fraction of this mountain of apparent indebtedness, were literally overwhelmed by it and perhaps for the first time realized the fatuity of their action. For the official who presided put the vote to the meeting as to whether there should be bankruptcy or not and inevitably the majority was against. This meant in fact that I stood almost exactly where I had been before these proceedings had been initiated and that none of those who had caused them were a jot the better off. All they had accomplished was to cause an immense amount of trouble and worry to others besides myself, a large expenditure in legal fees, and a widespread publicity that no one could understand. One day an eminent banker meeting me in the street stopped and said: "Tell me, T.B., do you owe or are owed a couple of million, I can’t make out which.” I replied “Both,” which in a way was partly true, but left him more mystified than ever. As for the official receiver whose business it was to call in whatever assets the debtor might have anywhere, the income I was receiving under the scheme of the Court and which had been confirmed to me under a special order was difficult if not impossible of collection; and as everything else was firmly tied up there was nothing for him to do but to sit down like the creditors and wait. As I said at the time, “For what he is about to receive, may the Lord make him truly thankful,” a comment which was considered by the grave and sententious as highly frivolous and unbefitting the seriousness of the occasion.  

指示命令を強要し、明白な負債という氷山の、ほんの一角程度しか結局は挙げない、そんな心得違いの輩共は、文字通り圧倒され、そしてようやく、彼らの所業の愚かさを自覚したことだろう。というのも、管理担当高官が、破産か否かの投票を話し合いで投じ、必然的に反対多数であったからだ。これはつまり、実際には、これら一連の手はずが行われる前から、私の立ち位置は以前通りであり、これらを引き起こした輩共は、誰一人として、少しもまともではなかったということだ。結局引き起こしたことといえば、多大なる騒動、私以外の他の人々の心配、法的措置にかかる費用、そして、誰も理解し得ないようなことの広範囲に向けての宣伝であった。ある日町中で出会った、とある著名な銀行家がこう言った「トーマス・ビーチャムさん、結局あなたは数百万もの負債を、負わせているのか、負っているのか、私にわわからないので、教えてくれませんか?」私の答えは「その両方です。」ある意味、部分的には正しい答えであるが、彼を余計混乱させてしまった。債務者が、どんな場所にでも所有する財産を、何でもかんでも回収するのが仕事の、受け取り担当の公官にとっては、裁判所の管理下で私が受け取り、特別な規定のもと私に確保されている収入については、回収については、不可能とまでは言わないまでも、困難であった。そして、全てがしっかりと結びついていることから、その者は今回の債権者達のように、座して待つのみであった。当時私が申し上げたことだが「彼が何を受け取ろうと、神様がその者に敬意を評さしむように。」このコメントは、重厚堂々たる者にとっては、当時の価値観では、相当不真面目で不適当なことであった。 

 

451 

The basic cause of this solemn “divertimento” lay in the cumbersome and imperfect machinery of the law. Under its provisions it is possible for one person, who may be irresponsible, ill-tempered, or spiteful to precipitate a course of proceedings which may bring a man near to ruin. No single person should have such power or opportunity. In one European country the official in charge takes the matter into his own hands and without the incidence of a needless publicity, investigates the whole circumstances of the case and nurses the debtor’s assets until the creditors can be paid. Thus both sides are adequately protected by an impartial authority, and only when the case is hopeless and it is clear beyond doubt that the debtor can never pay, is he adjudged bankrupt. But with us every solicitor in London knows that the vilest methods of extortion and blackmail are practiced by a group among them who cause petitions in bankraptcy to be made solely for the purpose of creating legal charges, and then count on being bribed heavily to agree to the repeated adjournment of them in order to avoid receiving orders. This scandalous and notorious racket is universally known in the profession and admitted to be an abuse which stands in need of drastic reform, but nothing is done about it. Truly our English law needs a Hercules to sweep clean its Augean stable.  

この厳粛なる「ディヴェルティメント(お遊び)」の、基本的な原因は、方体制の扱いにくさと不完全さにあった。これらの規定の下では、一個人では、責任感がなく、気短で、悪意を持つ可能性もあることから、破滅をもたらすかもしれない一連の事態を引き起こすことも、ありうるのだ。一個人が、そのような力も機会も、手にするべきではないのである。あるヨーロッパ大陸の国の話だが、債権者への支払いが可能となるまでの間、担当官吏は、案件を自分自身が預かり、不要な宣伝はせず、案件全体を調査し、債務者の資産は注意して扱っている。このようにして、債務者も債権者も、双方が公平な立場を維持する当局によって、しっかりと守られる。そして、案件に希望的観測が見いだせなくなり、債務者の支払いが永劫不可能と明らかになった時のみ、その者は破産宣告を受けることとなる。だが私達の案件については、ロンドン中のソリシター達(訴訟事務に当たる弁護士)なら誰もが知っていることだが、下劣極まりない手法での、強奪とゆすりたかりが行われている。張本人は、あるグループの中の一部の者達で、破産請求を引き起こした連中だ。目的は単に、法的請求を立ち上げ、そうすることで、指示命令を受けるのを回避するべく、繰り返される延期に合意するよう、手厚く金品を受けることを期待したのである。この言語道断で不埒な不正行為は、全世界の同業者に知られ、大鉈を振るっての改革が必要な悪事と受け止められている。だが未だに、何もなされていない。誠に、和が英国の法全般が、アウゲイアス王のような不道徳的に腐敗している一群を、綺麗サッパリ一掃してしまうような、ヘラクレスの如き怪力無双の人物が必要なのだ。 

 

452 

By the close of the year the career of the opera company had run its course and for the first time for fifteen years I was without an active interest in music. I gave the whole position the fullest consideration and decided to withdraw from public life until the final determination of my complicated business tangle. There was more reason than one for this. I could not have supported any fresh enterprise, although there was a group of new enthusiasts at hand who would have done so on the condition that I gave my whole time to it. But this I could and would not consent to. I felt strongly that the time had come to take a much more direct share, not only in the control of my own business affairs but of those of the whole estate as well. So far I had left nearly everything in the hands of the executors and their advisers, but after all it was not their property, and it was asking too much that they should show the same zeal and interest in it as the principals. The crux of the whole situation was Covent Garden, and to run it as a commercial enterprise a family company had been formed, on the board of which I was a director. I had never been satisfied even in the days of James White that the most was being made of the potentialities of the estate; they required restudying from beginning to end, and I could see no better way of passing my time than to begin the task. I was also a little out of humor with the musical world. It had somewhat prematurely assumed that my career was at an end, that I could never rise again, and several tearful elegies appeared in the more sympathetic newspapers. From the numerous societies I had worked with or assisted during a period of five and in some cases six years, as well as the hundreds whom I had employed during the same period in the opera house or concert room, I failed to receive a single word of inquiry or condolence. Taking these different things into account, I decided to give the musical world a miss for a while; doubtless some day I would return to it, not again, however, under the old conditions. But to carry out a comprehensive plan for the practical exploitation of the resources of the estate demanded the cooperation of another: a man of ability, technical knowledge, and personal loyalty. I had such a one in mind if he would unite his forces with mine, the Liverpool accountant, Louis Nicholas, our general secretary and adviser, the actual author of the residuary contract, the Chancery scheme, and indeed the whole of my temporary embarrassment.  

その年の終わりまでには、我が歌劇団の事業は軌道に乗った。そして15年目にして初めて、私は音楽の仕事での収入は一切なかった。私は全てのポジションを他の管理に任せ、私の抱える複雑極まりないビジネス上の混乱に対する、最終的な決定が成されるまでの間、公的活動の場から身を引くことを決めていた。これにはいくつか理由がある。私には、新規の企画を援助する能力が、もはやない可能性があった。もっとも当時、もしも私が全面的にテコ入れできるのであれば、そうして欲しいと言う、熱意あふれる一集団があった。だが私は、可能性はあるものの、引き受ける気はなかった。この時の私は、私自身の事業のみならず、不動産資産関連のことについても、もっと直接的に自分が手を出して取り組むべきだと感じていたのである。ここまで、父の遺言執行人達と彼らの相談役達に、ほぼ全て任せてきたが、所詮は彼ら自身の資産ではないわけで、自分達にとって最優先の関心事項であるとの熱意を示せといっても、それは期待し過ぎというものだった。全体の中でも最重要の難問は、コヴェント・ガーデンである。これを商業目的で運営してゆくために、同族者による経営母体が作られており、私が取締役会において、その中心的指示を担っていた。ジェームス・ホワイトが絡んでいた当時から、ずっとスッキリしていたかったのだが、この資産が持つ可能性を、フルに発揮していなかったと考えていた。隅々まで再検証が必要であり、静観するよりも行動を起こすほうがよりと考えた。また私は、当時の音楽界には、いささか不満を持っていた。我が音楽人生は終焉であり、再起不能であり、そう考えるのは時期尚早であった。涙を誘うような悲しい論評が、どちらかと言うと私に理解を示してくれる新聞各紙の紙面に踊った。ここ5年間、場合によっては6年間、私が関わった膨大な数の音楽系団体や、同時期に歌劇場や演奏会場で私が雇った、膨大な数の人々からは、たった一言も問い合わせや見舞いがない。これら様々な状況を鑑みて、私はしばらくの間音楽業界から身を引くことを決めた。私が復帰するのは間違いないが、それは従来の状況下では絶対にない。だが、この資産のもつ資源を有効活用するための、包括的な計画を実行に移すには、能力・実務知識・忠誠心をもつ人物の協力が必要だった。一人心当たりがあった。もっとも彼が力を貸してくれたらの話だが。その者はリヴァプールの主計官である、ルイス・ニコラスといって、私達のことを全般的に手を貸し、助言をくれて、残余契約という、大法官庁の指針であり、当時の私の頭痛の種そのものの対応を立案してくれた人物である。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=KvPyu31yxls 

 

Over the Hills and Far Away (Remastered 2022) · Sir Thomas Beecham · Royal Philharmonic Orchestra · Frederick Delius 

 

英日対訳:The Northern Fiddler北の大地のフィドラー達('79/'85)第17回 3部(2/8)貧しき田舎、豊かな音楽

THE NORTHERN FIDDLER 

 

OAK PUBLICATIONS 

London / New York / Sydney / Cologne 

 

https://dev.session.nz/wp-content/uploads/tunebooks/The_Northern_Fiddler.pdf 

本拙訳の原書はこちらからどうぞ 

 

 

(3部)KITCHEN MUSIC  

 

-1- 後半 

 

At the end of the nineteenth century, which was the period in which most of the fiddlers we met were born, South-west Donegal was a region of severe poverty. It was composed of scattered farming communities of small holdings devoted to subsistence farming. The average farm was less than ten acres, and many were small as one acre. The growing of oats, potatoes and the raising of small quantities of livestock and poultry were the main agricultural activities. The weaving of tweed, and sometimes fishing, were the only activities pursued locally that brought in any hard cash. It was virtually a moneyless society, dependent on a good crop of potatoes, the presence of offshore herring, and the demand for migratory labor in Scotland for its economic continuity. 

19世紀も終わりに差し掛かる頃(私達がお会いしたフィドル奏者の皆さんの多くが生まれたあたり)、ドニゴール県南西部は、厳しい貧困に苦しみました。この辺りは、農業を営むそれぞれの地域社会同士が、地理的に離れ離れになっていました。小作地は小さく、その土地は農家が自家消費の為に充てていたのです。規模は平均で10エーカー未満、多くが1エーカーほどの広さでした。オート麦やジャガイモの栽培、わずかながら鶏や七面鳥の飼育が主なところです。スコットランド南部の手織り「ツイード」の製造や、時には漁業にも取り組んでいましたが、地域社会の中でのみの取り組みで、現金収入もごくわずかでした。事実上、住民は現金を十分に持って生活することができておらず、経済的に生活をつないでゆく頼みの綱は、ジャガイモの収穫がしっかりと上がること、沖合でのニシン漁、それにスコットランドでの出稼ぎの仕事の需要が確保されることなのです。 

 

When any of these factors failed, the consequences on the lives of the people were tragic. Not owing their own land, and often years in arrears with their rent, these communities were under constant threat of eviction by absentee landlords. During this period, Donegal possessed forty-eight per cent of its pre-famine population, which was a fairly high percentage compared to other counties on the West coast of Ireland. Contemporary commentators attributed the relative stability of population to the development of small industries such as knitting and weaving, and to the practice of migratory labor to the Lagan Valley and to Scotland. After the Spring planting, the men would travel to these regions to work as general farm laborers and harvesters. They would return to Donegal in time for their own local harvest. On occasions the women would also work at the herring factories in the Shetlands and the Hebrides. This practice of migratory labor spared the region some of the more traumatic effects of permanent emigration, especially as the people were working in rural cultural environments similar to their own. As we shall see, it was the practice of seasonal migration that reinforced Scottish musical elements into the indigenous tradition. 

これらのどれかが崩れてしまえば、人々の暮らしは崩壊します。自分達が所有する土地を持っていない上に、小作地の使用料を何年も支払うことができずにいたため、こうした各地域は、いつ不在地主達から土地を没収されてしまうか、戦々恐々としていました。この当時、ドニゴール県の人口は、いわゆる「ジャガイモ飢饉」発生前時点の48%で、他のアイルランド西岸地域と比べても、かなり高い率でした。現代(1970年代)、このことについての色々な論評を見ると、人口は比較的安定しており、その原因は、小規模な各種産業の発展(例えば手編みや機織り業)、それに北アイルランドのラガン渓谷や、スコットランドへの出稼ぎ労働のおかげである、とのことです。男性の出稼ぎ労働の方は、自分達の刈り入れの時期に合わせて、地元へ帰ってきます。時に女性達も、ニシン工場へ働きに、シェットランド諸島ヘブリディーズ諸島へと出かけてゆきます。こうした出稼ぎ労働が可能であったお陰で、その地域は、土地を離れて完全に移住してしまうという、心を苦しめるような事態には陥らずに済んだのです。出稼ぎ先の地域文化が、自分達の文化と似ていたことも、押さえておくべきことです。本文をこのあとお読みいただく中で触れますが、彼ら固有の文化の伝統に、スコットランド音楽の要素があてがわれていったのは、こうした季節労働による出稼ぎが行われていたからなのです」。 

  

The description of South went Donegal by the investigation of the Congested Districts Board, Quaker Societies and gentleman travelers, portray an area suffering poverty. Almost all of these commentaries are consistent in a complete lack of comment on the social and cultural life of the people. They tend to depict an apathetic community in a state of paralysis because of the economic conditions. 

ドニゴール県南西部の、当時の様子を調査報告したものは色々あります。アイルランド過集積地区産業振興支援委員会「CDB」、基督友会の各部会、有閑階級の旅行家達など、彼らは「貧困にあえぐ地域である」との描写を行っています。どの論評を見ても、ほぼ全て、彼の地の人々の社会生活や文化活動についての記述が、どれもこれも欠けているのです。こうした論評に見られる傾向としては、「経済状態が原因で、麻痺した状態にある、気力の失せた地域社会」という描き方なのです。 

 

Four rough stone walls, often without any plaster covered with thatch 12 feet by 15 feet, or 18 feet constitute the home of a family of five or ten or twelve persons. The smoke from the peat fire on the hearth, after filling the house, finds its final exit either by the door or the hole in the roof which serves for chimney. There is usually one small window, but as you stoop to enter the low door, the blinding smoke for some time prevents you from seeing the inmates who are usually accustomed to the dim interior light, you find perhaps in addition to the family that a cow is lying in one corner and that there may be a loom at which some native cloth is made, or heaps of fishing nets now useless, alas, and gradually as you further explore the recesses, you see the miserable heap of rags which constitute the bed on which may be a hen is quietly laying her egg. In a few we found the women busily engaged around the little window, embroidering handkerchiefs or beautifully worked fronts for babies frocks for the Belfast market. 

見栄えの悪い石壁が4枚、それも大概は、壁土も施されていない状態で、12✕15もしくは18フィートほどの大きさの草葺屋根が葺かれている家屋には、5~10もしくは12人の一家族が暮らしている。床は岩がゴツゴツしている丘の中腹の石を使用し、その上に小さな家屋が建てられている。そして、炉辺で焚いた燃料用泥炭の煙が、家中に立ち込めた挙げ句に、ドアだの屋根の穴だのから、煙突よろしくモクモクと上がっている。こうした家屋には、大概小さな窓が一つあるが、「にじり口」のような高さの低いドアから、身をかがめて入ってみると、時に視界を妨げるような煙のせいで、家の住人達が大概、ピートやギョリュウモドキを燃やした「熾」(残り火)を前にしゃがんでいるだが、これがよく見えない。家の中の明かりの薄暗さに、十分目が慣れてくると、家の住人達の他にも、おそらくこんなものが、隅の方にあるのが目に入ってくるだろう:横たわる雌牛、地元特産の布を織る機織り機、使われなくなった山積みの漁網、。更に、もっと奥の方をよく見てみれば、みすぼらしいボロ布の山積みが、ベッドよろしく、雌鳥が卵を温めつつ鎮座している。女性が数名、小さな窓の側で忙しく手を動かしている。ハンカチの刺繍、小児用ワンピースの胸当てを美しく仕立てたもの、これらは、ベルファストの市場に出すものだ。 

 

R. Tuke, Report of the Congested Districts Board 1895 

R.トゥーク:CDB報告書 1895年版 

 

The rich legacy that has come down to us from the last century of instrumental and vocal music is an indication that the society, despite its poverty, was not in a state of social apathy. It can be assumed that in post-famine rural Donegal the cultural life of the country house kitchen remained intact and even flourished. This is the paradox of South west Donegal. Under conditions which would have destroyed another culture, the musical tradition survived and even absorbed influences from England and Scotland without losing its essential integrity. The musical tradition was rooted in the communal lifestyle of the people. It was only when these communal structures were severely disrupted in this century that musical activity began to decline. 

19世紀の器楽演奏や声楽から、私達が豊かに受け継ぐものを見れば、彼の地の地域社会は、貧困にも関わらず、「気力の失せた状態」などではなかったことが分かります。ジャガイモ飢饉の後、ドニゴール県の地方地域では、都市郊外の家屋では、キッチンで繰り広げられた文化の様子は、健在であり、むしろ花開いていたとさえ、推測することも出来るかもしれません。これが、ドニゴール県の南西部がもつ、一見相反するような現象なのです。音楽以外の文化については、ともすると破壊しかねないような、数々の状況がある中で、昔から受け継がれる音楽は、生き続けるだけでなく、その本質的な統一感を損なうこと無く、イングランドスコットランドの影響を、吸収することさえしていたのです。彼の地に昔から受け継がれる音楽は、人々が共に暮す、その有り様に根付いています。その地域社会の構造が、20世紀に入り、完膚無きまでにぶち壊されてしまったのに合 

わせて、彼の地の音楽活動の衰退が始まったのです。 

 

 

P122 

 

When the folk of this fishing village began their long walk down the dirt road to another life, the songs and stories passed with the or took on an underground existence buried somewhere in the minds of the emigres. They were part of the texture of that life, and when it ended they were felt behind with the broken bottles and smashed delft. 

この漁村の人々が、別の暮らしを求めて、私達がやってきた舗装の行き届いていない道を、延々歩き始めた時に、彼らが楽しんだ歌や物語は、人々と共に村から出てゆき、見方によっては、人々の頭の中のどこかに、秘密の存在として埋没してゆきました。こうした歌や物語は、それが息づく人々の暮らしを構成する一部であり、人々の暮らしが途絶えれば、廃村に散らばる瓶の破片だの、白地に青で彩色したデルフト焼きの陶器のカケラだのと同じように、そこいらに捨て去られるものです。 

 

(There is one woman from that village who still sings me a song in Irish which wrecked off the coast near the village. She sang in a rough careworn voice, but stopped her singing abruptly and told me she wouldnt sing me the last verse as her father, long since dead, had forbidden her to sing it, for it described how, when the village slept, the timber that they had laboriously taken from the sea was stolen from them in the night.) 

(この村出身のある女性は、今でも折を見て、彼らに伝わる歌を歌ってくれます。ある日のこと、彼女の暮らす地元のパブの、静かな片隅で、私に歌って聞かせてくれた歌は、アイルランド語で、往時の村の暮らしを映し出すものでした。その歌は、当時の村の近くで、沖合で難破した船から、積み荷の材木を救い上げた時のエピソードについてです。彼女は地声で、やつれた感じで歌っていました。ところが突然歌うのをやめてしまったのです。私に向かって、最後の一節は歌えない、とのこと。なぜなら、ずっと昔に亡くなった彼女の父親が禁じたからだとか。最後の一節では、村が寝静まっている間に、村民達が必死で救い上げた材木が、その晩盗まれてしまったことが、歌われているからだそうです。) 

 

A quiet hovered over the roofless houses as I starting climbing the steep brae through what was once the out-fields of the village. I followed the sea cliffs as they climbed steadily towards a plateau that was reminiscent of the mountainous regions of Crete. Above me four hawks glided casually over the sea. Several miles in the distance the coastline and cottages of Aranmore Island were visible: sometimes the wind carried disembodied voices from a nearby glen in my direction. But the proximity to human habitation was illusory. The broken country around me was empty and vacant for miles around. I made my way to the far slope of the brae through tangled country thick with gorse and heather. Below me the deep depression of a glen gradually came into view. It ran from the edge of a lake on my right until it reached the straight line of the sea cliffs. What lay at the bottom of the glen was a sight that transfixed me. I saw the smoke first, and then below it the lone thatched cabin from which the smoke had drifted. Surrounding the cabin were cultivated fields of oats and potatoes and meadowlands where a horse and a cow grazed, ignoring the barking of a dog that had sensed my presence. This hidden farm was at least four miles from the nearest road and situated near a stream that ran the length of the glen, through which seagulls swooped back and forth. 

屋根を失った家々の上には、静けさが漂う空が広がっていました。私はその村の、農家から離れた耕作地だった場所を通って、急勾配の丘の側面を登り始めました。私がたどって歩く海食崖が、途切れず登り続ける先にある台地は、さながらクレタ島の山岳地域を彷彿とさせます。空を見上げれば、鷲が4羽、海の上を気の向くままに滑空しています。数マイルほど先を見れば、アランモア島の海岸線と、小さな農家が数軒見えます。時折風にのって、私の方へと聞こえてくるのが、近くの峡谷からの、人語の響き。人里が近隣に在りや?と錯覚してしまいます。私は周りを見渡します。そこは人里が崩れ壊れた場所であり、空虚で何もない状態が、何マイルも先まで続きます。私は、ハリニエシダだのギョリュウモドキだのが多く茂る、雑然とした田園地帯を通って、遠くに見える丘の急斜面へと、歩みを進めました。目を下の方にやれば、峡谷の深い窪地が、徐々に視界に入ってきます。その窪地は、右手に見える湖の縁から、海食崖の描く直線の方まで、ずっと続いています。峡谷の一番低い場所にあるものに、私の目は釘付けとなりました。最初に煙が一筋、そしてその下には、ポツンと立つ茅葺きの丸木小屋が一軒、そこから煙がたなびいているのです。その小屋を取り囲むような農耕地には、オート麦にジャガイモ、それに馬や乳牛達が草をはむ牧草地が見えます。私が姿を表していることで、犬が吠えていますが、馬や乳牛達はお構いなしです。この人目につかぬように佇む農家は、最も近い道路から4マイルは離れています。佇む傍を流れる川が、峡谷の全長を網羅し、この農耕地を流れてゆきます。これらを通って、カモメ達が滑空しながら行き来していました。 

 

From my perch I could make out the ruins of what had another farmhouse. In its own way a small community had once existed here. I felt the farms held a secret kinship with the fiddlers I had met in these parts; like them, it was an isolated survivor from another age. I made my way down the slippery slope to the cottage a quarter of a mile away. There was no answer to my persistent knocking. The windows were curtained off and the dog had disappeared. Smoke still poured from the chimney and I imagined that I could hear small sounds inside. I returned to the door and started talking through it. I mentioned the names of local farmers I knew and I asked directions. I was talking to myself; the house stood silent. I thought I heard someone cough and I knocked again, but began walking away without waiting for a reply. The milch cow and the sorrel horse ignored my passing, and after crossing the stream, I found a makeshift path of broken flagstones that led up through the narrow entrance of the glen. I began the slow, tedious climb to a ridge above the lake where I knew I would be able to see in the distance the long line of telephone poles that would guide me back to the place I had come from. 

私のいる高台から、かつて農家だった廃屋を、目にすることが出来ました。かつてここに、人々が集って暮らし、独自の有り様をしていたのです。これらの各農家は、私には、ここいらの地域で出会ったフィドル奏者達と、親しい関係を人知れず持っていたように感じました。私がフィドル奏者達と出会った場所と同じように、それは一昔前からの、孤立無援なる生き残りでした。私は滑りやすい斜面を進み、農家へと進みます。その距離、約400メートルといったところ。ドアをしつこくノックしますが、返事がありません。窓がいくつかありますが、カーテンが引かれています。先程の犬は、とうに居なくなっていました。家の煙突から煙がたなびきます。中から小さく音が聞こえてくる、そんな想像をしました。私はドアの方へ戻ると、ドアに向かって、その向こうに声を掛け始めます。この辺りで、私が名前を知っている農家さん達を挙げて、道を訊ねました。これでは独り言を言い続けているようなものです。家は依然として、静まり返っていました。誰かが中で咳をしたように聞こえたので、もう一度ノックしました。でも返事を待つこと無く、そこから遠のきました。搾乳用の牛と栗毛の馬が、私が傍を通ってもお構いなしです。そして川を渡ると、峡谷の狭い入り口を通って続いてゆくような、欠けた石を敷石にしたような、にわか造りの小道があります。私はノロノロと、時間を掛けて、湖より高位にある分水嶺へと歩きはじめました。そこまで行けば、遠くに見えてくるのが、ずらりと続いてならぶ電信柱で、それを辿れば、自分が元いた場所へと戻って行けると、知っていたのです。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=NtCdZSwMN7k

 

鹿田小学校合唱団「汽車に乗って」(昭和47年)

 

英日対訳:T.ビーチャム自叙伝A Mingled Chime第39章(1/2)散々な目に遭う(前半)

A MINGLED CHIME 

彩華に響くチャイム 

 

39 . DISASTER  

39.散々な目に遭う 

 

445 

The well-worn adage that it never rains but it pours, was hardly ever better instanced than in my case during 1920. I had lost my manager and my lawyer, who were the hands of my executive machine. My opera organization, after five years of uphill work carried out under conditions of almost insuperable difficulty, was foundering through want of support just as it had reached the pinnacle of its achievment, and I was about to face the most trying and unpleasant experience of my life. I have previously  referred to the failure of James White, my brother and myself  either to handle the Covent Garden problem or carry out our  contract to purchase the residue from the executors of my father’s will, who consequently had thrown the whole estate into Chancery. The Court had made an order approving a scheme of which the materially important part was that my brother and I consented to devote the greater part of our income to the reduction of a large Bank loan, created for the purpose of placing the Covent Garden transaction on almost the same basis intended under the plan made abortive by the death of my father. We had not really much option in the matter, as until all the debts of the estate were cleared, the Executors would not relinquish their office, in which they were almost omnipotent. The sum of the matter was that in spite of the return of peace conditions, it had been found impossible to deal with our problems as we had all anticipated in 1917, when my brother and I had entered into the imprudent contract to buy the residuary estate for a cash sum at least twice its actual value and well exceeding half a million pounds. Had our hopes of being able to clear the Covent Garden position been realized, it would have meant that the business would have left free to pay both my brother and myself tlie very large dividends by way of profit that it was making annually. Such was the undoubted intention of my father, and had these dividends been available, I could not only have dealt easily with my private financial situation but also have taken part in some new project to carry on the opera. 

泣きっ面に蜂、とは聞き飽きた格言だが、私にまさしく降り掛かったのが、1920年であった。マネージャーと弁護士という、私のブレーン達の中でも専門的な能力を持つ者達を失ってしまったのだ。私の歌劇団は、5年間耐え難きを耐えて頑張ってきたが、援助を要するような中でよろめいていた。その頃に、業績も頂点には達していたのだ。そして私は、今まさに、人生で最も苦しく、最も不快な経験を味わおうとしていた。本書で既に、ジェームス・ホワイトの失策について触れている。私達兄弟で、コヴェント・ガーデンの一件を処理したり、父の遺言執行者達から残余財産を買い取る契約を実行に移したりしているが、この男は土地全部を大法官庁へ放ってしまったのだ。裁判所の命令により良しとされた案によると、最重要部分は、私達兄弟が収入の大半を、コヴェント・ガーデン処理に関する件の目的のために、父の死によって水泡に帰したプランをもとに意図された基本事項に基づいて発生した、銀行からの借り入れ解消に回したことだった。本件に関し、私達には実際のところ、そんなに選択肢があるわけではなかった。なぜなら、不動産の負債がきれいになるまでの間、父の遺言執行者達は、絶対に手を引かないからだ。彼らはまさに、この件に関しては絶大な力を持っていた。総じて鑑みるに、戦争が終わって平和が戻ったにも関わらず、私達にはこの問題の数々はどうにも出来ないことが、1917年時点での予想通りになってしまたのだ。当時私達兄弟は、残余財産を、50万ポンドなどという、少なく見ても常識の2倍の額という異常な値段で買うなどという、軽率な契約に打って出てしまった。コヴェント・ガーデンの件をきれいにすることが出来るという、私達の希望が、もし仮にあの時実現していたとするなら、そこから始まるビジネスにより、毎年発生する利益から巨額の配当金が、私達兄弟にどんどん入ってくるということを意味していた。これが父が描いた意図であることは、間違いなかった。そしてこの配当金が得られたなら、私も個人の金銭状態が安心できるようになるばかりでなく、オペラの公演活動についても新しい企画を実行に移せたはずだった。 

 

446  

During the past few years as I have related I had expended large sums on musical enterprise and incurred heavy liabilities. When the estate went into Chancery and I agreed to accept less than one quarter of the income that would have been forthcoming to me under normal circumstances, 1 sold my house in the country, a quantity of valuable furniture and plate and realized everything else of a tangible kind in an attempt to clear my obligations. These I reduced materially, but there was still a substantial amount outstanding. I called my creditors together and explained to them how my full income was held up for a while, but that it was being preserved through the scheme we were working under, and how it was only a matter of time before enough of it would be released to discharge my indebtedness to them. Meanwhile they would receive a good rate of interest on their money, certainly higher than that which they could obtain elsewhere from an investment equally sound. All agreed save one, who for some reason understood by nobody else was refractory and unfriendly. He insisted upon being paid at an early date, otherwise he would take extreme measures. I explained that in this way he could get nothing, as everything I had was so effectively tied up as to be freed only by the discretion of the Court, and this would not be exercised for some time to come. No arguments were of avail, Shylock must have his pound of flesh, and the recalcitrant party presented a petition against me in Bankmptcy. As soon as this was done, all the rest followed suit, theoretically to protect their respective interests should actual bankmptcy ensue.  

ここ数年、私は自分がこれまで、音楽事業に巨額の投資をしては、大きな負債を負ってきたことを、色々なところで述べている。当該不動産が大法官庁の手に渡り、通常時の私の全収入について、4分の1以下だけ自分が受け取ることを受け入れた際、私は郊外の自宅を売却した。ここにはかなりの量の高価な家具や貴金属食器類もあり、これで目に見えるくらい負債を目減りさせる事ができることが分かった。実際大幅に負債を減らせたものの、依然として残りは大きな額だ。私は債権者達を呼んで、自分の収入が本来在るべき姿に戻るのが、遅れているものの、想定内であることを細かく説明し、負債状況を完全に解消するのは時間の問題であることを告げた。負債解消までの間しばらくは、彼らは相当な利息を受け取ることにもなり、本件と同程度の堅い契約よりも、高い利率であることは確かだ。1人を除いて全員が賛同してくれた。その1人とは、わけの分からぬ強情さと敵対的態度を、誰もが知る人物である。彼はあくまでも早期の支払いに固執し、そうでなければ今日手段を講じるとまで言っている。私は彼に、そんなことをしたら、かえって彼は何も得られなくなると説明した。私は全所有財産を、裁判所の決定権管理下にしっかりと置かれており、没収もしばらくは執行されない状況なのだとも伝えた。なのに、何を言ってもこの男には通じない。ここまで言ってやれば、あのシャイロックですら、望みの重さの肉を手に入れたことだろう。なのにこの強情者は、私に破産申請をするよう求めてきた。これが実現すれば、直ちに残りは全て法の管理下に移り、破産申請がもたらすものは、おのずと彼らの手に入ることになるからだ。 

 

447 

There was no immediate publication of this occurrence, for I took the case to the Court of Appeal, where it remained during one adjournment after another for several months. These I obtained upon the ground that I was not insolvent, that I had resources with which to meet all my obligations with something to spare, and I asked time to do so. I was still hoping that something might be done in one way or another to free us from the stranglehold of the Chancery scheme, and I haunted city houses and great banks with half a dozen projects for dealing with the problem. But the time was not ripe, I could not produce the  rabbit out of the hat, and the day arrived when the Court of  Appeal, which had been very patient, would give me no more time. Consequently the receiving order which had followed the presentation of the petitions in bankruptcy was published to the world, which was made acquainted with the melancholy fact that I could not pay my debts. 

これはすぐには実現することはなかった。なぜなら私はこの件は、控訴院に持ち込んでいたからだ。控訴院はここ数ヶ月間、延期と休廷を繰り返す状態が続いていた。このおかげで、私は債務返済不能にならない足場を、固めることが出来ていた。私は債務に見合うものを蓄える「打ち出の小槌」をいくつも持っていて、あとは時間がそれをもたらすことを願うばかりだった。私は依然として、大法官庁の計画がもたらす束縛から、なんとか自由になりたいとの望みを抱いていたので、そのための企画案をいくつか持って、官公庁や大銀行に掛け合った。だが機はいまだ熟さず、思いがけない解決策が実現するには至らない。そうこうしているうちに、控訴院の日がやってきた。控訴院も随分と我慢してくれていたが、これ以上は待てないと、私に通告してきた。かくして破産宣告は世に発せられた。私は負債解消が不可能となったと、残念な知らせが周知されることとなったのである。 

 

448  

The public of England is none too well informed on the subject of law but there is probably no branch of it on which it is so entirely ignorant as bankruptcy. During the past twenty years I have encountered the impression in scores of quarters both at home and abroad that at some time or other I have been a bankrupt. This delusion to my personal knowledge has been shared by those who should know better, such as politicians and even lawyers, and I think therefore that here is a fitting place to state,  and with all the clarity at my command that never for one moment at any time have I been a bankrupt. I admit that there may have been some justification for the false impression, owing to the preposterous nature of the proceedings in which I became involved, and the Munchausen-like publicity which filled the cheaper and less responsible sort of Press. 

イギリスの一般大衆は、法律に関することは、物凄く明るいということは無いのだが、破産宣告とはいかなるものかについては、全く分かっていないというわけではない、という向きもある。本書執筆時点において、過去20年ほどの間、イギリス国内でも、あるいは海外でも、私がかつて破産状態になったことがあるかと聞かれたことが、色々なところで幾度もある。私個人の知識に関するこの思い違いは、政治家や法曹関係者といったような、事情をよりよく知っているはずの人々が共有している。それゆえ私は本紙面を使い、ここぞとばかり述べておきたい。我が責任において明確に申し上げるなら、私は一瞬たりとも破産状態になどなったことはない。こんな誤解を受けても仕方がないかもしれないことは、私は認める。それもこれも、事の顛末の非常識かつ不条理さのせいであり、私はそこに関わっていたのは事実だ。もう一つ責を負うべきは、安っぽさと無責任さに満ちた類の報道関係者による、大うそつきの如き公表の仕方である。 

 

449  

The principal trouble lay in the obsolete condition of the law of bankruptcy. So far as I know it is still in the same deplorable condition and likely to remain so until another A. P. Herbert awakens to the full iniquity of it, just as that gallant champion did in the case of our marriage laws, until recently the most barbarous in the protestant world, and still far from satisfying the common conceptions of either equity or decency. A receiving order neither implies nor involves bankruptcy. It means in the first instance that a man cannot at the time it is made meet his obligations and that his creditors must be called together by the Court to see what is to be done about it, as much in the interests of the debtor as in those of any one else. This was done in due course and the comedy side of the whole business unfolded in a blaze of farcical absurdity. In order to comply with the law, everyone to whom I owed a penny had the right to be present at the meeting and to vote for or against the adjudication of the debtor as a bankrupt. Two factors governed the operations of the ballot, the number of the creditors and the amount of the claims. The latter presented a dazzling spectacle of fictitious financial embarrassment, and included:  

そもそもこれは、破産について定めた法律の時代遅れな状態に、問題の要因がある。私の知る限り、今なお嘆かわしい状態は続いている。そして今後も続くであろう。これを断ち切るには、A.P.ハーバートの再来が必要だ。その者が覚醒し、この状態の不正で非道な様子を把握しないといけない。かつての堂々たる先駆者は、これを婚姻に関わる関係諸法において、大鉈を振るった。プロテスタントを是とする各国では野蛮の極みであり、常識的な価値観に照らし合わせても、公平さと気品があるとは到底言えない代物だ。破産財産の管理命令書というものは、「破産」ということについては、言及もなければ含みもない。本命令書はまず第一義として、発令時点において債務履行が不能であるということ、そして債権者達は法廷の召喚を受けて、対策を検討し、債務者と債務者以外の全員の利益に関することについても検討せねばならないとしている。私の場合も、これは順当に実行された。これにより、全体像が持つ茶番の如きバカバカしさが、次々と明らかになった。この法律を遵守する上で、私が1円でも負債がある債権者に与えられた権利は、会議に出席の上、債務者に対する破産宣告を可とするか否とするかを投票することだ。債権者の数と意見陳述の量が、投票の結果を左右する2つの要素である。後者のほうが、めまいがするほど嘘っぱちの財務状況の誹謗中傷であった。その中には、こんな情報も含まれていた。 

 

A. The unpaid balance to the vendors of Covent Garden for which I was jointly and severally liable → £1,500,000.  

B  The residuary contract  → £ 575,000.  

C  The liability to pay up, if called upon to do so, the share capital in a private estate company of my own  → £ 500,000.  

D  The Bank £350,000 (circa)  

A. 私が連帯責任を負ったコベントガーデンの売り主への未払い残高 → 150万ポンド。  

B 残余契約 → 57万5千ポンド。  

C 私自身の不動産会社の株式資本の支払いを求められた際の義務 → 50万ポンド。  

D 銀行関連  35万ポンド (概数) 

 

and sundry other commitments in the way of family settlements  and minor contracts.  

他にも、親族内の合意や細々とした契約に際しての、様々な約定がいくつかあった。