英日対訳ミュージシャンの本

ミュージシャンの書いた本を英日対訳で見てゆきます。

英日対訳:T.ビーチャム自叙伝A Mingled Chime第36章(2/2)平和ゆえの/緑の楽屋/緑のピアノ/緑は嫉妬?

A MINGLED CHIME 

 

36 . THE RETURN OF PEACE  

 

後半

 

414 

About this time I was fortunate in being able to form a small syndicate to take over the opera company, for I had come nearly to the end of my resources and should not have been able to continue unassisted much longer. As it was I was heavily in debt, but for the moment was not greatly concerned about that as, the war over, I like most others was expecting a rapid return to the conditions of 1914. A part of the recent estate transactions had been the formation of a Covent Garden Estate Company which, upon the payment of a further sum of £500,000 to the vendors, who granted a mortgage for the balance, became the proprietors of the Opera House in addition to Drury Lane Theater and several other theaters. But the possession of the opera house was more honorable than profitable as the Grand Opera Syndicate had an old lease of the building which still had twenty years to run and for which they paid the modest sum of £750. a year. During the war it had been used as a storehouse so that a good deal of refurnishing and redecorating was required to restore it to its former condition, and while this was being done, I renewed my former association with the lessees for the purpose of a Victory season in the summer. It was a few weeks before its opening that an angry figure stormed into my office and asked what the deuce I meant by painting her room green. It was Nellie Melba, and very upset she seemed to be. I had never before come into working contact with this formidable personality although I had heard something of her autocratic ways; and considering the best method of defense here was attack, I pretended not to remember who she was, and asked what the deuce she meant by entering my office unannounced, adding that I knew nothing of private ownership of rooms in the building. This produced a fresh explosion of wrath which, as I remained grimly silent, gradually subsided and was eventually succeeded by an aspect of resignation and the remark that she would not have minded so much if the green had been of a cheerfully light instead of depressingly dismal hue. I thought of the gentleman in Patience who suffered from a similar prejudice—  

この頃、私は幸運にも、この歌劇団を引き受けてくれるシンジケートを、小規模ながら成立させることが出来た。というのも、そろそろ私の資金源も底が見えてきており、これ以上他からの援助がなければ、活動を維持できなくなってきたからである。私が大きな負債を抱えていたのは、先に記した通りである。だが当面はさほど大きな心配はない。なぜなら、他の多くのイギリス国民同様、私も、終戦を受けて、1914年時点の国内情勢へと、急速に戻るであろうと期待していた。目下色々とある不動産手続きの一部は、「コヴェント・ガーデン・エステート・カンパニー」の設立である。これは、貸借の差引勘定のための担保抵当を譲渡した売り手各位へ、さらに都合50万ポンドを支払うに当たり、ドルーリーレーン劇場やその他数軒の劇場に加えてコヴェント・ガーデンの経営陣となってくれるものであった。だが、この歌劇場を所有しているとことは、儲けよりも名誉の方が大きい。というのも、グランド・オペラ・シンジケートが、この建物について以前からの賃借権を持っており、それはあと20年間あり、しかもシンジケート側が、巨額とは言わないが、1年当たり750ポンドを支払ってくれたからだ。劇場は、戦争中は倉庫として使用されていて、相当な設備更新と改装が、以前の状態に戻すには必要であった。これが成される間、私は以前の借主との提携を更新した。その夏の戦勝記念公演期間のためである。これが始まる数週間前のことだった。ある女性が私のオフィスに怒鳴り込んできた。いつも使っている部屋を緑色に塗るとは何事だ、というのである。その女性はネリー・メルバ。かなりお怒りのようだ。彼女の女王様ぶりについては、以前から少し聞いていたが、それにしてもこんな手に負えない御仁と仕事をしたことは、私はそれまで無い。私は、攻撃は最大の防御なり、として、彼女のことを知らないという振りをした。私のオフィスに前触れもなく入り込んでくるとは、何事か、と問いただし、この館内に自分専用の部屋を持つなど、知ったことかと付け加える。これで更に怒りが爆発する。だが私は、傍目にも不気味に沈黙を保つ。すると彼女の怒りは徐々に萎えて行き、結局はあきらめムードとなる。重苦しく陰鬱な色でなければ、緑が脳天気な明るさであろうと、気にしない様にする、ということになった。これを目の当たりにして、思い出したのが、ギルバート&サリバンの喜歌劇「ペイシェンス」にでてくる紳士だ。同じような思い込みに苛まれた登場人物である。。 

 

415 

I do not care for dirty greens  

By any means 

グリーンのムードリングも、汚れてしまっては、我が眼中にあらず(汚く嫉妬する連中には、興味はない) 

 

416  

and as she was going to sing on the opening night under my direction, I thought I would be magnanimous as well as diplomatic to the extent of offering to repaint “her” room any color she liked. This little concession dehghted her more than the most costly present could have done and we soon became excellent friends. Melba was a singer who had nearly all the attributes inseparable from great artistry. The voice was beautiful and bright, of uncommon evenness throughout; and she handled the whole range of it with complete skill except in measured coloratura passages such as those at the end of the Waltz Song of Romeo and Juliet. She was extremely aceurate, insisted on her fellow-artists being equally so, was punctual to the tick at rehearsals and while at work was a shining example in discipline to everyone else. But there was always some element lacking in nearly everything she did, and it is not easy to say just what it was. It was hardly lack of warmth, because many an artist has had the same deficiency without one being  made uncomfortably aware of it. Of the mysterious quality known as temperament she had certainly a little, and her aceent and rhythm were both admirable. I am inclined to think that she was wanting in a genuine spiritual refinement, which deprived the music she was singing of some element essential to our pleasure; and perhaps it was for this reason that in the maturer musical culture of the Continent she had comparatively little success, her popularity being confined to England and those other Anglo-Saxon communities where the subtler and rarer sides of vocal talent are less valued.  

彼女は公演期間初日の晩に、私の指揮で歌う予定だった。なので、私は、寛大な気持ちと同時に、そつなく行こうと思い、「彼女の部屋」を、好みの色に塗装し直してやろうかと提案した。この譲歩は、彼女にとっては千金の贈り物より喜びを覚えたようで、私達は程なく、良い友人関係となる。メルバという歌手は、優れた芸術性と評される必須条件を、ほぼ全て備えていた。声質は美しくて明るく、あらゆる面で比類なきものだ。それを残らず完璧なスキルで駆使しきる。例外は、シャルル・グノーの歌劇「ロメオとジュリエット」の「私は夢に生きたい」の最後に出てくるコロラトゥーラのパッセージくらいなものだろう。彼女の演奏の正確さは、飛び抜けている。そしてそれを共演者にも同レベルのものを求めて譲らない。事前練習では秒単位で時間厳守であり、仕事中、他全員にとって規律面で引き締める、優等模範生である。だが彼女は、やることなすこと、どこか抜けている。それが何なのかは、中々うまく言葉では説明できないのだが。人間らしい暖かさが、演奏に欠けているなどということは、殆どない。音楽家の多くが、何かしら人から不愉快に思われる欠点を、同じように1つくらいは持っているものだ。その中でも人智の及ばないものが、「気性・機嫌」である。彼女も確かにこれは少々ある。それと歌い方のメリハリとリズム感が、いずれも好ましい。私がついつい思ってしまうのは、彼女が常に求めているのは完璧な精神面での洗練さであり、それが彼女の歌う音楽から、私達他の人間にとってはお楽しみと思えるものの、本質的な要素を、奪い取ってしまっている。おそらくそのせいで、ヨーロッパ大陸の、英国よりは成熟した音楽文化の中では、彼女は比較的成功していないのだ。彼女の人気は、声色の才能の、微妙で稀な側面について評価してくれるような、イギリスや他のアングロサクソン系社会に限られている。 

 

417 

This season was in every way a pleasant and successful affair, notable chiefly for the appearance of four unknown tenors, all of them good, Burke, Hislop, Dolci, and Ansseau. The old Covent Garden favorites reappeared from various comers of the earth, most of them none the better for the lapse of time, although the charming Edvina gave admirable performances of Manon and Thais. The Therese of Massenet was among the novelties, of which the more interesting were the Iris of Mascagni and L’Heure Espagnole of Ravel, and for the latter work Hugo Rumbold furnished a setting of the greatest brilliance and charm, perhaps his “chef d’oeuvre.” Iris contains so much beautiful and poetical music that its incapacity to maintain a regular place in the repertoire must arouse some of our sympathy. But it convincingly points the old maxim that metaphysics and the theater, especially the lyric theater, hardly ever go comfortably hand in hand, as Strauss also discovered in the case of his A Woman without a Shadow. The English section of the company distinguished itself in a translated version of Prince Igor conducted by Albert Coates, who had not been seen in England since 1914, and in a splendid production, with scenery and costumes by Charles Ricketts, of Isidore de Lara's Nail.  

この時の公演期間は、あらゆる面で実に楽しく成功したものだった。特にその要因となったのが、4人の、無名ながら優れたテノール歌手を発掘したことである。トーマス・ブルック、ジョセフ・ヒルソップ、アレッサンドロ・ドルチ、そしてフェルナンド・アンソーである。かつてのコヴェント・ガーデンの常連客達が、あちこちから舞い戻ってきた。彼らにとっては魅力的な、マダム・エドヴィーナが「マノン」だの「タイス」だので、素晴らしい演技を見せたというものあるが、決して長い年月待たされたから、というだけ舞い戻ったわけではない。ジュール・マスネの「テレーゼ」は、新作の部類に入る。新作と言えば、ピエトロ・マスカーニの「イリス」や、モーリス・ラヴェルの「スペインの時」もそうだ。「スペインの時」については、ヒューゴ・ランボルドが最高の素晴らしさと魅力あふれる舞台美術を施してくれた。おそらく彼にとっては史上最高傑作であろう。「イリス」には、美しく詩情あふれる音楽がふんだんに詰まっている。それ故に、定期的な演目として採り上げることができないのは、私達にとってもなにか残念だ。だが昔からの根本原理として、形而上学と劇場、特に軽快さが売り物の音楽を扱う劇場が、つつがなく協力して進んで行けることなど、滅多にない、ということがある。これについては、リヒャルト・シュトラウスも自作の「影のない女」で気づいている。当劇団の英語による演目については、「イーゴリ公」の英語翻訳版を、ロシア系イギリス人のアルバート・コーツが指揮したものが、卓越している。アルバート・コーツといえば、1914年以来、イギリスの舞台ではお目にかかっていなかった。更には、チャールズ・リケッツが、イシドール・ララの歌劇「ネイル」の、舞台風景美術と衣装で素晴らしいプロデュースを見せている。 

 

418 

A holiday spirit was everywhere in the land, and those portions of the community who during the war had been making a good deal of money for the first time in their lives were spending it with a fine freedom. The high wages earned by many of the cotton operatives and miners in the North produced some singular manifestations of the use of it. One day I was in the principal music shop of Manchester when a couple entered, the lady wearing a shawl on her head and a fur wrap around her shoulders, and asked to see a piano. On being asked what sort of piano, the man replied that they were not particular, but it must be upright and have a green marble top. The director of the establishment who was also the manager of the Halle concerts was about to say that they had nothing in stock answering to that description, when I whispered to him that it was quite easy to have it painted to resemble marble and they might never know the difference. He then assured the intending buyer that although there was not at that moment in the showroom anything exactly like the article he wanted, one would be procured for him within a few days. My curiosity aroused by this unusual preference, I inquired the reason of it, and learned that having recently taken a house in the parlor of which there was a fireplace with a green marble top, they must have a piano to match it properly.  

英国全土が、祝祭日だ、休んで楽しめ、そんな雰囲気であった。戦争中たっぷり稼いだ地域の連中は、終戦でここぞとばかり、稼いだ金を湯水の如く使っていた。北部の綿花関連業種や、鉱業関連業種で、高い給料をもらっていた層から、予想以上にこれを使う傾向が見られる。ある日私は、マンチェスターで一番の楽器店を訪れた。そこへ男女2人組が入ってきた。ご婦人はショールを頭に、肩にはファーストールの出で立ちで、ピアノを見たいという。店員からどのようなピアノを所望か、と訊ねられると、特に無いとの男性からの返事。ただし、アップライトで、緑色のマーブル模様は必須とのこと。店主はハレ音楽協会の理事でもある人物だが、緑色のマーブル模様付きはない、と応える。私は店主に、似たような塗装は簡単にできるし、この2人も大した違いは判らないだろう、と耳打ちした。店主はこの2人に、今の所ショールームには置いていないが、2,3日中には1台取り寄せると伝える。普通では考えられない客の好みに、私の好奇心は高まるばかり。この2人に私は注文の理由を訊いてみた。すると、2人が最近買った家は、客間の暖炉の上部が緑色のマーブル模様なのだという。そこにぴったりだ、とのこと。 

 

419 

There was an equally interesting sequel to this event although I was unfortunately unable to take part in it. Some weeks later the pair visited the shop again and ordered a second piano to correspond with the first in every particular. In the course of conversation they volunteered the surprising information that it was going in the same room on the other side of the fireplace. They had spent most of the intervening time in looking for a piece of furniture that would suitably fill the vacant space, but finding nothing to their satisfaction had decided that the only solution of the problem would be a replica of their original purchase!  

この話の続きは、私は立ち会えなかったが、前段に負けず劣らず興味深い。数週間後この2人は、また店を訪れ、2台目を注文した。それも、1台目と特徴はすべて同じに、とのこと。そのことを伝える中で、ビックリするような情報が飛び出す。2台目のピアノは、1台目と同じ部屋に、暖炉の反対側に置くのだという。2人は、1台目購入後2台目を購入するまでの間、1台目のピアノの反対側に置いたらサマになるような家具はないか、探していたのだという。そして結局見つからず、1台目と同じもの、言ってみれば「レプリカ」を置こう、ということになったのだそうだ。 

 

https://www.youtube.com/watch?v=98_vZ5soD60 

歌劇「オテロ」より 柳の歌 

Nellie Melba sings 'Salce, Salce,' recorded at Camden on 25 August 1910.