ミュージシャンの言葉

様々なミュージシャンの言葉を、原文と日本語訳の両方を見てゆきます。

No such thing as a jazz sound:エリス・マルサリス(Ellis Marsalis)

ウィントン・マルサリスのお父さんで、名ピアノ奏者のエリス・マルサリス(故人)の言葉です。息子が「僕の音って綺麗すぎて、ジャズには合わない?」との問いかけに、応えたものです。

 

I remember one time I asked my father if my sound was too clear to be a jazz sound. 

He said, “Man, what's a jazz sound?” 

“You know, like Pops.” 

“Pops's sound wasn't clear? There's no such thing as a jazz sound. There's just a sound.” 

 

僕はある時父に、自分の音色がジャズを吹くにはクリア過ぎるかどうか訊ねたことを覚えています。 

父が言ったのは「そもそもジャズの音色って何だよ?」 

「だから、ルイ・アームストロングの音色とかだよ。」 

「ポップスの音色はクリアじゃなかった、ってのか?大体、ジャズの音色なんてものはないだろ。あるのは『音色』だろが。」

 

 

<英日対訳>マイリー・サイラス「Miles To Go」ペーパーバック版前書

Disney HYPERION BOOKS (currently, Hachette Books)  

MILES TO GO  by MILEY CYRUS  with Hilary Liftin 

 

ディズニー・ハイペリオンブックス【現・アシェットブックス】 

MILES TO GO(題意沢山の思い出と、やりたいこと) 

マイリー・サイラス著 ヒラリー・リフティン共著 

ペーパーバック版 

 

本書の英語は執筆当時16歳マイリー・サイラスらしい魅力的な語感残しつつ共著者ヒラリー・リフティンによる適切なリライトがあると思われます。日本語訳は、それを反映しました。 

 

 

BEFORE THE BEFORE 

まえがき」前に 

 

It's weird to be doing an introduction to an introduction. But since this is the first time my book will be in paperback, it seems as good a time as any to do a little refreshing. 

まえがき」の「まえがき」なんて、ヘンな感じですが、今回初めて私の本がペーパーバックになりました。なので、チョッとリフレッシュする良いタイミングだと思っています。 

 

The other day I heard someone say, “Youth is wasted on the young.” I don't remember who said it, or if they were older or younger or in the middle, but the line hit me and made me think. Sort of like when you see a truly beautiful sunset and it just settles in the back of your mind, makes you wonder about all the sunsets you've seen before. 

(★I am in love with sunsets right now!) 

この間こんな言葉が聞こえました「若さというのは、若い頃には無駄に浪費されるものだ」。誰が言ったのか、年配の人か、若い人か、それともその中間か、覚えていないけれど、その言葉が心に刺さって、心にモヤモヤが…。何ていうか、スゴくきれいな夕陽を見たら、それが心に何となく引っ掛かって、そのうち今まで記憶にある夕陽が、全部気になりだしてきた…みたいな、そんな気分です。 

(★今じゃ夕陽にハマっているの!) 

 

I don't want my youth to be wasted.  

「若さが浪費される」?、私はそうしたくない。 

 

The miles are zooming by and I know that if I don't slow down, I'll miss some of the best ones. That is part of what I loved so much about working on this book. Like I said, Miles to Go is one of those stopping points. Where I get to step back, take a breath, and count my blessing. 

今の私は、車の運転で言うなら、チョッと飛ばし気味なので、ペースダウンしないと、大切なモノをゲットし損ねそうな気がしています。そんなこともあって、この本をどうしても作りたいと思ったのです。「Miles to Go」は、車の運転で言うなら、一時停止みたいなもの。一歩離れて、一息ついて、プラスの方向に色々思い返す、そんな場所にしたいんです。 

 

And yes, I have so much to be thankful for. 

それから勿論、感謝の気持を伝えたいことが沢山あります。 

 

★★★7 things I've done since this book came out ★★★ 

1. made a new CD 

2. made a new movie 

3. hung out with friends and family 

4. recorded a song with an old friend 

5. saw Hannah Montana get to the big screen! 

6. got a goat! (Thanks Daddy!) 

7. became addicted to Twitter! (and then deleted it!) 

 

★★★ハードカバー本が出てから、やってみたこと、7つ★★★ 

1.新しいCD制作した 

2.新しい映画撮った 

3.友達や家族とブラブラ過ごした 

4.前からの友達と新曲のレコーディングをした 

5.「ハンナ・モンタナ」劇場版になるのを見届けた 

6.ヤギを1頭もらった!(パパ、ありがとう!) 

7.ツイッターにハマった!(そのあと削除した!) 

 

I told you I'm way into sunsets right now, and that is mostly because of Tybee Island, Georgia. It's where we filmed The Last Song. The movie is based on a Nicholas Sparks★ book and Veronica “Ronnie” Miller, the character I play, could not be any more different from Hannah Montana. I loved the challenge. 

(★Love his work!) 

夕陽にハマっているの」、と書きましたがキッカケがあるんです。ジョージア州のタイビーアイランド。映画「ラスト・ソング」のロケ地です。この映画はニコラス・スパークスの本が原作で、私が演らせていただいたヴェロニカ・ルーニー・ミラーは、ハンナ・モンタナに通じるものが沢山あります。私にとっては、スゴく有難い経験になりました。 

(★彼の本大好き!) 

 

The movie is magic. But so is Tybee Island. I'm pretty sure the island actually has some kind of magic calming ability. From the moment I got there, I was so happy. I'd sit on the deck of the house we rented with my mom and drink tea and just look out at the water. I loved playing guitar out on that deck, watching the dolphins and just getting back to me.  

映画は魔法だ、よく言いますがタイビーアイランド魔法の島絶対ここは、人を癒やしてくれる魔法の力みたいなのがあると思います。現地に入った瞬間から、もう幸せな気分でした。ロケの期間中は、お母さんと一緒に現地で借りた家に滞在していました。外のテラスに座って、お茶飲んで、ボーッと海を眺めて…ギターを弾いて、イルカをじっと見ていたらもう最高!自分の心の中を整理整頓できました。 

 

I hated to leave. When I did, I cried for days straight.★ My mom kept telling me that I was lucky, because I had had the chance to experience something so magical and amazing that would live on the movie and in the friendships I made. ★★ It took a while, but then I came around, and now, I know what she said is true. 

(★I'll get to that later!) 

(★★Love you, cast and crew!) 

ずっとそこに居たかったけれどいざ帰ることになったらその後何日も泣いちゃいました★そんな私にお母さんが言い聞かせてくれたのが、あなたは運がいい、こんな魔法みたいなスゴい経験ができて、それはこれからもずっと、映画の中に、それからあなたが築いた人間関係★★に生きているんだよ、ということ。納得するのに時間はかかりましたが、今では、お母さんの言った通りだと思っています。 

(★その後また行けたの!) 

(★★共演した皆さんスタッフの皆さん大好き!) 

 

I wouldn't have figured that all out, though, if I hadn't stopped to let the emotions soak in. I'm trying hard to keep these memories close to my heart. I want to be able to pull them out on a rainy day, just like I can pull this book out years from now and remember. Like I said, I don't want my youth wasted and I don't want it forgotten.  

この時、「一時停止もなく、「ボーッと」もなかったら、心に色々な思いをしっかり染み込ませてそれを紐解いていくことはなかったと思っていますその色々な思い」を、これからもずっと、自分の心に言い聞かせるようにしています。この本を、何年後かに本棚から取り出してきて、色々と思い返すように、これから辛いことがあっても、「心にしっかり染み込ませた色々な思い」を、いつでも取り出せるようになりたい。さっきも書いたとおり、「若さを浪費」したくないし、「若さ」を忘れたくもない。 

 

Of course, there are some things I would LIKE to forget. Who doesn't have a moment they would like to erase? I don't mean to complain and I'm not trying to play the sympathy card ― but when you are in the spotlight, people like to make sure you never forget the bad moments.  

(You know you do!) 

忘れたいものだって、勿論ありますよ、私にだって誰だってそういう記憶の瞬間ってありますよね?文句を言うつもりはないし、同情してほしいわけじゃないけれど、有名人ともなると、昔しでかしたことを忘れちゃいけないだろうって、世の中の人はそう思ってますよね。 

(ホントにそうよね!) 

 

There are a lot of haters out there. Dad always tells me I need to grow thick skin and not care what people say, but it's pretty hard. I like to say what's on my mind. I like to do what I want to do. It's all part of being a kid, and my parents and friends want me to be a kid as much as I can.  

世の中には、悪意がいっぱいあります。お父さんは、面(ツラ)の皮を厚くして、他人の言うことなんか気にするな、といつも言うけど、けっこう大変ですよね、それって。私は、頭に思ったことを、正直に口に出して、心に願ったことを、何でもやってみたい。どれも無邪気な気持ちでいることの現れで、目一杯そんな私でいることを、両親も、トモダチも、願ってくれています。 

 

But sometimes people like to say hurtful things. Tell me I'm pretending to be deep. And I guess maybe I am growing a thicker skin, because I'm starting to realize that I can't please everyone. I'm lucky I have the opportunities I have. I thank God every day for them. 

でも時には、人は傷つくようなことを言ってきますいっそのこと、私のことをあざとい奴だと呼んでくれても構わない。もしかして、私も「面の皮が厚く」なってきてるのかも。私もだんだん分かってきたんです。世の中の人全員に気に入られるなんて、ムリなんだってことを。これまで経験してきたことは、良いことも悪いことも、全部「ラッキー」だと思っています。その「全部」に、日々神様に感謝です。 

 

Now I have another one of those markers to plant.  

ここで、マイリー(一里塚)だけに、碑を一つ建てておきます。 

 

This is at a new point in my life, and things are totally changing. But like the sunsets I saw on Tybee Island, the miles I've already gone are going to stay with me. 

ここが私の、新たな人生のポイント。物事は全て変化している。でも、ティービーアイランドで毎日見た夕陽のように、何マイルもドライブしてきた今までの道のりは、これからもずっと私の中に在り続ける。 

「ジャズミュージシャン」と「ジャズメン」の違いは大きい

英語の「ジャズミュージシャン」と「ジャズメン」の違いについて、私に素晴らしいアドバイスをくださった方がいます。現役の、音楽ビジネスに携わっている方なのですが、以下、ご参考になさって下さい。

 

A "Jazz Musician" is a very factual term. It simply means what it says "A Jazz Musician". However a "Jazz Man" in English can take on another connotation. It's like a title, a mark of respect from one's fellow musicians. The phase could be expanded to say "that guy is a Real Jazz Man". It would mean that the musician was steeped in Jazz, a true ambassador of the music. A man who has dedicated his whole life to the music. A man who is an authority on the music.

Dominic Reilly

「ジャズミュージシャン」とは、単に「ジャズの分野のミュージシャン」と、事実を述べるための言葉。でも英語で「ジャズメン」というと、別の含みを持つことになる。それは、称号とか、その人を「ジャズメン」と呼ぶ仲間のミュージシャン達から、一目置かれている、ということを示している。更にここから「あいつはホンモノのジャズメンだ」と言うこともある。こうなると、そのミュージシャンはジャズが、心身に染み込んでいて、音楽とは何かを世の人に伝えるに相応しい人物だ、という意味にもなる。音楽のオーソリティだ、という意味にもなる。

 

 

尚、英語には他にも、「football player」と「football man」のようなものもあり、同じように使われます。

 

 

ドミニクさん、ありがとうございました!

<英日対訳>マイリー・サイラス「Miles To Go」著者紹介、献辞

MILEY CYRUS grew up on a farm in Franklin, Tennessee, before heading to Hollywood and superstardom playing Hannah Montana on the hit Disney Channel show.  

著者 :マイリー・サイラス 

幼少期をテネシー州フランクリンの農場で過ごした後、ハリウッドへ進出。ディズニー・チャンネルのドラマ「ハンナ・モンタナ」のヒットでスターダムに駆け上がる。 

 

A triple threat. Cyrus has acted, sung, and danced her way to numerous awards, including Favorite TV Actress and Best Performance in a TV Series at the Kids' Choice Awards as well as Favorite Artist at the Teen Choice Awards (to name only a few). Her first solo album, Breakout, debuted at number one on the Billboard charts and has since gone on to sell over a million copies.  

演技・歌・ダンスと三拍子そろったアーティストとして、数多くの賞に輝く。これまでに、フェイバリットTV女優賞、キッズ・チョイス・アワーズ(TV番組での優秀演技賞)、ティーン・チョイス・アワーズ(人気アーティスト賞)等を受賞。最初のソロアルバム「ブレイクアウト」は、ビルボード初登場で第1位に輝き、100万枚以上を売り上げる。 

 

When not keeping busy with her work obligations, Cyrus is very involved with several charities.  

多忙な合間を縫って、数々の慈善事業にも意欲的に取り組む。 

 

In 2008, she was chosen as one of Time magazine's World's 100 Most Influential People as well as The Hollywood Reporter's Women in Entertainment Power 100. 

2008年に、「タイム」誌の「世界で最も影響力のある100人」に、そして「ハリウッド・リポーター」誌の「パワー100」に選ばれる。 

 

HILARY LIFTIN is the coauthor of Dear Exile: The True Story of Two Friends Separated (for a Year) by an Ocean. She is the author of Candy and Me: A Girl's Tale of Life, Love, and Sugar, and has collaborated on many best-selling books. She lives in Los Angeles with her husband and two children.  

共著:ヒラリー・リフティン 

これまでに、共著としてDear Exile: The True Story of Two Friends Separated (for a Year) by an Ocean.、主著としてCandy and Me: A Girl's Tale of Life, Love, and Sugar,等、数多くの人気作を手掛ける。現在はロサンゼルスに、夫と2人の子供達と在住。 

 

【grammar points】 

♪ playing Hannah Montana on the hit Disney Channel show 

♪ and has since gone on to sell over a million copies.  

【文法の要点】 

♪ 分詞構文 

=and played Hannah Montana on the hit ~ 

♪ 現在完了(継続) 

 

Dedicated to my first love! The only man who understands me. The one who will forever own the key to my heart. The one I am lucky enough to call not only my best friend but my hero. 

This book is in memory of my Pappy. 

I will always love you! Thank you for answering my prayers ....... 

xo Miley 

P.S. I Miss You! 

この本を私の初恋の人に捧げます!その人は、私のことを何でもわかってくれている唯一人の男性。私の心を開くカギを、いつまでも持ち続けてくれている人の一人。「私の最高の友達」そして「私のヒーロー」と呼ばせてもらえる人の一人。この本は、そんなパピーの思い出に書きました。 

いつまでも大好き!そして、いつも私の願いを叶えてくれて、ありがとう… 

ギュッ、チュッ マイリー 

追伸 今でも会いたい! 

 

【further explanation】 

♪ Pappy: Miley's grandfather on her father's side 

♪ xo = hug and kiss 

【解説】 

♪ パピー:父方の祖父(68ページ参照) 

♪ xo:メールなどに用いられる、所謂「抱擁とキス」 

<英日対訳>サッチモ「My Life In New Orleans」全部

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

 

onmusic.hatenablog.com

 

本物のミュージシャンは:「ハンナ・モンタナ」のパパ

My dad always says that a real musician can make a great show out of anything, no matter how small.

本物のミュージシャンは、どんなショボい会場であっても、立派なコンサートを開けるもんだ、とパパはいつも言っている。

 

マイリー・サイラスといえば、アーティストとしてのスタートから成功続きのイメージが付きまといますが、自らを律する言葉として抱いているようです。

 

どんな環境でも常にベストを尽くす、と自分に言い聞かせても、なかなか難しいのが人の常。改めて私達も心に言い聞かせたいものです。

 

<コンクールに際し>Cool Running「金メダルは・・・」

コロナ禍ですが、コンクールの練習がいつもなら佳境の季節です。

下記、ディズニー映画「Cool Running」からの一節

 

A gold medal is a wonderful thing. But if you are not satisfied without it, you will never be satisfied with it.

金メダルはたしかに素晴らしい。だが、それがないと満足できないようでは、仮にそれを手に入れたとしても、満足はできないだろう。

 

主人公(ジャマイカボブスレーのエース)が、かつての金メダリストであるコーチから、決勝前夜にかけられた言葉。

 

但し、この言葉は、様々な解釈が可能です。パフォーマンスと成果に納得するために、自分にふさわしい解釈を、どうかなさって下さい。